【動画】乳児用液体ミルクは、疾患を生み出し、母子を引き離す。母乳悪へのツール


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️%e4%b9%b3%e5%85%90%e7%94%a8%e6%b6%b2%e4%bd%93%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af
<関連記事>

「乳児用液体ミルク」の普及もまた支配者層戦略に合致している。~母乳vs.粉ミルクではなく ひとりの母親が広げる「液体ミルク」の可能性

授乳は隠さなければいけないのか?

「母乳」ネット販売と「尿療法」について


ご支援のお願い

  • いいね! (44)
  • この記事の題材でまた読みたい! (24)
  • この記事を動画で見たい! (16)

【動画】乳児用液体ミルクは、疾患を生み出し、母子を引き離す。母乳悪へのツール」への1件のフィードバック

  1. 3t

    母乳を自分以外の子にもあげる環境が当たり前になると、
    マスが形成され「自分の事のように他者を想い、立上がる人間が形成されてしまう環境になる」
    さゆさん、響きました。

    だからこそ母親・女性は大きなキーであり、生命の普遍性の最たる、基本の母と子の自然な循環を断絶させたい。
    そのための一つとして、いや大きな部分として、
    ドラマのみならず、価値感の自由化というものを教育・授業などを利用して刷り込んできましたね。
    価値観の多様化の刷り込みは、義務教育でどのあたりでされたか記憶があります。
    でも幼稚園の「お道具箱・名前を管理」というものが、
    個人主義の押しつけ教育のスタートですね。

    男女差別云々の話ですが、

    昔、ある職場で直族の上司に、「女性の体と男性の体は違うのだから仕方ない」と言われたことがあり、
    その言葉を境に働き方や社会に負けないようにと自分の性別を否定したような生き方や風潮に疑問を持ちました。
    そしてその一つの当り前のことを教えてくれた上司のおかげで生き方が凄く楽になったのを想いだしました。
    さゆさんの言うとおり、

    「男女差別」という土俵からは遠く、身体の機能や役割は本来の普遍性ですもの。
    =男女差別だとか・・・・そういう発想の方たちは、
    自分たちの思考の浅さやそこまで自分の価値基準というもの自体が、
    とことん支配操作されているのだと気が付くべきでしょう。

    それが本当の気持ちではないはずです。
    なぜならば体をみてホルモンバランスをみたら、男女の違いそのものが普遍性だとわかることです。
    自分の体をみたら、現社会の多様性というものがいかに本来の目的から逸れているか一番わかることです。

    普遍性からかけ離れた行いを、常識という被せ物で強要されを生物が深層で自ら自己否定をするような生き方を洗脳・押し付けられているのが現状です。

    そしてなにより支配者層は社会の価値観の多様性というもの、自由化を装い刷り込みながら、
    狭い狭い価値基準を作り上げその中で多様性を持たせたような標準・思考をイデオロギーをもとに刷り込んできましたね。
    (進行形ですが)

    それから、上記のさゆさんの言う、母乳の話の下り、分け隔てない家族という意識を切り離したものが
    「真逆の風潮が現代の個人主義」
    ここまで現代の個人主義の説明を明白にわかり易く外に説明できるとは素晴らしいです。
    本当にそう思います。

    お疲れ様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA