今後「白熱球は危険である」という常識の書き換えが行われる。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-13-57-31 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-13-57-22%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-13-56-51 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-13-57-06白熱電球が出火原因か イベントで火災5歳児死亡

テレビ朝日系(ANN) 11/7(月) 10:32配信

 東京・新宿区のイベント会場で展示物の木造のジャングルジムが燃えて5歳の男の子が死亡した事故で、照明器具として白熱電球が使用されていたことが新たに分かりました。

 6日午後5時15分ごろ、新宿区の明治神宮外苑で開かれていたイベントで木製のジャングルジムが焼け、東京・港区の佐伯健仁ちゃんが死亡したほか、父親(44)ら2人もけがをしました。

ジャングルジムの内部にはおがくずが詰められていて、上部からつるされたLED電球で照らされていました。その後の警視庁などへの取材で、当時、LED電球の他に白熱電球も使用されていたことが分かりました。この白熱電球の燃え方が激しかったことから、出火原因とみられるということです。警視庁は7日朝から現場検証を行い、業務上過失致死傷の疑いもあるとみて調べています。


神宮イベント火災 オブジェ内の植木鉢に白熱電球 熱により出火? 制作者の大学生ら危険性認識か

 2016.11.7 20:07 (産経デジタル)

 東京・明治神宮外苑のアートイベントで木製オブジェが燃え、幼稚園児の佐伯健仁(けんと)君(5)=東京都港区港南=が死亡した火災で、植木鉢に入った投光器がオブジェ内で使用されていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。投光器の白熱電球の熱で木くずから出火した可能性がある。植木鉢で電球が木くずに直接触れないようにしていたことなどから、制作を担当した日本工業大の学生らが発火の危険性を認識していた疑いがある。

 警視庁四谷署は同日、業務上過失致死傷容疑で現場の検証を実施。同容疑での立件を視野に、大学側やイベントの運営会社から事情を聴いている。

 捜査関係者によると、オブジェの演出用には発光ダイオード(LED)照明の電球を使っていたが、投光器が作業用の明かりとして用意されていた。火災前日までオブジェを外から照らすような形で使用されていたという。

 出火直前、白熱電球は植木鉢に入れられて地面に置かれていた。現場では4人の大学生が交代で安全管理にあたっていたが、白熱電球を点灯した男子学生は「暗くなったからつけた」と話している。

 同大関係者は「(イベント主催者は展示品の)内部までチェックしていなかった」と証言。警視庁は主催者・出品者双方の安全管理体制を詳しく調べる。

 火災は6日午後5時15分ごろ発生し、3人が死傷した。司法解剖の結果、健仁君は焼死と判明した。


ws000217学生「白熱球点灯、危険と思わず」…外苑火災

読売新聞 11/9(水) 7:48配信

 東京都新宿区の明治神宮外苑で開かれた現代アートイベントで作品が燃え、幼稚園児佐伯健仁(けんと)ちゃん(5)が死亡するなど3人が死傷した火災で、当日の展示を担当した日本工業大学(埼玉県)の学生の1人が警視庁四谷署の調べに対し、「作品内部で白熱球を点灯することが危険だとは思わなかった」と説明していることが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は、他の学生からも事情を聞き、危険性の認識について捜査を進めている。

 捜査関係者などによると、この作品は木枠に飾りの木くずを絡めつけたジャングルジムのような構造。10月26日から神宮外苑で開かれた「東京デザインウィーク」で展示されていた。

 火災が起きた6日は、同大の学生4人が作品の展示を担当。出火数十分前の午後5時前、周囲が暗くなってきたことから、白熱球を使った投光器で作品を照らした。投光器は植木鉢に入れ、上に向けて作品内部に設置したという。


蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換

高木真也、南日慶子

2015年11月26日05時00分(朝日新聞社デジタル)

 政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。

安倍晋三首相が26日に財界幹部を集めて官邸で開く「官民対話」で、省エネ対策の一環として表明する。今月末にパリで始まる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に向けて、日本の温室効果ガス削減への取り組みを具体化する狙いもあるとみられる。

 政府はLEDと蛍光灯それぞれについて、品目ごとに省エネ性能が最も優れた製品の基準を満たさないと製造や輸入をできなくする「トップランナー制度」で規制してきた。来夏をめどにつくる省エネ行動計画に、照明についての品目を一つにまとめることを盛り込む。LED並みの省エネを達成するのが困難な白熱灯と蛍光灯は、事実上、製造や輸入ができなくなる見通しだ。来年度にも省エネ法の政令を改める方針。

 電球で比べると、LED電球の…


<筆者>

このような事件が起きることを想定していました。

なぜなら政府は白熱球の製造をやめて、LED社会にしようとしているからです。

ですから、、LED社会へと邁進する契機にするために、「白熱球は危険である。LEDの方が良い。」という常識の書き換えを行われると、私は思っていました。

上記の「蛍光灯、実質製造禁止へ(朝日新聞社デジタル)」の報道を受けて世間では、白熱球がなくなるのか?と騒がれたわけです。

しかしそれは誤報であると、下の記事などで「経済産業省に問い合わせたが、禁止するものではなかった。」と、言っています。(ちなみに上記、朝日新聞デジタルの記事は消されていません。)

2020年に白熱灯、蛍光灯の国内製造・輸入禁止という誤情報

しかし、下記事のように実際に白熱球禁止の方向に持っていきたい流れが政権方針として示されているのです。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-36%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-40%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-44%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-48%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-53%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-03-03

白熱灯なくなるの?安倍総理「LEDへ置き換え」促す(2015/11/26 11:51)

 

 白熱灯が姿を消すかもしれません。LED(発光ダイオード)は価格が高いものの、白熱灯などに比べて消費電力が小さく、寿命も長いため、省エネ性能に優れています。安倍総理大臣は、来年度から白熱灯の規制を強化し、LEDへの置き換えを促す考えを明らかにしました。

 安倍総理大臣:「住宅の省エネを促進していく。来年度にトップランナー制度を白熱灯へ適用する」
 蛍光灯やLEDは、省エネ性能が一定の基準を満たしたもの以外は製造や輸入が法律で規制されています。安倍総理は、設備投資拡大に向けた経済界との会合のなかで、来年度からこの法律に白熱灯を加えるよう関係大臣に指示しました。省エネ性能が高いLEDへの置き換えを促し、企業に技術開発などの設備投資を拡大させる狙いがあります。しかし、企業や家計には負担増になる可能性があります。

 一方、経団連の榊原会長は、来年度に法人税を20%台に引き下げるなどの環境が整えば、設備投資が拡大されるとの見通しを示しました。
 経団連・榊原会長:「事業環境をきちっと整備して頂ければ、2018年度くらいに80兆円の(設備)投資が望める」
 また、収益が拡大した企業には今年を上回る賃上げを呼び掛けるとしています。


>安倍総理大臣は、来年度から白熱灯の規制を強化し、LEDへの置き換えを促す考えを明らかに

上記のように、「省エネ」という根拠で白熱灯を無くしていく政府方針を示しています。

しかしながらいままで白熱球であったものをLEDに変えろと言っても、それに反発する者が必ず出てきます。

白熱球にはLEDにはないメリットがあるからです。

ですから、LED社会を進める為に、「白熱球に対する悪イメージ工作」を行う必要があるのです。

というのも、すでにLED社会にしたいという流れ、前兆が社会のそこかしこで起こっています。

白熱電球の生産が終了


パナソニック、LED電球に5年保証 過去購入分も対象

朝日新聞デジタル 11/6(日) 5:40配信

 パナソニックは12月1日から自社製のLED電球に長期保証をつける。点灯しなくなる故障が購入後5年以内にあれば新品と無料で交換する。基本性能では他社製品と差をつけるのが難しいため、長期保証を新たな価値に打ち出す。

対象は、同社がこれまでに販売した全300品目。12月以前に購入したものもレシートや製造番号で5年以内と確認できれば、対象にする。

LED電球の寿命は一般的に4万時間で、一般家庭の使用期間としては10年超に相当する。消費電力が少なく電気代も安いが、蛍光灯に比べると価格が高い。

パナソニックは、長持ちするか不安視する消費者もいるとみて、安心感を高める狙いだ。安さが売りの海外メーカーのLED電球との競争も有利に進めたいとしている。

朝日新聞社


町中のあらゆるもの、車のライトから信号機、工事現場の照明から店内の照明、そして家電製品、スマホからパソコンモニターまで既にLED製品で溢れています。

「なぜ支配者層はLED社会に変えたいのか?」という私のよみの結論をここで述べておきます。

それは、一言で言えば「大衆を不健康にするため」です。

そしてその内容をより具体的に言えば、LEDで大衆のサーカディアンリズムを狂わそうとしています。

サーカディアンリズムとは、体内時計(概日時計・概日リズム)のことです。

「体内時計を狂わす。」とは、「一見大したことではないではないか。そんな小さな目的でここまでするか?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、このような大衆の体内に漏れなくあるサーカディアンリズムを乱した状態にすることを目的にした変革は、目的がきづかれにくいという大きなメリットがあります。

その上、その効果は絶大です。確実に、疾患が生まれます。

LEDは、それがあらゆるところで昼夜問わず蔓延すれば、人体に有害なのです。

ここ数年、サーカディアンリズムと体の密接な関係が科学的根拠をもって明らかになってきています。

この「LEDで大衆のサーカディアンリズムを狂わそうとしている」という点については、後に動画、記事で詳しく解説していきたいと思っています。

今すぐに知りたい方は以下の本を読んでください。

サーカディアンリズムとは、視点を変えれば、自然治癒力であり、恒常性なのです。

それを大衆に気づかずに乱すことができ、それで疾患を生み出せるのならば、大衆統治システムの強化に余念がない支配者層がこれに焦点を当てた社会設計をしないはずがありません。

電磁波という気づかれにくく、こちらも疾患を生み出すものを空間に蔓延させたことが、通信を目的とした空間電磁波のまん延の目的の一つであることと同じ骨子です。

それに本気で取り組もうとしていることが、政府の複数の新政策の様々な共通点からわたしは見出し、大真面目に、そのような目的を持って社会構築が進められていると私はみています。

そしてLED社会の流れはもちろん日本だけではなく世界単位で推し進められています。

「サーカディアンリズムの乱れが疾患を生み出す。」、それを目的とし、LEDを組み込んだ社会設計をどのような方法で取るのか、どれほどの人達に疾患が生まれるか試算を出した末の支配者層方針の決定であったと見ています。

現在でも、交通網、自動車、町中、家庭へとLEDはどんどんその用途を増加させているのです。

そして、以下の政府方針もまた、その「サーカディアンリズムを狂わす」という目的が組み込まれている流れです。


ws000218「もっとフリーランスを!」 働き方改革で経産省(2016/10/20 20:08)

 経済産業省は働き方改革の一環として、会社と雇用契約を結ばないフリーランスや副業などの働き方を促進するため、新たな研究会を立ち上げます。

 世耕経済産業大臣:「従来の日本型雇用システム一本やりだけではなく、兼業、副業、フリーランサーのような働き手一人ひとりの能力を柔軟な働き方で引き出していくということが重要かなと思います」
 経産省で20日朝に行われた、フリージャーナリストや人材派遣会社の幹部らとの意見交換会では、参加者から「フリーランスが知られていない」「企業からの発注が少ない」などの声が上がりました。フリーランスや副業をする人は増加傾向ですが、企業と対等な契約が結べているかどうかなど問題点も指摘されています。経産省は、能力の高い人材が時間や場所に縛られずに働けるよう、来月に研究会を立ち上げ、年度内に議論を取りまとめる方針です。


<テレワーク>かけ声倒れ?…政府本格導入13機関どまり

毎日新聞 11/2(水) 8:30配信

 

 政府が働き方改革の柱の一つにしている「テレワーク」について、総務省が中央省庁などの実施状況を調べたところ、首相官邸を除く22の政府機関のうち、ルールを決めて本格導入したのは13機関だった。9機関は試行段階にとどまっている。持ち帰り可能なパソコンの不足などが原因とみられ、このままでは「かけ声倒れ」になりかねない。

 ◇端末不足など課題山積

 テレワークはインターネットなどを活用し、場所にとらわれずに働く手法。子育てや介護と仕事を両立しやすくなり、政府は「2020年までに労働者の10%強がテレワークを利用する」という目標を掲げている。これを踏まえて総務省が9~10月に調査した。

 国家公務員(本省勤務)約4万8000人のうち、15年度の利用者は3%程度の1592人。閣僚の国会答弁の準備などで深夜まで役所に残っていた職員が、制度を利用して自宅に仕事を持ち帰るケースは多くはないようだ。

 調査では各府省から「情報セキュリティー対策や、持ち帰りが可能な端末の台数確保」「職場の理解」など課題を指摘する声が相次いだ。総務省行政評価局は「導入に成功している府省の取り組みを参考に、一層の推進を図りたい」と各府省に奮起を促している。【光田宗義】


>政府は「2020年までに労働者の10%強がテレワークを利用する」という目標

これは成果主義社会の推進から、自然に格差が生まれ、自ずと貧窮化していくことが主な目的ですが、サーカディアンリズムを乱すことで疾患を生み出すことも目的とされていると私は見ています。それも推進する複合的要因の一つです。

義務教育やその後の高等教育は、「誰かに決めらた予定・時間」を過ごすことを強いられます。

皆さんの中で、小中高大と自分で今学びたい事を自分の学力向上と照らし合わせて、授業を設計し、自分で時間割と勉強の内容を組んで、自分で朝8時に学校に行くことに決めた人が一人でもいるでしょうか?

つまり、働き方を多様化していくとは、自分でリズムを合わせていかなければいけないのです。

自ら何時何分に何をやると、建設的な時間を過ごすことをせずに誰かに決められた時間を過ごす毎日を送る刷り込みが義務教育で与えれていた人が、多様な働き方、テレワークなどしろと言われてもそう簡単に、メリハリのあるリズムある生活ができるわけではありません。

私は、そのような働き方をしても収益が生み出せないと言っているのではありません。

決められた時間に職場に行かないなど、いきなり一切が自由になると、サーカディアンリズムを保った生活できず、昼夜がめちゃちゃになり疾患を催す人が多く出てくると言っているのです。

もちろん、自分でリズムを作れる人もいるでしょうが、多くの人はリズムが崩れ、疾患を催す人が続出するでしょう。

そもそもサーカディアンリズムの乱れが疾患を生み出すことを知っている人が多くはないのです。

つまり、メディアがその点にだんまりであれば一部の人の知識としてしか共有されませんから、サーカディアンリズムの乱れの危険を認識されず、自由な仕事時間だけ社会が押しすすめられ、大衆内に疾患が多く生み出されていくというわけです。

しかも、サーカディアンリズムの乱れとは、「ただ自由に生活してた」というだけですから、それが疾患の原因であることが気付きにくいのです。

それが上記記事の政府方針の目的であると見ています。

つまり、疾患を生み出す為にわざわざ夜勤の形態を企業側に強制する社会設計をしなくても、フリーランス、テレワークを進めれば自ずと大衆は、室内にあふれるLED製品(照明、ディスプレイ、スマホ)からサーカディアンリズムを乱すわけです。

最後に、安倍が言っているトップランナー制度とは、なんであるかを見て終わりにしたいと思います。


トップランナー制度

電気製品や自動車省エネルギー化を図るための制度。市場に出ている同じ製品の中で、最も優れている製品の性能レベルを基準にして、どの製品もその基準以上をめざす。「トップランナー」は和製英語。99年施行の改正省エネエネルギーの使用の合理化に関する法律)で導入された。自動車やエアコンテレビ冷蔵庫電子レンジなど21種類が対象。基準に達しない製品を企業が正当な理由なく販売し続けた場合、社名を公表、罰金を科すこともある。


>市場に出ている同じ製品の中で、最も優れている製品の性能レベルを基準にして、どの製品もその基準以上をめざす。

つまり、支配者層にとって、大衆統治に最も優れている製品を基準として、その財力で、便利、効率的、安価などを謳って、基準とし、新たにより大衆統治に優れている製品が出てきたら、それを社会基準と置き換えることで、大衆統治システムを強固にしていくということです。

ブルーライトとサーカディアンリズム。そしてそれらをどう支配者層はコントロールする社会設計にしていくかということについては、しっかりと動画でお話ししたいと思っています。


<関連記事動画>

青色LEDの光に殺虫効果 ~LEDライトが人体に悪影響の可能性%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a0%e7%99%bd%e7%86%b1%e7%90%83%e7%bd%b2%e5%90%8d-4

%e8%87%aa%e5%8b%95%e9%81%8b%e8%bb%a2人工知能1−3電磁波測定全編

ご支援のお願い

  • いいね! (158)
  • この記事の題材でまた読みたい! (127)
  • この記事を動画で見たい! (124)

関連記事

今後「白熱球は危険である」という常識の書き換えが行われる。」への3件のフィードバック

  1. イッチャムらっとまうんど

    て」と言っていました。

    まず、雪ノ下は父の仕事を継ぎたいと考えていました。雪ノ下の父は県議で、かつ建設会社を営んでいます。その跡継ぎは本来、姉の陽乃だと母が決めていましたが、雪乃は自分が継ぎたいと思っていました。

    それを、しっかり話し合い、そして諦めたい。

    きちんと話し合った上で無理ならば諦めきれる。そうしないときっと諦める事は無理。

    雪ノ下の依頼は、その最後を、二人に見届けてもらいたいというものでした。

    3人は雪ノ下の家へ行き、そして雪ノ下は陽乃に話をします。自分と、陽乃と、母さんの話を。

    しかし陽乃は自分が聞きたかった話ではなかったようですが、それでも「前よりマシか」と了承し、そして雪乃はしばらくの間実家に戻る事になりました。

    12巻の前半は、ほぼ「八幡はお兄ちゃん」という事を知らしめるくだりでした。

    小町や川崎と、の妹の京華と、そしていろはすと陽乃。

    雪ノ下の家を出た後、コンビニ行くついでについてきた陽乃に「君はいつもお兄ちゃんしてるけど」と言われます。

    『いつも雪乃の事を助けてる』ことに対する皮肉ですが、八幡は「小町のお兄ちゃんだから当たり前だ」と認識します。

    そして小町の受験や、川崎の妹の京華とのくだり。ちなみに小町と、川崎弟の大志は合格です。

    そして、いろはすにプロムについて依頼されるときのくだり。

    八幡は、雪ノ下を必要に助けようとしてる事に対し、いろはすに「過保護」「お兄ちゃん」「妹扱いされて喜ぶ女の子なんていないですから」と指摘されます。

    実際に小町の兄である八幡は「お兄ちゃん」と言われて悪い気はしませんが、「女の子に妹扱いするのは、男にお父さん扱いするのと同じ」的な指摘し八幡は納得します。

    ちなみにプロムの依頼は基本雪ノ下一人だけで、由比ヶ浜と八幡はたまに手伝いする程度の役割です。

  2. ひでおちゃん

    スパムメールだけは潰す。

    アクセスを出してないのにスパムメールを送る
    って変だろ?

    詐欺して金を取れるわけじゃねぇのに。

    やっぱり、さゆふらブログを潰したい総務省の仕業。

  3. 加奈子

    【広島駅の東口、アーバンホテルに迎えに来てほしいです。】
    [メッセージ]
    会社経営をしています。

    この歳まで独身でいるとは正直自分でも思っていませんでしたが冷静になったときこの先もこのような状況が続くのかと凄く心配になってしまったんです。

    ゲストさんを幸せにすること、私が約束しますので少しの間、恋人ごっこに付き合ってくれませんか?

    癒しのひと時が欲しいんです。

    強がっていたって私だって甘えたい時もあります。

    寂しい時だって・・

    心の隙間を埋めて埋めていただけませんか・・

    火照った身体も満たしていただきたい・・

    生活の応援も私、させていただきます・・

    少しだけでもお時間頂けますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA