親愛なる日本の人民へ


親愛なる日本の人民諸君

米国が落とした原爆の犠牲者である日本の人々に、同じ米国の手によるリビア人民大虐殺の実態をしっかり見てほしい。

腹を裂かれた子供の死体、手足をもぎ取られた老人の胴体、全滅した一家、やけただれていた妻の右手、これは米国の手によって描かれた地獄絵だ。これはまさに国家テロなのだ。

アメリカは世界最強の国だ。しかし、それを統治するのはヒトラーばりの凶暴さを持って、刃物を振り回している殺人犯だ。弱小国や第三世界の国々、そして国の無いパレスチナの人達は、彼らの振り回す刃物で、次々となぎ倒されてきた。

パレスチナ人はテントに住みたくて住んでいるのではない。リビア人は米国に殺されるために生まれていたのではない。私は日本政府は嫌いだが、私は日本人民を尊敬しているし、大好きだ。

共に米国の国家テロと闘おうではないか

1986年5月 ムアンマル・アル=カッザーフィー

 

リビア爆撃4月5日後、5月4日東京サミットが開催される日本人民へのメッセージ
カダフィ正伝―誕生から革命秘話、そして激動の半生を初めて語る 著 平田伊都子 より

201110221229

 

親愛なるアフリカの英雄 カダフィー

あなたがせめてあと、3年生きていたら・・・今世界は又違った色になっていたことだろう

残念でならない、しかし今世界で貴方は生きている

brics-oficial

  • いいね! (78)
  • この記事の題材でまた読みたい! (6)
  • この記事を動画で見たい! (3)

親愛なる日本の人民へ」への6件のフィードバック

  1. 通りがけ

    「なぜイスラエルなのか」
    なぜユダヤフリーメーソンはイスラエルに建国したのか。それはキリスト教ユダヤ教イスラム教の聖地が同じ場所にあるからです。一神教は異教徒を攻撃しますが聖地に居る者を攻撃できません。ゆえにキリストの墓の下の地下室にユダヤフリーメーソンの世界本部があるのです。紋章はユダヤ教キリスト教イスラム教の紋章を重ねて三位一体としたNWOの紋章ですね。

  2. 通りがけ

    ということは第三次大戦が起こって世界中に報復合戦で核兵器が打ち込まれてもイスラエルだけが聖地だからどこの国からも核攻撃されない。ノアの箱舟のごとく全人類が滅んでもイスラエルに居座ったユダヤフリーメーソンだけが生き残るという仕掛けです。ゆえに世界中に戦争が起こるよう常に策謀している悪魔の正体がイスラエルであることが証明されます。

    このユダヤフリーメーソンの悪業を封じ込めるためには国連でイスラエルを永久敵国に指定すればよい。国連敵国日本と同じように国外で一切の武力行使ができない国にしてやれば悪魔はすべての魔力を失います。箱舟に悪魔を封じ込めるわけです。これで日本国憲法9条が希求する世界平和がこの地球上に実現します。

  3. 通りがけ

    ザビエルの話が出たのでついでに。

    フリーメーソンの起源はエデンの園の蛇です。すなわち神とともに生まれた悪魔がフリーメーソンであり、ルシファーでありサタンでありベルゼブブでありヤーウェでありゼウスであり神である。
    フリーメーソンがその姿で地上の歴史に現れたのが十字軍のテンプル騎士団です。十字軍はキリスト教ローマ帝国傘下の諸侯から莫大な戦費を集めてエルサレムのキリストの墓を異教徒アラブ人を剣で老若男女すべてを虐殺して取り戻す聖戦ジハードでした。異教徒の血を流す民族浄化ならぬ宗教浄化ということです。現代のユダヤフリーメーソンの幹部ヒットラーと同じ悪逆非道を人類始まって以来ずっと変わらずに行住坐臥続けているのがフリーメーソンなのです。

  4. バカじゃないの!

    スレチですが、isisの蛮行はどうにかならないのか!この世はまさに地獄です。
    そんな蛮行に加担している日本政府!頭いかれてる。安倍をその場におくりたい。

  5. 高丸将宏

    youtubeにて さゆふらっとまうんどさんの動画を全て見させていただきました
    全面的に支持します
    応援しています がんばってください

  6. ウロボロスの環

    まさに世界のテロリストの総本山アメリカは至る所でミサイルの雨を降らせ血と恐怖で弱者を痛めつけています。ワクチン利権のマッチポンプであちこちにウィルスをばらまいてます。日本は早く真の独立国になるべきなのですが、国内外に多くの工作員がいて身動きが取れないほどです。メディアに巣くった半島由来の奴等やカルト宗教、パチンコ、在日企業など利用せず資金源を断つことが急務だと思います。金と女で政治家が籠絡されてますから。しかしこのサイトは主にアメリカ批判が多く、中韓にはスポットが当たらないのは何故でしょうか?副島隆彦氏もその傾向が見られますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA