「乳児用液体ミルク」の普及もまた支配者層戦略に合致している。~母乳vs.粉ミルクではなく ひとりの母親が広げる「液体ミルク」の可能性


ws000131母乳vs.粉ミルクではなく ひとりの母親が広げる「液体ミルク」の可能性

BuzzFeed Japan 10月15日(土)17時10分配信

 
熊本地震でも親子を救った

熊本地震で避難した人は、ピーク時で約18万人。中には、生後まもない赤ちゃんもいた。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

ダブル可愛い!遊び心満点な双子ちゃん寝相アート

大きな災害が起きると、水やガスが使えなくなることがある。人前で赤ちゃんに授乳しづらかったり、ストレスで母乳が出にくくなったりすることもある。

そこで、お湯や哺乳瓶を使わなくてもすぐに赤ちゃんに飲ませることができる「乳児用液体ミルク」が4月下旬、救援物資としてフィンランドから熊本の被災地に届けられた。

当時、衆院議員だった小池百合子・東京都知事が、「日本フィンランド友好議員連盟」の会長として働きかけ、実現した。2011年の東日本大震災のときからの縁だ。

乳児用液体ミルクとは?

乳児用液体ミルクは、あらかじめ液体の状態で容器に保存されている。粉をお湯に溶く必要がないため、手間が省けるうえ、外出時の荷物も少なくなる。パックから哺乳瓶に移し替えるタイプと、小型のペットボトルのような使い切り容器に吸い口をつけて直接、赤ちゃんに飲ませるタイプがある。常温で半年から1年は保存でき、粉ミルクよりは消費期限が早いものの、災害備蓄品としても使える。

大きな災害のたびに海外から救援物資として寄付されて注目が集まるが、日本では日常的に手に入れることが難しい。

食品衛生法には、乳児用調整粉乳(粉ミルク)の規格基準しかない。液体ミルクについては規格がないため、製造も販売もできない。海外製品を輸入する場合は「乳飲料」の規格となるため、赤ちゃん用として販売することができない。

粉ミルクを製造・販売している森永乳業の広報部によると、液体ミルクの製造には高いハードルがあるという。

「国の規格が整備されるまで、製造・販売することができません。どういった規格が必要なのか、各メーカーや業界団体で研究している状況です。液体の場合、分離したり茶色っぽく変色したりしやすいため、品質面での課題もあります」

現状は災害時の救援物資としてのみ、特別に配布が認められている。

ニーズは災害時に限らない

横浜市の主婦、末永恵理さん(37)は、いま2歳の長女が生まれてすぐ、母乳があまり出ず、授乳がうまくいかないことに悩んでいた。夜中に何度も起きて粉ミルクをお湯に溶くのは大変だった。長女が栄養不足になってしまうのでは、と心配もした。インターネットで調べると、欧米では乳児用液体ミルクがスーパーで手軽に買えることがわかった。

アメリカ在住のタレント、里田まいさんも自身のブログで、乳児用液体ミルクを使うことがあると書いている。

「日本にも液体ミルクがあれば、子育ての負担が少しでも解消されるのでは」

末永さんはそう考え、たったひとりで「乳児用液体ミルクプロジェクト」を始めた。
なぜ液体ミルクが日本で売られていないのか。末永さんは厚生労働省やメーカーに直接、問い合わせた。まずは国の規格が必要。そのために業界団体を動かし、メーカーに技術開発を求めるーー。すでに安全な粉ミルクがあることや、少子化でミルク市場が縮小していることも逆風となり、道のりは長そうだった。

「親たちのニーズがあることがわかれば、動いてもらえるかもしれない」

署名活動とアンケート

2014年、インターネット署名サイトchange.orgで、メーカーに液体ミルクの製造を求める署名活動をはじめた

今年4月の熊本地震で、液体ミルクが再び話題になったことで賛同者が増え、10月14日現在は4万1400人の賛同が集まっている。末永さんは、より詳しくニーズを探って国やメーカーに要望しようと、9月末から11月末までの期間でアンケートを実施している。

BuzzFeed Newsは、アンケートの途中集計(10月4日、6690件)の結果を教えてもらった。

・乳児用液体ミルクの存在を知っていましたか?
知っていた  78.2%
知らなかった 21.8%

・日本にも乳児用液体ミルクがあったら、使いたいですか?
普段からぜひ使ってみたい  38.4%
評判がよさそうなら試したい 30.9%
災害時の備蓄にしたい    29.9%
使いたいと思わない      0.9%

さまざまな要望も寄せられている。
「天候不順が続いて緊急避難も多くあるため、ぜひ自治体で備蓄してほしい」

「飛行機や公共交通機関を使うときに便利そう」

男性が育休を取る場合にぜひほしい

日本でも、乳児用液体ミルクが買える日がくるのだろうか

さまざまな事情で母乳をあげられないことはあるし、父親だって育児をする。だが、母乳育児プレッシャーが根強い日本では、「ミルク育児で親が楽をするなんて」といった否定的な声が、まだ少なからずある。乳児用液体ミルクの必要性が理解されづらい背景の一つだ。

赤ちゃんにとっては、母乳かそれに代わるものがなければ、命にかかわる問題なのに。

末永さんは呼びかける。

「子どもがお腹を空かせて泣いているときに、ミルクをつくるために粉を溶く時間があったら、一刻も早く抱っこしてあげたいと思っていました。液体ミルクを使えるようになれば、親は子どもとの時間をもっと大切にできるはずです」

Akiko Kobayashi


<筆者>

「どうしたら、安心安全な母乳をお母さんの体の中で作り、母子共に健康・安全を維持できるか?」

という視点を一切無視した、ただの商売ありきの内容で、読んでいて辟易しました。

本文にある以下のアンケートを見てください。


・日本にも乳児用液体ミルクがあったら、使いたいですか?
普段からぜひ使ってみたい  38.4%
評判がよさそうなら試したい 30.9%
災害時の備蓄にしたい    29.9%
使いたいと思わない      0.9%


これは、母乳が出ない母を対象にしたアンケートではないのです。(そのような触書きはありません。)

子を持つ親全体の中で、「乳児用液体ミルクを使いたいと思わない。」という母親が0.9%しかいない、ということです。

つまり、「乳児用液体ミルクなんて使いたくない!だって母乳で育てたいから!」という人が0.9%しかいないことになるのです。

そんなことは、絶対にないはずです。

「母乳で育てたい。」と言う母親は、少なくないはずです。

粉ミルクの安全性、アレルギーなどの疾患を生み出す面からも、「粉ミルクは使いたくない。」という母親は多いでしょう。

乳児用液体ミルクは、予め粉ミルクに液体が混ざっている、手間が省けた状態であり、乳児への危険性は同じことです。むしろ、その添加されている水の安全性の面から危険性が増していることも考えられます。

>液体の場合、分離したり茶色っぽく変色したりしやすいため、品質面での課題

とありますが、それはまた食品に薬品を添加することで解消されるのです。

安全性を企業、行政に委ねる稚拙な人達ばかりではないのです。

つまりこのアンケート結果は、「商売のために作られたもの」ということなわけです。

「乳児用液体ミルクこんなにいいですよ。」「みんなが待ちに待った!」「手軽で簡単!」などのキャッチフレーズを聞いた瞬間に、裏があるのです。「便利、楽しい!」と謳う陰には使わせることで、誰かが得をするのです。

【話がそれますが、「その得をする。」とは「金の為である。」という視点で常に結論付ける主張を見ますが、それは「大衆統治システム構築」という「金」よりも抽象度が高い概念の目くらましです。

金よりも「より強固に大衆統治システムを構築すること。」これが、社会で起きていることの大局です。なんでも商売のため金のためと結論付けるのは、稚拙です。抽象度が低い状態であり、大局の目くらましなのです。これらの事象は金の為に動く奴らを使って支配者層が社会設計をしているわけです。】

今回の乳児用液体ミルクの件は、母乳を与えない方向性に社会が動いている、ということです。
そしてこの母乳を与えない方向性というのは、支配者層戦略です。

「イギリスで授乳はわいせつか?」という議論があったり、アメリカでの、「母乳あげてるのおかしいんじゃない?性的虐待?」とかいう、おかしな常識の書き換えは、すでに世界各国で行われているのです。

授乳は隠さなければいけないのか?

これは、「保育園落ちた日本死ね騒動」でもあったように、子を行政が奪い、母子を引き離すことと骨子は同じです。

戦後の日本でGHQが離乳食の時期を早めるように指導したのものまた同じです。

明治中期以後、キリスト教を背景にした欧米の育児法が日本の上流階級、知識階級に育児が導入されたのもまた同じ理由です。

「スキンシップを奪い、親と子の絆を希薄くなものにしていく。」その為に、母子の距離を離していこうとしているのです。

それはマジョリティーである大衆の団結・絆が、常にマイノリティーである支配者層の脅威になることから、支配者層に取って必要とされる大衆統治戦略なのです。

私がいつも言っている、「人と人との絆を希薄なものにしていくことで大衆の団結を削ぐ」という戦略は、親子関係においてもまた同じく、支配者層都合の常識へと書き換えようとしているのです。

その一つが「母乳悪」という常識の書き換えです。

その為に、乳児用液体ミルクなどの選択肢の幅を持たせるのは支配者層方針に沿っているというわけです。

ですから、この、乳児用液体ミルクの業界は確実にシャアが拡大するでしょう。

【余談ですが、支配者層方針が見えれば、今後の金の流れが見えます。それが見える、起業家、投資家は富ます。】

今回の記事を読んで、「もっと保育所を増やすために、行政は基準を緩るべき。」と保育園落ちた日本死ね騒動で主張していた、保育園経営者と全く同じ構図がこの「乳児用液体ミルク」の記事でもあります。(下記事)

<待機児童問題>問題は保育園が少ないことのではなく、女性が労働力にされていることです。

また本文で、イクメンの話が出てきますが、どんなに子育てに熱心な父親でも、母乳をあげることはできないのです。

「イクメン」もまた母子を引き離すことを常態化するためには必要な戦略の一つであるということです。

育休とは大体1年ほどが一般的ですので、母親が復職するのなら1年しか母乳を与えられないことになります。(母乳の冷凍保存は、母子のスキンシップや、冷凍での劣化、一度プラスチックなどに母乳が触れる危険などを考えると最善ではない。)

しかし、液体ミルクよりは良いと考えらるから本文の

>「男性が育休を取る場合にぜひほしい」

というのは液体ミルク導入の理由にはならない

この育休の期間と、母乳卒業の時期は社会設計上関係しているのです。

母乳卒業は、親が社会常識から決めるのではなく、子供の身体的成長と、精神的成長(自然に離れていくか)でその時期を決めるべきです。つまり母乳卒業は、「その子による」ということは、言うまでもありませんが、実際には、その卒業の時期を育児休暇という、社会常識、そして経済面からコントロールされているということです。

そして、普遍性の中にルールを作りたい支配者層からすると、「男女差」という当たり前のことに「男女平等」を持ち込むことで、常識の書き換えることはとても都合が良いということです。

男と女は、違う体の能力を持っているのですから、それを平等にしようとすることは生物としての普遍性から乖離する行動なのです。

>さまざまな事情で母乳をあげられないことはあるし、父親だって育児をする。

さまざまな事情とは、「不健康」、「金銭的事情」、「常識が書き換えられた社会環境」、に他ならないわけですが、この三点は、支配者層がコントロール可能なのです。

この文章には、女性の労働力化のニュアンスをひしひしと感じます。「子供のそばに母親がいない」という場面です。

ここで最初に言ったことをもう一度言います。

「どうしたら、安心安全な母乳をお母さんの体の中で作り、母子共に健康・安全を維持できるか?」

この視点が一番大切です。

子には母親が必要なのです。

そのような主張をすると「女性は家庭に入るべき。という意見は男性の傲慢である」、などという類の批判にすり替えられますが、事実として母乳は男性には出ません。男性は懐妊し、出産することはできません。

母と子の絆を大切にし、子の発育を尊重した主張こそ、「子には母親が必要である。」という主張であり、その男性にはできない、母子の関係性の過程が、人類が始まって脈々と今まで続いてきた、子の成長に安心と安全と強さを生むのです。

それが事実なのです。

ですから、子の視点に立てば女性は、現代の社会システムに順応するのは無理であり、女性が労働者になれない時期が、子の数によっては数十年単位であるのです。

それを女性を労働力化することは、「子を産むな。」と言っていることと同じわけです。

ですから、「輝く女性」だとか、「多様な労働形態」などと政府が言っていることは、人口削減の為の社会設計に他なりません。

「母乳が最善である」という視点に立つだけで、この現代社会の闇が同時に見えてくるのです。

そして、母乳が出ないから、「粉ミルク、液体ミルク」と言う発想一辺倒であることに対して、この社会に申したいのですが。

なぜ、「母乳が出るお母さんが、母乳が出ないお母さんの子供に母乳を上げよう!」という発想が一切不在なのでしょうか?

そうゆう常識をメディアが流布してもいいはずですが、一切それを言いません。

つまり、さきほどいった、「さまざまな事情」にあげた三点の中の、「常識が書き換えらえた社会環境」がそれに当たります。昔は母乳が出ないお母さんの子に他のお母さんが母乳を与えることは当たり前のことなのです。

「母乳をください。」とお母さん同士がお願いできる風潮がそこにありました。

まさに「産後うつ」の動画・記事で言った、「共同で育てる」ということです。(動画下に添付)

産後うつは病気ではありません、現代社会に生きるなら当たり前の現象です。~産後うつ問診で早期発見へ 日産婦など対策指針

現代社会ではなって当たり前である「産後うつ」の利権構造確立の為の報道 〜妊産婦自殺10年で63人…東京23区 産後うつ影響か

共同で育てる風潮がそこにありました。2016年02月24日(Wed)13時07分52秒2016年02月24日(Wed)13時08分26秒

この、「お母さん同士で助け合い共同で育児をする」ということも、支配者層はどの度合いでさせるかということをコントロールしたいわけです。

でなければ、「女性の労働力化」、「母子を引き離す」、「行政が子を教育する」、「貧窮化」、「同性愛推進」などの、彼らの方針が崩れる恐れがあるからです。

スキンシップ、他の子も自分の子と同じように母乳を与えられる風潮。

これは支配者層が大衆統治する上で邪魔な環境なのです。

なぜなら、みんな家族ですから、すぐにマスが形成され、他者のことを自分のことのように感じ立ち上がる人間が形成されるからです。

これと真逆の風潮が、現代社会では普通になってしまった「個人主義」です。

最後に、支配者層の社会設計の話に移って、この記事を終わりにします。

>メーカーに液体ミルクの製造を求める署名活動をはじめた

大衆からの声を支配者層の権力を使って大きくし、メディア、行政などを使い、支配者層は一般市民が成し遂げたように偽る、「見えざる手」を施すということです。

「大衆の中に都合の良い主張を見つけ、バックアップし、大衆の声で変革したかのように装い、大衆統治システムを強固にする。」

これが彼らの戦略の骨子です。

大衆からの声が自然に広がりを見せたかのように装う、「民主主義偽装」されているわけです。

そして翌日の記事では、「解禁する方向で検討に入った」と報道です。↓


乳児用の液体ミルク、解禁へ…育児の負担軽減

読売新聞 10月16日(日)9時45分配信

 政府は、国内での販売が認められていない乳児用の液体ミルクを解禁する方向で検討に入った。

液体ミルクは、現在普及している粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少なく、販売解禁で育児の負担軽減が期待される。政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針だ。

乳児用のミルクは、成分が牛乳よりも母乳に近く、乳児に必要な栄養素が加えられている。欧米で広く普及している液体ミルクは、ペットボトルなどに乳首型の吸い口を装着する使い切りタイプの製品が多く、封を開ければすぐに飲ませられるのが特徴だ。

しかし、粉ミルクが主流の日本では、乳児用乳製品の規格を定める厚労省令や消費者庁通知で「粉末状」など粉ミルクを前提にした文言が使われ、液体ミルクは想定していない。


<参考記事>ws000135

日本未販売の水不要の赤ちゃん用ミルクが被災地に(2016/04/23 00:24)

 被災地・熊本に日本では市販されていない赤ちゃん用の液体ミルクが提供されることになりました。

 日フィンランド友好議連は、フィンランドの会社が提供する乳幼児用ミルク約5000個を熊本の被災地に提供すると発表しました。
 小池百合子衆院議員:「一日も、又、一刻も早く、この液体ミルクが赤ちゃんたちに届きますことを待ち願う」
 液体ミルクは水で溶かさなくてもそのまま与えることができ、常温で保存できます。欧米では普及していますが、日本では市販されていません。東日本大震災の後、粉ミルクを溶かすお湯を手に入れるのが難しい被災地で活用されたため、議員連盟がフィンランドの議員に呼び掛けて実現しました。23日に成田空港に到着し、数日中に熊本県に届けられる見込みです。


ws000133 ws000134日本初、「液体ミルク」導入を検討 常温で飲用可能(2016/05/25 17:27)

 日本で製造・販売されていない乳児用「液体ミルク」の導入の検討が始まりました。

 25日に自民党で行われた勉強会では、フィンランド製の液体ミルクが紹介されました。これまで日本では食品衛生法上の規定が十分ではなかったため、乳児用の液体ミルクの製造・販売は行われませんでした。このため、液体ミルクの安全性を検討したうえで、日本での流通を目指したい考えです。

 


<関連記事・動画>

「母乳」ネット販売と「尿療法」について

産後うつは病気ではありません、現代社会に生きるなら当たり前の現象です。~産後うつ問診で早期発見へ 日産婦など対策指針

現代社会ではなって当たり前である「産後うつ」の利権構造確立の為の報道 〜妊産婦自殺10年で63人…東京23区 産後うつ影響か

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

保育園落ちた産後うつコンビニでがん検診不妊rp_782c08e7b75c486d64ccf29587865a1c-1024x576.jpgご支援のお願い

  • いいね! (100)
  • この記事の題材でまた読みたい! (71)
  • この記事を動画で見たい! (61)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA