<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど


rp_WS001028-1024x702.jpg【性犯罪の非親告罪化1】性犯罪の非親告化は、誰でも逮捕、拘束できる法整備 ~性犯罪の親告罪削除を 刑法改正の要綱を答申

【性犯罪の非親告罪化2】<強姦罪>強姦罪を男女間だけでなく、同性愛者も対象へ。性交しなくても強姦罪。性犯罪の範囲拡大 ~対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。

【性犯罪の非親告罪化3】<誰でも逮捕拘できる法整備へ>性犯罪の非親告化に合わせて、性犯罪の公訴時効期間撤廃を目論んでいるのか?~10年前の性的暴行で40歳男を逮捕 ~「25年前に教頭からわいせつ行為を受けた」と女性が提訴

【性犯罪の非親告罪化4】同性愛者も強姦罪で逮捕できるようにする社会へ ~今後同性愛の若年層を絡めたわいせつ行為が盛んに報道されます。

【性犯罪の非親告罪化5】過去に起きたことの記憶(イメージ)は、後に他者によって書き換えることができる。

【性犯罪の非親告罪化6】非親告罪化とは、被害者が被害届や告訴を出さなくても検察は、被害者無視で独自に調査し、起訴することです。~併せて強姦の概念を他者に触れただけでも、強姦と言う社会に変える社会整備を目論んでいる

【性犯罪の非親告罪化7】性犯罪の非親告罪化は、Iot化と合わせ誰でも逮捕、拘束、社会制裁加えることができる大衆統治システムになる。

  • いいね! (100)
  • この記事の題材でまた読みたい! (81)
  • この記事を動画で見たい! (65)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA