【性犯罪の非親告罪化2】<強姦罪>強姦罪を男女間だけでなく、同性愛者も対象へ。性交しなくても強姦罪。性犯罪の範囲拡大 ~対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。


20160912-00000076-jij-000-5-view性犯罪厳罰化へ答申=強姦罪、告訴不要に―法制審

時事通信 9月12日(月)17時16分配信

 

 法制審議会(法相の諮問機関)は12日、性犯罪の罰則を強化する刑法改正要綱骨子を金田勝年法相に答申した。

法務省は来年の通常国会への刑法改正案提出を目指す。非親告罪化や男性も被害者として扱うなど、強姦(ごうかん)罪の根幹的な見直しは1907年の刑法制定以来初めてとなる。同省は今後、「強姦罪」の名称変更についても検討を進める。

要綱では、強姦や強制わいせつなどを被害者の告訴がなくても検察官の判断で起訴できる「非親告罪」とした。親告罪の場合、犯罪者を処罰するかどうかの判断が被害者に委ねられているため、負担が重いと指摘されていた。

強姦罪の法定刑についても、下限を懲役3年から5年に、強姦致死傷罪も下限を懲役5年から6年に引き上げ、刑法の中で最も重い罪の一つとする。

「強姦」の考え方も見直す。対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。これにより、男性も強姦罪の被害者として扱えるようになる。

子供を性犯罪から守るため、家庭内での性犯罪も厳罰化する。親らが監護者としての影響力を悪用し、子に性犯罪に及んだ場合の規定も新設。児童福祉法の適用で軽い罪で済んでいたケースも強制わいせつ罪などに問えるようにする。

一方、強盗と強姦を同一機会に行った場合の罪について、現行法は強盗を強姦よりも重い罪とみなしているため、強盗を先にはたらいた場合のみ「強盗強姦罪」が成立して厳罰が科される。改正後は前後に関係なく「無期または7年以上の懲役」に統一する。

性犯罪厳罰化は2014年に当時の松島みどり法相が検討に着手するように指示。これを受け、改正作業を進めてきた。


~「強姦」の考え方も見直す。対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。これにより、男性も強姦罪の被害者として扱えるようになる。~

内容を読む限り「性交等をした」という事実があれば誰でも犯罪者にすることができますね。政府にとって気に入らない人が性交したら即逮捕できます。その場合被害者とされる人がどういったことを主張しても非親告罪なのですから考慮されることはありません。

「性交等」というふうに強姦の定義を拡大していますが、性交に至るにはその前に相手を誘惑したりしてその気にさせなければならない筈です。そうしなければ嫌がるかどうかもよく分からないでしょう。大抵の人はそこでしてもいいかどうか判断するのですから、それを「性交等」の枠の中に入れるのなら、性交する事はいつまで経っても出来ることはないでしょう。性交の前段階で逮捕される可能性があるのですから当たり前に起こることです。誰でも逮捕できる法整備であると同時に、これまでにない程人口削減計画の面が強い法整備です。


<筆者本文>

上記は、前回の記事

性犯罪の非親告化は、誰でも逮捕、拘束できる法整備 ~性犯罪の親告罪削除を 刑法改正の要綱を答申

に寄せられたコメントです。

>「強姦」の考え方も見直す。対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。これにより、男性も強姦罪の被害者として扱えるようになる。

これは大きな点ですね。見過ごしていました。

「性交」を「性交等」に変えることによって男性が被害者になることができるわけではありません。

性交(挿入行為)が、男性だけが加害者になるというのは正確ではありません。
なぜなら女性が男性に性交(挿入行為)を無理やりすることは不可能ではないからです。

これまでそのような訴えが少なかっただけでしょう。

ですから、「性交等」に変えることによって、男性も強姦罪の被害者になることができるわけではないのです。

実際には、「刑法第177条 強姦罪」の「女子」の部分を変えることがその方法になります。

—–

<刑法第177条 強姦罪>

・暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、
3年以上の有期懲役に処する。

—–

上記条文の「女子」を「男女」に変える必要がありますし、そうするのでしょう。
(改正の条文をしっかりと確認する必要があります。)

このように女子を「男女」に変えるだけでいいのに、わざわざ「性交」を「性交等」に変えることが、「男性も強姦の被害者にできるようになった」かのように偽っています。

先ほども言ったように「性交」でも、状況によっては男性も被害者にできるのです、しかし上記条文に「女子を」があるから、男性を強姦罪の被害者にできないのです。

強姦罪が、「姦淫=性交」と、挿入行為に限定されているからではありません。

「性交」を「性交等」にすることと、「男性も被害者にできる」ということは一切関係がないのです。

強姦罪は、「暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は」とあるから、被害者が女性に限定されていた。

それを女性が挿入行為を強要できるにもかかわらず「性交等」にすることによって、「強姦の概念の拡大」を目的としているにもかかわらず、「男性が被害者になれる」と、いかにも公益があるようにすり替えらえているわけです。

つまり、見方を変えれば「強姦罪」は、「姦淫」つまり、「性交」と、男女間にその罪は限定されていた。

しかし強姦罪を「性交等」とすることで、「同性間でも適用できるようにした。」というが主の目的の一つではないのかと思っています。

昨今の同性愛を行政が推進することとも合致します。同性愛を行政が推進することと並行して、法整備もしようという魂胆です。

このように「性交」を「性交等」にすることの目的は、男性も被害者にすることを可能にするためではなく、「強姦の概念を広げること」を目的としているのです。

しかし、この強姦の概念を広げていることに為政者、マスコミは一切触れません。

強姦罪を「性行等」とすれば、挿入行為(性交)がなかったとしても、「体に触れること」、自体が強姦に抵触する恐れが出てくるわけです。

一方で「強制わいせつ罪」という、挿入行為以外のわいせつ行為がその処罰対象となる法律は、他にしっかりとあるのです。

ですから、強姦罪が「挿入行為等(性交等)」となるのなら、、強姦罪が強制わいせつ罪の範囲まで拡大するということです。

実質「強制わいせつ罪=強姦罪」となることから、同時に「強制わいせつ罪が強姦罪と同じ法定刑になる」ということを意味します。

もちろん強姦罪は、強制わいせつ罪より法定刑が重いので、大衆への縛りが厳しくなるのです。ws000001

<刑法第177条 強姦罪>

・暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、
3年以上の有期懲役に処する。
(13歳未満は、同意があっても罪になります)

<刑法176条 強制わいせつ>

・13歳以上の男女に対し,暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした者 → 6月以上10年以下の懲役
・13歳未満の男女に対し,わいせつな行為をした者 → 同様(6月以上10年以下の懲役)


ですから、強制わいせつ罪の法定刑が強姦罪の法定刑へと拡大したとも言えます。

このように、強姦罪の概念を、「性交等」にすることで、挿入行為以外の行為もその強姦の対象へと範囲を拡大するわけですから、男女間だけでなく、同性愛者をもその対象にした。

そして同時に法定刑をも拡大した。

それは同性愛の推進と相まって同性愛者への性犯罪の取り締まり強化の面があるのです。

そして、この変革は恋愛にリスクを伴う社会であり、性行悪の敷設=人口削減の面も内包しています。

それについては次の記事で解説します。

・タイトル未定

ですから、以下のような同性愛のわいせつ事件を盛んに報道し出すことは、「同性愛者でも強姦罪にしたい。」という大衆統治の為の社会設計への報道であったわけです。

もちろん大衆に有無言わせない為に、いつものように若年と絡めたものをピックアップして報道しています。


ws000003ws000004 ws000005 ws000006 ws000007教師が男子生徒にわいせつ 口止めともとれるメールに不信感広がる

フジテレビ系(FNN) 9月23日(金)20時20分配信

男性教師による男子生徒へのわいせつ行為に、滋賀県の名門高校が大揺れとなっている。
口止めともとれるメール。不信感が広がっている。
生徒に囲まれて、笑みを浮かべる男。
男子生徒に、わいせつな行為をした疑いで逮捕された元教師・中川 剛容疑者(29)。
中川容疑者は、男子生徒に宛て、無料通信アプリ「LINE」で、体調を気遣うような文面の一方、「俺の家に来い」、「すき焼きでもなんでも食わしたるし、一緒に寝てあげる」と送っていた。
中川容疑者は、滋賀県の立命館守山高校で、国語の教師を務めていた2016年3月から4月にかけ、自宅マンションに、当時17歳の男子生徒を呼び出した。
そのうえで、嫌がる男子生徒に無理やりキスをしたり、体を触ったりしたという。
心に深い傷を負ったという、男子生徒。
男子生徒は「中川容疑者にされたことで悩み、体調も異変ばかりです。正しく罰せられ、二度と僕みたいな被害者が出ないようにしてほしい」としている。
男子生徒の母親は「食事がとれなかったり、夜中飛び起きるとか、急に泣き出すとか、メンタル的にも、死にたいとか、苦しいとか」と話した。
男子生徒の母親は、思い悩んだ末、学校に相談し、警察に届け出た。
すると、副校長から、「警察事案となれば更に彼の将来の道もたたれます。彼のことを想うなら警察は避けるべきです」と、驚くべきメールが送られてきた。
副校長からの口止めともとれるメールに、母親は「中川(容疑者)に対する未来の心配をしてくださいと書いてあったので、深い憤りと悲しみと、信じられない思いが込み上げて、不信感というか、行き場のない思いでいっぱいでした」と話した。
立命館守山高校といえば、滋賀県の私立高校では、偏差値トップの名門高校。
21日夜に開かれた緊急保護者会では、メールについての質問が相次いだ。

保護者「口止めのメールをしたのは事実?」
副校長「あのメール自体は、事実でございます。ただし、当該メール以外の前後のメールも含め、全て警察に提出してます」

高校側は、「警察にも報告していて、隠ぺいではない」としている。
中川容疑者は事件後、男子生徒へ手紙を送っていた。
その中には、「教員として続けていく自信がなくなった」との一文があった。
中川容疑者は、2016年5月、高校を依願退職。
被害生徒の母親は、これで幕引きとせず、中川容疑者には、きちんと謝罪をしてほしいと話している。

最終更新:9月24日(土)16時0分

Fuji News Network


ws000008 oka3男児ら47人にわいせつ行為や動画撮影の疑い 5人逮捕

朝日新聞デジタル 9月12日(月)19時43分配信

 

 7歳から15歳の男の子にわいせつな行為をしたり動画を撮影したりしたなどとして、京都府警は、ダンサーの岡崎智容疑者(28)=大阪府枚方市=ら男5人を強制わいせつや児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いなどで逮捕、送検したと12日発表した。5人は「性欲を抑えられなかった」などと容疑を認めているという。5人はすでに強制わいせつ罪などで起訴されている。

 府警によると、5人は2010年7月~今年5月、京都や大阪、和歌山の男児ら計47人にわいせつ行為をしたり、裸の動画を撮影して児童ポルノを製造したりするなどした疑いがある。

 府警によると、5人はそれぞれ路上やゲームセンターで声をかけて男児らと知り合った。インターネット電話「スカイプ」で動画を提供し合っていたという。昨年10月、国際刑事警察機構(ICPO)から「男児の裸の動画がネット上に出回っている」と通報があり、府警が捜査していた。

朝日新聞社


ご支援のお願い

  • いいね! (87)
  • この記事の題材でまた読みたい! (61)
  • この記事を動画で見たい! (52)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA