晩婚化は、不妊を生み出し、人口削減の為の社会設計です。~「特定不妊治療」をサポート 日本生命、国内初の保険発売~新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組


「特定不妊治療」をサポート 日本生命、国内初の保険発売へ

フジテレビ系(FNN) 9月5日(月)18時26分配信

「特定不妊治療」をサポートする国内初の保険が発売される。
日本生命保険は、出産をサポートする保険を10月2日に発売する。
体外受精など、特定不妊治療を受けた場合、5万円から10万円を、最大で12回受け取れるほか、出産した際には、出産回数に応じて、最大100万円を受け取ることができ、対象は、16歳から40歳の女性となっている。

最終更新:9月5日(月)18時26分

Fuji News Network


ws000125夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

産経新聞 10月8日(土)10時15分配信

 

 「ねえ、1人っ子がいいの?」

 東京都の派遣社員、中村良子さん(44)=仮名=は不妊治療がうまくいかなかったとき、生後2カ月で亡くなった長男の崇ちゃん=同=にこう話しかける。リビングに置かれた白い子供用の小さなテーブル。崇ちゃんの写真やおもちゃがたくさん並んでいる。

 35歳で1歳年下の会社員、隆行さん=同=と結婚。子供は「自然に授かるもの」と思っていたが、なかなかできなかった。37歳のときに不妊専門クリニックで治療を開始。体外受精で妊娠し、平成23年1月に出産した。40歳だった。待望のわが子は心臓に重い病を抱えていたが、手術が成功。回復に向かっていると思われたが一転、容体が急変し、一度も家に連れて帰れないまま、亡くなった。腕に抱いたときの温かさや笑顔…。崇ちゃんへの思いは募った。

 「もう一度、赤ちゃんがほしい」。3カ月後、治療を再開した。

 ホルモン剤で卵巣を刺激して卵子を育て採卵する。5、6個採れても、子宮に移植可能な受精卵になるものは少ない。また、移植をしてもなかなか着床しない。結果が出なくても「おいしいものを食べに行こう」と励ましてくれる隆行さん。焦りは募った。「この先、難しいかもしれませんね」。医師の言葉に何度も治療をやめようと思った。だが、「一度は出産できたんだから、次こそは」という思いが消えない。43歳で妊娠反応が出たが、8週で流産した。

 「みんな子供がいるのに、なんで私だけ?」。妊婦を見るのがつらくなり、引きこもりがちになった。採卵は15回以上。途中で回数を数えなくなった。体外受精にかかる費用は1回当たり50万円ほど。治療総額は1000万円近く。「老後はどうなっちゃうんだろう…」。不安に胸が波立つ。「治療をしているとあっという間に時が過ぎる。暗いトンネルの中にいるみたい」

 新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組といわれる。治療をしても、なかなか望みがかなわない場合、「やめ時」が大きな問題となる。

 「今ちょうど、排卵が済んだところですね。月経が来たら、お薬で卵巣の機能を整えましょう

 8月中旬、都内の大学病院の不妊治療外来。大橋明美さん(43)=仮名=は、医師の言葉に、静かにうなずいた。大橋さんは、39歳のときに結婚。41歳から不妊治療を始めた。今年、6月に体外受精の末に初めて妊娠。7週目で心拍を確認し、「これで安心できた」と思ったが、その翌週の診察では「赤ちゃんの心拍が確認できません」と医師から告げられた。7月下旬には、流産のため掻爬(そうは)手術を受けた。

 「もう妊娠は無理かもしれない」。手術のあと、だんだんと不安が募った。治療のやめ時について初めて、真剣に考えた。ただ、子供好きの夫のためにも、赤ちゃんが欲しいという思いが勝った。この秋に再び採卵し、また、体外受精を行なう予定だ。大橋さんは「夫との間に子供が欲しい。今は治療を続けることが私にとって、最良の選択なんです」。

 晩婚化に伴い、不妊治療を受ける女性の年齢は高くなっており、40歳でピークを迎える。しかし、高度な生殖補助医療を持ってしても、加齢とともに妊娠しづらくなるのが現実だ。日本産科婦人科学会によると、平成26年に生殖補助医療を受けた女性で出産した人の割合は30歳で20・6%だが、40歳で8・8%、45歳で0・8%と急降下する。一方、流産率は30歳が17・1%なのに対し、40歳で35・2%、45歳で66・1%と急上昇する。不妊治療に詳しい生殖心理カウンセラーの小倉智子さんは言う。

 「確率的に難しいと分かってはいても、次はできるかもしれない、と期待してしまう。やめたくてもやめられないという人が増えているのです」

 不妊治療は、性交のタイミング指導から子宮に精子を注入する人工授精、体外で卵子と精子を受精させる体外受精へと進むことが多く、特に体外受精には多額の費用が必要。NPO法人「Fine(ファイン)」の調査(平成25年)によると、治療費の総額は「100万~200万円未満」が24・8%で最多。「10万~50万円未満」(18・8%)、「50万~100万円未満」(17・6%)と続き、「500万円以上」も4・6%いた。

 


<筆者>

>新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組といわれる。

読んでいて悲し君なります。なぜこんなことになってしまったのかと。

社会毒、常識の書き換え、義務教育、資本システム など様々その理由はありますが。

晩婚化された現代社会が大きな要因の一つです。

>晩婚化に伴い、不妊治療を受ける女性の年齢は高くなっており、

>平成26年に生殖補助医療を受けた女性で出産した人の割合は30歳で20・6%だが、40歳で8・8%、45歳で0・8%と急降下する。一方、流産率は30歳が17・1%なのに対し、40歳で35・2%、45歳で66・1%と急上昇する。

これらを見ても、年齢高ければ産めなくなるのは当たり前なのです。

これを否定するのなら「人間は老化しない」ということぐらい馬鹿げています。

>「みんな子供がいるのに、なんで私だけ?」。妊婦を見るのがつらくなり、引きこもりがちになった。

とありますが、30代後半から子供を産もうとしている人たちの中で、自分だけが不妊だと思っているのでしょうか?

みんなもっと若いうちに産んでいるのです。

歳をとればとるほどに懐妊しないのは当たり前のことだからです。

人は老化するのだから当たり前のことを、以前からわかりきったことを嘆いているに過ぎません。

子供が産める若い年齢の時に産まなかった自分が悪いわけです。しかし、実はそうとだけ言って切り捨てることは現代社会ではできません。

なぜなら現代社会では、社会環境が晩婚化へと誘導するよう設計されています。

それは「人口削減」の為なのです。

本記事では晩婚化へと誘導する社会設計の為に行われていることの一部を説明していきたいと思います。

昨今の若年層が絡んだわいせつ事件をマスコミが連日報道していますが、その理由もまた、晩婚化に誘導する社会設計の枠組み作りの為です。

「ある年齢(現代では若年層)と交際してはいけない。」そうしたら「逮捕する」、「ロリコンのレッテルを張る」と暗黙に大衆に刷り込んでいるわけです。

若年層は、子供を産んではいけない、家庭を持ってはいけない。と、それらとの接点は、犯罪であるかのような社会の動きをしているわけですから、当然晩婚化に寄与します。

そして事件の被害者に若年を絡めることは、他にも複合的なメリットがあります。

それは、「ロリコンの犯罪である。」と、大衆に「反射的理解」をさせることで犯罪動機の理由付けが容易になり、おかしな逮捕でも気づかれにくくさせます。

子供。あ、ロリコンの犯罪ね。といった具合です。

そして他の点としては、若年を絡めた逮捕が常態化すると、その年齢という逮捕の根拠(数字)は、時代とともに少しずつ広げていくことが可能です。ですから、ルールを厳しい方向に広げやすいのです。

社会環境に対して、ルールを新設するより、少しずつ概念を広げていくほうがルールの強化が容易ということです。18歳以下との接点を取り締まっていたことを、時を経て、19歳、20歳と広げていくことは容易であるということです。その証拠にメディアは19歳を少女と呼び出しています。女性の婚姻年齢を18歳に引きげようとしています。

子供を産みにくい社会整備の為、女性婚姻18歳引き上げ。ダブルスタンダードを生み出し、一本化することで大衆統治システムを強固にしていく。~<民法>女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

そして、若年を絡めた逮捕が常態化する一番直接的なメリットは、若年層の性交を悪とすることで、「一番妊娠しやすい若年を妊娠させず、ダイレクトに人口削減になる」ということです。先ほど行った晩婚化の目的がこれなのです。

また、支配者層は常にマイノリティーですから、大多数の団結(大衆)が常に脅威になります。ですから、そのマスを増えすぎないように、人口削減する方向に動くことは、保身なのです。

このように若年との接点自体を犯罪とすることに合わせ、社会環境自体を若年で家族を持つこと自体も又、できなくされている。つまり、若年層は学校に行くものであり、行かない選択肢もあるにはあるが、行かなければ就職できない、「生活に困る」という環境にしています。

また、同年代同士以外の交際はおかしいとすることで、交際が同年代に制限されますから、同時に精神性の成熟は阻害されることに繋がるのです。それも目的の一つです。

10代とそれ以外の者との交流を年齢だけを根拠に「検閲」、そしてその数字(年齢)は広げられ、人と人との関係が検閲されることで、希薄なものへと誘導されている。 ~14歳少女を誘拐の疑い、25歳男逮捕

そのように、我々大衆は、環境という自然を装われ、人口削減の為に社会誘導され、社会設計がされています。

下に添付した動画でも言いましたが、少子高齢化の昨今、少子対策に取り組み、本当に子供を増やしたいなら「女性の婚姻年齢を18歳に引き上げる」なんて議論にはならないはずなのです。

これも完全にわかりやすく子供産ませない為の変革です。

子供を産みにくい社会整備の為、女性婚姻18歳引き上げ。ダブルスタンダードを生み出し、一本化することで大衆統治システムを強固にしていく。~<民法>女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

そして少子高齢化対策を本当にするのなら「高校生が性交したら退学」とかも許さないはずです。

高校在学中、交際相手と性的行為で退学勧告

この件、マスコミお得意の社会的制裁を加えることは一切しません。地元地方紙が一度扱っただけです。(正確には公に漏れてしまったのでしょう)つまりこれは支配層方針に合致していることなのです。だから問題化しないのです。

マスコミがしていることは、毎日毎日わいせつ事件をわざわざピックアップして報道することで、「性交自体をいけないものだというイメージの刷り込み」です。

昔は、男性が年上女性と結婚することに対して家族が反対するなどの社会風潮がありましたが現代では、逆なのです。

現代は若年層との接点を許さない社会風潮にされている。
これは人口削減政策以外の何物でもありません。

性交悪の常識を作り出し、意図的に晩婚化へと誘導しているわけです。

その性交悪を作り出す上で、一番妊娠しやすい年齢層が子供を作ることができないように、若年との接点を犯罪化する、社会形成がされているのです。

つまり「不妊は社会環境に作られている。」ということです。

そして言うまでもなく、社会環境は、大衆ではなく、一部の特権階級(支配者層)によって作られています。

そしてこれらが生み出した産物が、今回のTOP二つの記事、「不妊治療」、「不妊保険」です。

つまり、人口削減の為の晩婚化=不妊が、医療・保険利権化されたのです。

以下に一部抜粋します。

>「特定不妊治療」をサポートする国内初の保険が発売

>採卵は15回以上。途中で回数を数えなくなった。体外受精にかかる費用は1回当たり50万円ほど。治療総額は1000万円近く。

>新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組といわれる。

>大橋さんは、39歳のときに結婚。41歳から不妊治療を始めた。

>平成26年に生殖補助医療を受けた女性で出産した人の割合は30歳で20・6%だが、40歳で8・8%、45歳で0・8%と急降下する。一方、流産率は30歳が17・1%なのに対し、40歳で35・2%、45歳で66・1%と急上昇する。

これまで述べてきたことが、このような「不妊」に繋がっているのです。

子供を産める年齢では「子供を産んではいけない」とし、社会で子供を産んでいいだろうとされている年齢では不妊になっている確率が高いような社会環境にされているのです。

繰り返し言いますが、不妊とは人に意図的に作られた「環境」によって生み出されているのです。

もちろん100%とは言いませんが、不妊の方の多くは他者(支配者層)が敷いた環境によって不妊にされたと言えるのです。

下に添付した動画では、

・「不妊は環境に作られている。」

・「未来では、懐妊は病院でするものとして、妊娠は医療・保険利権化される。」ことを常態化しようとしている。

という点を解説しました。

それが正に顕在化しているのが上記二つの記事です。

動画をご覧ください。

このように若年層を絡めた事件を作り出し、熱心に報道する理由は、子孫繁栄させない為であり、我々の人生に直結していることなのです。


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

【動画】妊娠は病院でするものへと医療利権化される。rp_57ce627dd97cd2985d5a9627c52efb54-1024x576.jpg

産後うつコンビニでがん検診不妊尿療法 1保育園落ちたrp_782c08e7b75c486d64ccf29587865a1c-1024x576.jpg%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8

ご支援のお願い

 

  • いいね! (165)
  • この記事の題材でまた読みたい! (140)
  • この記事を動画で見たい! (128)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA