10代とそれ以外の者との交流を年齢だけを根拠に「検閲」、そしてその数字(年齢)は広げられ、人と人との関係が検閲されることで、希薄なものへと誘導されている。 ~14歳少女を誘拐の疑い、25歳男逮捕


WS000916WS000913WS000914 WS000915 WS000917 WS000918 WS00091914歳少女を誘拐の疑い、25歳男逮捕

TBS系(JNN) 8月27日(土)6時29分配信

 携帯アプリを使って群馬県内の中学3年の14歳の少女を自宅から連れ出し、誘拐したとして、千葉県内に住む25歳の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、千葉県柏市に住むアルバイト・榎本翼容疑者(25)です。警察によりますと、榎本容疑者は、今月23日未明、携帯アプリを通じて数か月前に知り合った群馬県太田市の14歳の少女の自宅近くで、この少女に「家出しちゃえば関係ないけどね」「出てきちゃえば」などとメッセージを送り、巧みに家から誘い出し、車に乗せて連れ去ったということです。

 25日昼ごろに少女の母親が警察署に「娘が23日に家を出てから戻らない」と相談し、警察が調べたところ、榎本容疑者の関与が強まり、話を聞いたところ、榎本容疑者の自宅アパートにいる少女を発見しました。

 榎本容疑者は警察の調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているということです。

 少女にけがはなく、警察に「日常生活のストレスがたまって、現実から逃れたくてついて行ってしまった」と話しているということです。(26日19:46)

最終更新:8月27日(土)6時29分

TBS News i


現代の10代には自由はありません。

すぐ「逮捕、誘拐、親の同意なく」と、その接点を持った人物に対して逮捕、書類送検とされてしまいます。

「17歳と21歳のバイトの同僚がポケモンGOをしていて書類送検」なんてとても分かりやす例です。(下に記事添付)

今回の事件も14歳女性の意思で家出をしたわけです。
それを一緒にいた人間が25歳である年齢だけを根拠に「誘拐で逮捕」とされてしまうわけです。

このようなことはたった15年前まではどこかしこで当たり前にあったことであり、「逮捕・報道」などされていなかった事柄です。14歳女性にとってもよい人生勉強の一つでしょう。人は経験なしに成長性ないのです。

つまり、このような社会変化は、大衆幸福とは関係のないことに権力を行使し、「常識の書き換えが行われている」ということです。

この逮捕は、なんら10代の人を守ることを目的とした社会の動きではありません。

なぜなら誰も被害者がいないにもかかわらず逮捕されたからです。
14歳女性の意思での行動にもかかわらず相手は逮捕されたからです。

14歳女性の誘拐と聞くと、今年3月に一斉の報道された、「朝霞市誘拐」で監禁したとされた寺内の件が記憶に新しいです。

その事件は、社会が一斉に寺内をバッシングすることで、子を持つ親に対して我が子に「他者に疑心暗鬼な感情を植え付けろ」と暗黙に刷り込み(親に「知らない人に気をつけなさい、気をつけなさい」など繰り返し子に言わせる)、合わせて10代と21歳という年の近さへの交際も検閲することに貢献しました。

朝霞市監禁事件を見るのならば明らかにチャットで出会った二人が相思相愛になり、同棲していただけでした。

にもかかわらず、それを誘拐事件として社会敷設した事件だったわけです。

それもまた、逮捕、報道することに公益は一切ありません。

目的は、公益ではなく他にあるのです。

それは、下に張り付けた動画で言ってきたように、以下の目的があります。

・知らない人は怖いという感情を植え付け、大衆に疑心暗鬼な感情を植え付けることで、他者との接点を失わせる。

・10代とそれ以外との交流を年齢のみを根拠に「検閲」し、同時にその数字(年齢)は広げられ、人と人との関係を希薄なものへと変える。

これらを総じていえば、大衆の団結、力の集結をさせない為の手段です。

それは支配者層にとってのマスの脅威を排除することになります。

その為に、今彼らは10代とそれ以外の年齢の交際、出会い、接点に対して、年齢だけを根拠に取り締まり、同時に19歳女性を少女と呼び出したり、強姦の概念を変えて、取り締まりの範囲からバイオパワーの範囲までを広げているのです。(以下記事参照)

【性犯罪の非親告化1】性犯罪の非親告化は、誰でも逮捕、拘束できる法整備 ~性犯罪の親告罪削除を 刑法改正の要綱を答申

【性犯罪の非親告化2】<強姦罪>強姦罪を男女間だけでなく、同性愛者も対象へ。性交しなくても強姦罪。性犯罪の範囲拡大 ~対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。

【性犯罪の非親告化3】<誰でも逮捕拘できる法整備へ>性犯罪の非親告化に合わせて、性犯罪の公訴時効期間撤廃を目論んでいるのか?~10年前の性的暴行で40歳男を逮捕 ~「25年前に教頭からわいせつ行為を受けた」と女性が提訴

又、「知らない人は怖い」と我々に刷り込りこみ、他者に対して疑心暗鬼感情になるように、人と人との関係性を希薄なものへと変えようとしているのです。

今回の誘拐、逮捕もそれが目的であり、これらの逮捕は若年層を守るなんてことが目的とされていません。

それは人類史を見れば明らかですが、今の現代社会を見渡せばいたるところにメリットを謳いながらも、大衆の自由を奪うことが堂々と行われていることがわかります。

その例を一つを上げるならば、義務の教育を強いている方針を見ても明らかです。

支配者層が敷設した文科省下の義務教育内容は、なんら人間の知性、精神性、独自性、独創性を伸ばすための教育ではなく、他人の意見に忠実に従うことを徹底した奴隷教育であり続けさせていることです。

つまり「義務教育という名で行政は、子供を拉致・監禁している。」と言えるわけです。

しかしそのような問題には社会は言及せずに、全く筋違いな大衆の中に起きている事象に対して誘拐レッテルを張って権力を行使し、取り締まっているのです。

また、病院に連れて行かなければ虐待、ワクチンを打たなければ虐待と、幼少期に病弱にさせることに余念がないことも見ても同じことが言えます。

乳児の接種拒否で親権喪失 家裁決定「子の利益侵害」 ~これを奴隷社会と言わずして、なんと言えばいいのでしょうか?

埼玉県狭山市やけど3歳次女死亡事件 「病院に連れて行かないと犯罪者であるという社会」「各家庭に行政が簡単に入り込める社会」にしようとしています。

学校から子供の拉致(一時保護)を狙われている親御さんからメールが来ました。 ~このような事実に沈黙し黙認する親は、我が子がターゲットにされる可能性を上げることに加担しています。

彼らは子の健康も、教育も共に健全な方向に導くつもりは一切をありません。

仮に健全のように見える事象があっても、行政はそう偽っているだけで、実際には違う目的があるのです。

それは今回の事件をはじめ、私が過去扱った様々報道から見て取れるのです。

そして先ほど言った、この手の事件を報道する目的の後者で、「その数字(年齢)は広げられ、」と言ったわけですが、未来永劫10代とそれ以外の年齢にだ・け・取り締まりが行われると思って、この手の事件を黙認している人はこの社会のことをなんら理解していません。

それは拡大する事を見越して、反発が生まれにくい「若年層を守る」という一見正しそうな建前から検閲が始められているのです。

「少年・少女」という言葉を作り出したのは、その概念は常識の書き換えと共に広げることができ、検閲する側にとって都合がいいからです。時代によってそれら言葉に適応する年齢を変えることができます。

現代マスコミは既に19歳を少女と呼び始めています。(「19歳・少女・逮捕」と検索してみてください。下の動画でも解説)

一昔前は16歳前後で結婚・出産することが珍しくなかったわけですから、16歳ですらも「少女」と呼ぶことがその言葉の概念として「不適合である」と、認知されていた時代があったわけです。つまり、「16歳は幼くはない」という時代です。具体的には昭和中期くらいまです。

つまり、我々人間の生物としての普遍性は何ら変わっていなにのにもかかわらず、たった数十年で少女という概念は3歳以上も広がりを見せているわけです。

そしてこの常識の書き換えは、人口削減に大きく繋がります。

この手の逮捕、合わせてしきりに報道されるという事象は、種の存続にかかわる大問題なのです。

我々大衆の人間関係、交際、子孫繁栄を「常識の書き換え」という手法でばれないように検閲しているということです。

それをロリコンの犯罪などという建前にすり替えられ、大きな問題が隠されているわけです。

先ほども言ったように年齢を広げることを見越した上で、比較的反発が生まれにくい若年層と絡めた事象を事件化して取り締まり、合わせて報道することで、常識を書き換え、社会ルールを形成しているのです。

つまり、その為にロリコン=犯罪者であるかのようなイメージ工作を行うことで、若年層と絡めた事象を事件化しても軋轢が生まれないようにしているわけです。大衆統治戦略の為に意図的に敷設された情報というわけです。

<その1>常識の書き換えとは最高の大衆統治手法。~ロリコンレッテルは男性だけでなく、いずれ女性に対して盛んに行われるでしょう。~人口削減(大衆統治システム)を目的としてなされている。

支配者層は行政マスコミなど権力を行使することで、常識を書き換え、大衆行動を制限し、人間関係まで検閲しているということです。しかも、常識を書き換えという手法は、気付かれにくいのです。

我々はそれらに気付き、マスコミやあらゆるメディアが敷設してくる常識に甘んじず、戦うべきです。

我々大衆の幸福を彼らに狭めさせてはいけません。

その行動はどんどん進む未来の奴隷社会への道にブレーキを踏む行動になります。

もちろんそれを加速させるために、反発する行動は彼らは利用しようとしてきますから、上手いこと誘導されないように知的にならなければいけないことは、言うまでもありません。

 


「京都駅に珍しいポケモン」同僚女子高生連れて午前3時に… 容疑でアルバイトの女性を摘発

産経新聞 7月26日(火)20時6分配信

 

 スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を一緒にするため女子高生を深夜に連れ回したとして、京都府警下京署は26日、府青少年健全育成条例違反(深夜外出の制限)の疑いで、京都市西京区の飲食店アルバイトの女性(21)を摘発したと発表した。容疑を認めており、同署は近日、女性を書類送検する予定。

同署によると、女性は25日午前3時20分ごろ、京都市下京区の歩道上で、高校3年の女子生徒(17)が18歳未満と知りながら、保護者の同意なく、深夜に連れ回していたという。

女性と女子高生は、同じ飲食店でアルバイト勤務する同僚で、24日に勤務中、「京都駅周辺に珍しいポケモンがいるから行こう」などと話し合い、勤務後の25日午前0時半ごろ、京都市西京区のファストフード店で待ち合わせた後、ミニバイクに乗って京都駅に向かったという。

同署によると、パトロール中の署員が、京都駅西側の交差点付近で停車したミニバイクにまたがり、スマホを使用していた2人を発見し、職務質問をしたことで発覚した。

女性らは、「ポケモンを探すため、西京極と梅小路に寄った後、京都駅に来た」などと話していたという。

 


<関連記事・動画>

<その1>常識の書き換えとは最高の大衆統治手法。~ロリコンレッテルは男性だけでなく、いずれ女性に対して盛んに行われるでしょう。~人口削減(大衆統治システム)を目的としてなされている。

<その2>常識の書き換えとは最高の大衆統治手法。~支配者層は大衆の繋がりを把握する為、人の出会いに制限をかけている

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

常識の書き換え 6

犬のおっちゃん サムネ

犬のおっちゃん 2

大衆統治手法2

大衆統治手法3

常識の書き換え4

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8朝霞市全動画しつけ行方不明 全動画

ご支援のお願い

 

  • いいね! (94)
  • この記事の題材でまた読みたい! (77)
  • この記事を動画で見たい! (64)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA