「セックスはしてはいけない、子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」これが未来では主流になる。


WS000829セックスレスなのに妊娠したい妻を支える「秘密の彼氏」の献身

ダイヤモンド・オンライン 8月13日(土)8時0分配信

 

 処女懐胎でイエスを妊娠したと伝えられる聖母マリア。物理的には「あり得ない」話なのだが、医療技術が発達し、不妊治療が一般的になった現代では「セックスレスでも妊娠」が可能になった。そして、実際にそれを望む夫婦が増えているのだという。

● 夫の精子だけあれば妊娠は可能だが… 増える「セックスレスでも妊娠希望」女性のなぜ

今、セックスレスだが「夫の子」を産みたいという女性がにわかに増えているという。不妊治療で定評のある、関西のレディースクリニックの医師のひとりが語る。

「夫との仲は悪くはない。でもセックスレスという女性が不妊治療に通うケースは少なくありません。夫の精子さえ持ってきていただければ医学的な妊娠、出産は可能ですから」

そんなセックスレス夫婦だが夫との子を欲しいと望む女性たちの声を聞いた。

「愛にもいろいろな形があるのではないでしょうか? 家族愛、恋愛、性愛…、すべて“愛”です。夫とは家族愛です。夫とは結婚して3回しかセックスはしていないです。でも夫として尊敬しています。だから夫との子を産みたいです。いけませんか? 」

こう語るのは兵庫県芦屋市に住むアイコさん(40)だ。地場メーカー創業者の孫である彼女は、関西の名門私立大学を卒業後、「どうせ両親が決めたお相手と結婚するのだから」と就職せず、海外に語学や料理留学をした後、「親の決めた相手」と24歳の時に結婚した。

 


なぜ病気を作りたがっている支配者層と製薬会社、医療関係者はセックスレスを病気としないのでしょうか?

それはセックスレスを病気とせず、自然な現象としたほうが、彼らにとって都合がいいからです。

セックスレスを病気にするよりも、それを常態化するほうが他の複合的なメリットが得られるからです。

具体的には、人口削減になる、そして「懐妊は病院でするもの」という概念を常識化して、新たな利権を作り出したいのです。

もともと「出産」とは医療とは関係がない産婆さん(近所のおばさん)が出産に立ち合い、そこに専業的あるいは業種的な意味合いはありませんでした。

人との繋がりから身近な人たちの中で人は人を産んでいたのです。

その「出産」の形は完全に破壊し、「出産は病院でするものである」と医療利権にされてしまいました。

そして次は社会毒の蔓延と晩婚化政策で大衆は「不妊」にされ、懐妊は「不妊治療」として医療利権にされてしまったのが現代社会です。
(ちなみに不妊治療は懐妊(妊娠)するための治療でありません。がん治療ががんを治す治療ではないのと同じです。)

そこから、出産同様、「懐妊も医療機関でするものである。」と常識化したい。そして物理的にも(不健康・不妊)精神的にも(性交悪)そうされようとしている流れが見えます。

「子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」ということです。

それは支配層方針である人口削減にも合致します。

そして同時に精神的セックスレスを作るべく、セックス自体を悪いことであとするために、「わいせつ」だ、「性的関係を持った」だと連日、性的欲求自体が悪であるかのように「逮捕・書類送検」と報道しているのです。

セックスレスの原因は、先ほど言った社会の精神的なコントロール、経済コントロールなど様々あれど、物理的問題である「不健康」も無視できません。

そして不健康が原因であることは、「組体操問題」と同じく、その体が弱っている健康体ではない現状に目を向けさせず、全く見当違いの方向に大衆意識は動かされています。

「組体操をやるのかやらないのか?」や「精子を病院に持って行こう」などという、本質的な解決にならない議論です。

「不健康を解決することで、組体操出来る強い体にする。」同様、不健康を解決することで、「セックスレスから抜け出す。」「懐妊する体に変える。」この方向には一切社会は動きません。言及すらしません。

体育祭“10段ピラミッド”崩れ6人重軽傷の原因は、組体操ではありません。

現代社会では下に上げたことが実際に行われています。

—–

・セックスはしてはいけないという常識の書き換え(わいせつ逮捕の連日報道)

・浮気、不倫の社会一体となった制裁

・不妊を増産させる社会毒のまん延(子宮頸ワクチン、電磁波、食)

・10代のセックス悪と、10代で家庭を持たせない為の学業レールの形成

・晩婚化の推進(不妊推進)

・貧窮化(育児に専念する為の時間養えない)

・同性愛推進

・人間ではなく、人工知能や二次元のキャラクターへの恋愛の推奨。

—–

これら現在社会の流れと合わせ、本記事を見るのならば、「セックスはしてはいけない、子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」これが未来を支配者が画策していることをひしひしと感じます。

この流れは、マスの脅威を排除したい大衆統治システム構築の為であり

具体的に言えば人口削減の為です。

そして以下の記事のように不妊治療に対して休暇を出せるのは内部留保と潤沢な大企業だけですから、不妊治療の流れは企業のNWOにも寄与するわけです。


トヨタも不妊治療の休暇制度 17年1月に導入方針

朝日新聞デジタル 8月6日(土)0時9分配信

 

 トヨタ自動車は、不妊治療のための休暇制度を来年1月をめどに導入する方針を固めた。期間は年5日ほどで、すべての組合員を対象にするとみられる。

 トヨタは、配偶者手当を段階的に子ども手当に振り替えるなど、子育てと仕事の両立に向けた制度を相次いで打ち出している。産みたくても産めない社員にも配慮しようと、労働組合と議論していた。

 不妊治療の休暇制度は、パナソニックやリコーなどの電機大手のほか、日産自動車も導入している。厚生労働省の職業家庭両立課は「トヨタのような大企業の導入で、グループ企業や同業種への広がりが期待できる」と話す。

朝日新聞社


<以下関連動画>

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

コンビニでがん検診不妊

常識の書き換え 6

朝霞市全動画

2015年を動画で振り返る 4

産後うつ

ご支援のお願い

  • いいね! (213)
  • この記事の題材でまた読みたい! (177)
  • この記事を動画で見たい! (167)

関連記事

「セックスはしてはいけない、子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」これが未来では主流になる。」への2件のフィードバック

  1. こうすけ

    最近、コンドームに使われている成分を疑って多少調べ物をました。疑うと言っても、世の中の構造を見る限り確信を持ってでしたが。
    軽く調べただけでも、殺精子剤というコンドームの仕組みから考えて全く必要と思えない成分が使われていましたし、その他にも様々な添加物が使われていました。
    それらの有害性はネット等で調べても「悪くても発ガン性」止まりでしたが、当然「不妊」の作用もあるだろうと考えています。
    製薬会社側は「副作用」と表現でしょうが、意図的な作用として。
    経皮吸収率の高い性器に直接不妊効果のある薬を塗布できるのですから、その効果も高いでしょう。

    リオ五輪の選手村でも45万個のコンドームが配られたそうですが、やはり支配者層の設定した祭典として、避妊と不妊の促進キャンペーンでもあるのだなと感じました。

    これを解決するためには、「コンドームを使うな」でもなければ「避妊をするな」でも「子供をおろすな」でもなく「セックスをするな」でもなく、先日さゆさんの言っていた「妊娠を諦めざるを得ない社会設定」を変えることと、それに加えて「セックスはただ欲求を満たすための行為であり快楽のためのものであり、異性とはただ性欲を満たすための道具にすぎない」という洗脳があることに気付き、反対して行くことが必要なんだと考えています。

    「子作り」を貧窮化、イメージ悪、社会毒等で規制しながらも、それでも溢れ出る欲求に関しては、「セックスは性欲処理のためのものだよ」という次の防壁が設定されているのだと思います。

    少し話が変わりますが、コンビニのエロ本が何故なくならないか、的を得て答えられる人はなかなか居ないのでないでしょうか。
    ああ見えて実は売り上げは出ているだとか、客寄せになるだとか(しっかり立ち読みできなくテープが貼られてますが)陳腐な経済学で考える人ばかりです。
    ですがあれはそこに存在する事自体が目的なのではないでしょうか。
    子供を含め様々な人に「女性とは、セックスとはただ快楽を満たすためにあるんだよ。妊娠して家族を持つなんて嫌だよね」というメッセージの刷り込みが目的なのだろうなと思います。

    男性の自分からすれば、「健康な女性」はただそこにいるだけで美しく、そしてエロいです。
    しかし昨今のエロ表現の露骨さ、下品さ、愛情の無さ、その先にある幸せのなさにはなんとも言えない違和感と嫌悪感を感じますし、そこに対する反対意見は強力に封殺されているように思います。
    コンビニのエロ本コーナー、嫌な人かなり多いと思うのですが。

    セックスとはただいやらしく、汚ない物だというマイナスイメージが払拭され、社会毒や思想毒が払拭され、体が大人になる頃には心も大人になり、若い人が社会全体から祝福されるセックス、妊娠、出産ができる社会に戻るよう自分も行動していきたいです。

    先日のさゆさんの動画に感動しましたが、セックス=悪とする社会設定だけでなく、セックス=快楽のみとする社会設定も同時にされているのではないかと思い、メールしてみました。

    いつもありがとうございます。

  2. アンチ現人神

    どうせ承認されないだろうけど、また書いとくよ。

    とどのつまりは、セックスは現人神をはじめとした特権階級だけの秘め事
    にしたいんだろうよ。
    皇族どもにはいろんな儀式があるみたいだが、そこには妾を交えた乱交
    みたいのもあるみたいだし、そこでコンドームなんか使わんだろうね。
    つまりオール生で、儀式に参加している男が例えば天皇だけなら、
    そこに参加しているどの女が孕んでも天皇の子供ということになる。
    だから今の天皇の息子2人はまったく違う容姿をしているのも頷けるし、
    秋篠宮の娘2人(ネトウヨのズリネタね)も全然容姿が違うのも、こういった
    事情によるものだろう。

    翻って一般庶民には貴方の言ったような刷り込みがされるので、ますます
    結婚どころかセックスすら出来ない男どもが大量生産されて少子化に
    拍車がかかる。
    これで支配者層一同、人減らしができてニンマリというところだろうね。

    この流れを止めるには、やっぱりとにかく皆で生でセックスしまくって
    子供を作りまくり、少しくらい生活に困ろうが、お互い助けあっていく
    世の中にしていくしかないんじゃないのかね。
    子供が街に溢れて支配者層どもも打つ手がないくらいに人口が増えて
    いけば少子化なんて何のこと?ってくらいになるでしょ。
    やっぱり生だよ生!これしかない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA