【ガザ】2014年7月8日〜子ども160人以上が死亡、負傷904人以上、パレスチナ人660人が殉教、4200人以上が負傷


 
ガザの主要な犠牲者は子供

 

ユニセフ・国連児童基金が、ガザでのイスラエルの犯罪の主な犠牲者は子どもだったとしました。

 

ユニセフの報道官は、23日火曜、「イスラエルのガザ侵攻の犠牲者の大多数が子どもだ」と述べました。

統計によれば、7月8日からこれまでのイスラエルの攻撃で、パレスチナ人の子ども160人以上が死亡しました。

ユニセフの報道官はさらに、負傷した子どもの数は少なくとも904人だと報告しました。

イスラエルのガザ侵攻により、これまで少なくともパレスチナ人660人が殉教、4200人以上が負傷しています。

国連人道問題調整事務所は、「ガザのパレスチナの民間人はイスラエルの軍事攻撃を免れるシェルターを持っていない」と述べました。

同事務所の報道官は、記者会見で、「ガザの民間人にとって安全な場所は全く存在せず、子どもたちが最も多くの被害をこうむっている」と語りました。

さらに、「およそ500棟の住宅がイスラエルの攻撃で破壊され、10万人がUNRWAの学校に避難しており、食料や水を必要としている」と述べました。

中東諸国を歴訪中の国連のパン事務総長も、ガザ地区の人権状況に注目を寄せる必要性を強調しました。

イスラエルの弾圧政策に対する抗議の裾野はヨーロッパの政府にも広がっており、彼らは世論の圧力を受けて、イスラエルを非難しています。

EUの外相ら数名が22日火曜、ブリュッセルで会議を開き、イスラエルによるガザ空爆の停止とこの地域での停戦を求めました。

 

WS000024WS000025

  • いいね! (14)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【ガザ】2014年7月8日〜子ども160人以上が死亡、負傷904人以上、パレスチナ人660人が殉教、4200人以上が負傷」への2件のフィードバック

  1. 名探偵ジン

    思うにこれから我々に求められるのは、受け身にならないことだと思う。
    世界権力側のトップ連中の本当の目的(最終目標)が分からない限り、こっちは常に後手後手になってどうしようもない。
    だからあまり考えず、自分達のしたいことをすればいいと思う。
    自分の人生の確たる目的もないまま、相手の行動にいちいち振り回されてたらアホらしい。
    向こうが最終目標を決めて動いているなら、こちらも一人一人が独自に最終目標(どういう世界を作りたいか)を決めてその実現の為に動けばいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA