【動画】リチャード・コシミズ独立党が不正選挙追求する目的と私の不正選挙追求 後編


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️不正選挙2016後編1

⬇️ 前編はこちら ⬇️

不正選挙201前編1

  • いいね! (91)
  • この記事の題材でまた読みたい! (49)
  • この記事を動画で見たい! (33)

【動画】リチャード・コシミズ独立党が不正選挙追求する目的と私の不正選挙追求 後編」への2件のフィードバック

  1. ひつき

    動画、心して拝見しました。

    いろいろな事を考えたのですが、さゆさんはいきなり前人未踏の領域から活動を始めた方なんだなぁ、と改めて思いましたね。

    公平に見ても、RKの活動は不正選挙の周りから小石を投げる程度(しかも当たらないように)ですが、さゆさんはその問題の本質に正面から乗り込むと、心意気が違うわけです。

    そりゃぁ、傀儡RKもびびってバッシングに回るわけですね。

    「誰もそこまでやれとは言ってないだろ (||゚Д゚)怖ァ…」

    って感じでしょうか。

    私は3年ほど前からRKのブログは知っていましたが、論点が良くわからず、表現の下品さが苦手でまともに見たことが無かったのですが、今回さゆさんが動画の中で上げている個所をしっかり読もうと開いてみました。

    >天皇を攻撃する輩は100%工作員です。独立党が反天皇に回れば、裏社会は大喜びで、待ってましたと言わんばかりに独立党をカルト認定し、正々堂々と潰しにかかるでしょう。 大多数の国民もそんなカルト集団なんて支持しません。気味悪がって誰も近づかないでしょう。(RKブログ)

    実際に近代史の中で天皇がどのように財閥と言われるほどの財を成し、この国に対してどのくらいの影響力を造り上げ、それを維持し、発展させようとしているのか知らなければ、決して現在の日本の姿は見えてきません。大切なのは人からどう見られるかではなく、真実はどこにあるかではないでしょうか?

    また、これを攻撃と解釈するなら、私も工作員ですし、またほかの文脈で、

    >私の記憶では、天皇家批判をするのは中核派と北朝鮮シンパです。w

    とありますので、私も中核派で北朝鮮シンパとなりますが、残念ながら私はただの子持ちの一般大衆です。そんな大層な思想もありませんw

    これらの言論からもわかるように、RKは論点のはぐらかせ方が雑で、論理の一貫性が無いのが特徴ですね。別のブログでは・・・

    >(パリのテロを受けて)「ロス天」が元凶だとする一派が出現してきたことから考えると…..日本では皇族が狙われる恐れあり。

    なんで?w
    それなら「ロス天」を安倍政権に、皇族を現政権に変えれば、そのまま自分たちの事になりますが、テロをやるご予定でもあるのですかね?

    無いですよね?(よほどのおバカちゃんでない限り)

    それは、「ロス天」をあげている人達もおなじです。

    この様にRKは論旨が雑でいくらでも反論ができますが、こういったまっとうな反論に対しても「工作員がわいてる」程度で正面からの反論ができないわけです。

    さゆさんが指摘されている件にも、「だって、ロックは軍事力があって強くって、ロスチャは軍事が無いから弱いんだもん」程度の事しか言えない・・・はぁ~⤵

    また、RKや、動画でもさゆさんが言及されているベンジャミンの性質が悪い所は、その言論の中に根拠のない安心感を入れて他力本願の人間を量産している所です。たとえば・・・

    >ロスチャイルドの「中国様、お助けください」姿勢に、ロックフェラーはイライラしどうしでしょうから。(RKブログ)

    実質、世界の通貨発行権を握っているロスチャが中国に助けを求めるはずが無いですね。

    >世界は今、アメリカに巣食うサバタイマフィア(*ベンジャミン得意の支配者層の実体をはぐらかす為のねつ造組織)の力が弱まると同時に、第三世界の勢力が力をつけてきた、いわゆる「闇の支配者」体制が転覆してもおかしくない時期にあるのだ。(『ファイナル・ウォーズ』ベンちゃん著)

    ベンちゃんの言う第三世界の勢力にも当然、国際金融組織または支配者層と言われる連中の手は回っています。そうでなければ現代において経済的な発展はありえないでしょう。
    支配者層にとって都合が悪ければ、いろいろ屁理屈をつけて簡単に叩き潰されますからね。

    それにしても、「独立党が不正選挙追求する目的は不正選挙の本丸である財務省の不正の実体を隠す為である」というさゆさんのごくまっとうな指摘にRKはどのように反論するのですかね。
    ここまで言われたら得意のはぐらかし以外、正面からの反論は無理でしょうね。

  2. ジョングケイ、イナバ

    総務省に輿水がいたのは知らなかった。それにしてもよく謎を解いてくれました。8〜9年前輿水はベンジャミンの弟子としてこのビジネスに入りました。デビューのお題は創価とベンジャミンからもらった情報で「沖縄での保険金詐欺」でした。内容は実に詳しく(詳しいわけだ)、その後その手口は手本となり一種の流行になったようです。司法解剖の施設がないことが主に利用されたと聞きます。まあとにかくその後RKは、ぶらぶらしてる不満分子を焼酎飲ませて手なずけて独立党員に仕立て上げ、親方気取りでテレビに出たり(ただし親分ベンジャミンといつも一緒)するものの、やましいことがあるので、いつも態度はオドオドしてる。気の小さいやつなのでしょう、自信のなさを隠すためにわざと威丈高に大きな声を出して周囲を見回す、、、まるでコソ泥みたいに、それを見ただけで普通の人間は距離を取るのに、まだ何もすることのないのが独立党にしがみついてるという構図でした。ここまで約10年間かかったけど、ソロソロ年貢の納め時ですね。人間引き際が大事だRK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA