今後Bluetoothの使用が従来より8倍危険になります。~「Bluetooth 5」正式発表 4倍遠くに2倍速く、2017年初頭までにリリースへ


Bluetooth-s「Bluetooth 5」正式発表 4倍遠くに2倍速く、2017年初頭までにリリースへ

ITmedia ニュース 6月17日(金)12時33分配信

 

 Bluetooth SIG(Special Interest Group)は6月16日(現地時間)、「Bluetooth 5」規格を正式に発表した。2016年末から2017年初旬にリリースする計画だ。

 Bluetooth 5は短距離無線通信規格の最新版。現行バージョンと同じ消費電力で到達距離は4倍に、伝送速度は2倍になるとしている。

 通信範囲の拡大は、IoT(モノのインターネット)の住宅全体、ビル全体、屋外での利用を現実的なものにし、通信速度の向上はサービスにレスポンスの改善をもたらすとBluetooth SIGは説明する。

 さらに、ブロードキャストメッセージングの容量は8倍になり、ビーコンや位置情報関連サービスなどの、次世代の無線サービスの普及を加速させるという。

 Bluetooth SIGによると、現在Bluetooth採用製品は82億点使われているという。2020年までにIoT端末の3分の1以上でBluetoothが採用されるとみている。


>同じ消費電力で到達距離は4倍に、伝送速度は2倍になる

「Bluetooth 5」ではバッテリーの持ちは変わらずに、8倍強い電磁波が発されるようになるということです。

下の動画「PC周辺その2」の24:00あたりから、Bluetoothキーボードの電磁波を測定している所が見れますが、Bluetoothと言っても決して弱い電磁波でありませんでした。

製品のホットスポットは10mw/m2の電磁波が出ていました。
(100MHz~8GHzまで計測できるモードで計測)

>通信速度の向上はサービスにレスポンスの改善をもたらす

と言っていますが、「サービス・便利の向上」を謳い、大衆の不健康と不自由をこの世界に敷くことで、統治システム強固にしているのが支配者層の戦略になります。

「尿検査でがんを発見できる。」とするのと全く同じことです。

尿から癌を見つけ出すことで、受診率を向上させ早期発見で患者を作り上げ、統治しやすい社会環境に繋げる。

「簡単、便利、安価だから」、とその本質を見ないで使用したり、ましてや与えたり、進めたりしては我々は不幸の一途を辿ります。

今回のようにどんどん電磁波が強い製品を巷に設定していくという行為は、大衆を不健康するために人為的に行われているのです。

「Bluetoothの電波が弱くて困る」なんてことは一部の製品でしょう。現行のBluetoothを使用している製品は現在の電波の強さで十分不具合なく使用できているのです。

そしていずれは、現行のBluetoothより8倍危険である「Bluetooth 5」が現行の「不具合なく使用できている製品」にも使われるようになるでしょう。

製品の使用上において必要な最低限の電磁波の強さに抑えるのではなく、必要ない強い電磁波を発する製品を作り出しているからです。

それこそが「電磁波のまん延で不健康を作る。」という事が人為的に行われている証拠でしょう。

彼らは独自に大衆情報を収集しながら少しずつ大衆環境を変化させて、不健康な愚民を作り出しています。

電磁波を発する製品に対して、我々は、どのような設定で、どこから、どのタイミングで、どれほどの強さの電磁波が出ているのかを知った上で製品を使わなくては、どんどん健康を蝕まれる環境が強いられているのです。

しかもそれを「IoT化」として益々推し進めようとしているのです。

「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。

IoT社会とは、監視社会であり「奴隷社会」のことです。 ~IoT推進コンソーシアム、政府立ち上げ

「ニンテンドーDS」からこれほど強い電磁波が出続けていることを知らずして子供にゲーム機を与えている親は、己の無知と罪を認識するべきです。(下に動画あり)

また、親のスマホの使用方法や、子に携帯電話を与えることも同じことです。


ED-78S


今年の夏を皮切りに精神疾患患者、自殺者が確実に増えます。~スマホ通信速度、夏にも最大2倍 周波数複数組み合わせ

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️
電磁波測定PC 2
電磁波測定PC2 電磁波3 3

電磁波測定1

電磁波測定2

電磁波測定3

  • いいね! (334)
  • この記事の題材でまた読みたい! (280)
  • この記事を動画で見たい! (269)

今後Bluetoothの使用が従来より8倍危険になります。~「Bluetooth 5」正式発表 4倍遠くに2倍速く、2017年初頭までにリリースへ」への2件のフィードバック

  1. 米澤 敦晴

    いくら寝ても寝ても、昼間に強度の睡魔が襲ってくる。なんでこんなに毎日眠くなるのだろう、そんなに疲れているのかなあと思っていたら、寝室にWi-Fiのルーターがあったのを思い出した。ルーターのコンセントを抜いて寝ると、不思議と昼間の眠気がなくなった。自分では夜熟睡していたつもりだったが、一晩中脳が電磁波にさらされていて、しっかりと休めていなかったのだと実感した。「簡単」、「便利」、「快適」には裏があるということを常に頭に入れておかなければならない。

  2. 清水 仁

    電磁波の影響、危険性についての警告を利権とは無関係の真面目な学者が発信してくれる事を期待します。
    この記事とは別ですが今興味があるのが人工頭脳です。ディープランニングという技術は、機械が自から学び考える、より人間的な?な知性を持った機械の開発と私は理解します。危惧する事は沢山ありますが、中でも私達が知らず知らず技術の開発に貢献している可能性があるという事。一例として、ログインする場合のセキュリティとして手書き文字、数字を入力して下さい、と言うアレです。不正を排除する目的なのでしょうが、要は、機械では読み解けないからなのでしょう。が、膨大な量の情報が蓄積されれば、いずれ機械でも手書き文字、数字に関わらず人の顔なども識別出来る様になる事は想像できます。
    是非、さゆふらっとまんど様には人工頭脳についての情報発信を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA