2016年6月26日 ピクニック in東京のお知らせ

ピクニック0626

2016年6月26日 ピクニック in 東京のお知らせ  (ピクニック0626)

販売価格(税込)
¥500
在庫状態 : 売切れ

ピクニック06266月26日 (日曜日)

ピクニックのお知らせです。

ピクニックとは「交流会、オフ会」のようなものです。

公園でブルーシートを広げ、膝を突き合わせ、手持ち弁当でみんなでワイワイと座談するイベントになります。

各自、ランチをご持参ください。私が大きめのブルーシートを持っていきますが、お手間でなければ、各自ブルーシートもご持参ください。

基本:雨天決行

お気軽にご参加下さい。


※ 必ず最後までお読みください

【参加条件】
・さゆふらっとまうんどの言論に賛同し、活動を応援する人。
・国籍 年齢 性別 不問
 (過去に様々な国の方、1歳から70代の方のご参加がありました。)

【場所・時間】
・ご応募と、入金確認ができた方には「6月22日水曜日」にメールで【場所と集合時間】の詳細をお知らせいたします。

車、電車で利便性のよい東京の公園でピクニックに適した時間になります。

途中で帰るのは自由です。


【ご応募方法】

【要予約制】

・記事一番右下の「カートに入れる」から住所・氏名・連絡先をご記入の上お申し込みください。

・参加お申し込み完了後、自動でお送りする【自動送信メール】というタイトルのメールとは別に、【ピクニックご応募確認完了のご連絡】というタイトルのメールを改めてお送りします。

※【自動送信メール】が来ない方は【ピクニックご応募確認完了のご連絡】を送っても届きませんのでメールフィルターなどの設定後、メールでその旨、連絡ください。

・【ピクニックご応募確認完了のご連絡】というタイトルのメールが来た場合に限り、参加費をお支払いください。
なお、【ピクニックご応募確認完了のご連絡】というタイトルのメールが来ない場合は、またの機会にお申し込みください。

・ご応募と入金確認ができた人には「6月22日水曜日」にメールで【場所と集合時間】をメールでお知らせいたします。入金後すぐには詳細をメールしません。

ご応募氏名と、振込み名義人の名前が一致した方にだけメールいたします。

・参加費は、一人500円 一家族(何人でも)500円です。

ご家族でおこしの際はその旨、ご応募時の備考欄に人数をお伝え参加費をお振込みください。
備考欄にメッセージなど添えて貰えば、わかりやすいです。

・当日、身分証書を提示していただきます。応募時の住所・氏名と、一致していない場合はご参加できません。

【注意】
・「sayuflatmound@gmail.com」 からの受信ができるようにしてからご応募ください

メールフィルターがかかっていてメールが届かない人がいます。特にPCメールドメインからの受信にフィルターをかけている携帯電話アドレスの方は上記アドレスからの受信ができる設定を確認してください。

お振込をした方で、メールが届かない方は「6月23日木曜日」に「お振込日とお名前」を記入の上、メールでお問い合わせください。

・参加検討するので「大体の時間・場所を教えてくれ」等には一切答えません。
途中参加は原則認めません。 遅れる等の連絡には答えません。

・【ご注文内容の確認】というタイトルのメールが来ていない状態で参加費をお振込された場合、参加費の方は支援金とさせていただきます。

私の活動内容からこれらお手間を取らせる参加方法をご理解ください。


 

【禁止事項】
・さゆふらっとまうんどの言論と乖離する発言と流布
・宣教活動
・その他(妨害行為と私が判断した行為)

「禁止事項違反者」「アンチ・工作員」であると判断した人には厳粛な対応をいたします。

ご応募頂いた方は、上記【参加条件】【禁止事項】などの事項に「同意した」ことといたします。


【銀行振込み】

ゆうちょ銀行
ゆうちょう銀行からの振込み
記号番号
10540-91284761
さゆふらっとまうんど

他銀行からのゆうちょ銀行への振込み
〇五八店 9128476
さゆふらっとまうんど


 

<関連記事>

さゆふらっとまうんどピクニック常連さんの「ピクニックに何度か参加して考えたこと。」

【満員御礼】2015年08月09日 「熱中症注意!真夏のピクニック」無事に終わりました。 ~「ピクニック」を開催している理由

16才の少女が「さゆふらっとまうんどピクニック」に一人で参加した感想。

  • いいね! (38)
  • この記事の題材でまた読みたい! (16)
  • この記事を動画で見たい! (9)
売切れ

2016年6月26日 ピクニック in東京のお知らせ」への2件のフィードバック

  1. 吉本七重

    今年3月に参加させていただきました。日程が合わず4月以降参加できないでいます。6月26日もほかの会の集まりと重なって参加できません。とても残念です。
    「不正選挙」「保育園の義務化を狙った保育園落ちた報道」「7歳の男の子と家族を利用しての虐待キャンペーン」「同性愛者やバイの人の利用」、さゆさんのご意見に同感です。近いうちに共闘させていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

  2. 吉本七重

    先ほど送信しましたメールを訂正します。「虐待キャンペーン」という表現は誤解を招きかねないので「しつけを虐待とする常識の敷設」に訂正します。支配者層は虐待を奨励しようとしているのではなく、親のしつけがあたかも虐待であるかのように報道することによって家庭での教育やしつけを支配、コントロールしようとしているわけですから。本当に恐ろしい状況とそれに気づかない(ようにコントロールされている)人びと、という現実を前にこれから私も行動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA