【奴隷教育】処分覚悟で運転ボランティア 部活指導悩む先生 ~教師に過度な責任を負わせる風潮は、教師と生徒の距離を離すため。部活動の委縮が支配者層方針。


WS000041処分覚悟で運転ボランティア 悩む宮城の先生たち

Yahoo!ニュース 5月26日(木)11時30分配信

 

 毛細血管に血が通わなくなるように、過疎地では公共交通機関が減りつつある。ひときわ進んでいるのは津波被害を受けた宮城県の被災地だろう。県北部の海岸沿いでは鉄道が廃止となり、鉄路の上をバスが走るBRTが代わっている。浮上したのは高校の部活動をめぐる不条理だ。BRTはゆっくり走る。生徒が早朝に家を出ても、試合や大会に間に合わない。そんなとき、先生の自家用車が駆り出される――生徒を車に乗せ、運転ボランティアを務めるのだ。だが、県教委は「それはだめです」とぴしゃり。「事故をすると処分」とも明言する。なすすべがないからやっているのに、一つ間違うと処分とは……一体どうするべきか、先生の悩みは深い。

仙台まで片道4時間

 県の北端、気仙沼市の高校の先生はこう訴える。
「生徒が公共交通機関だけで大会の会場まで移動できるのが理想ですが、現実にはとてもじゃないですが無理です」

 もともと公共交通機関が乏しかったが、東日本大震災の津波でそれらも流されてしまった。仙台へ直通していたJR気仙沼線はバス高速輸送システム(BRT)に置き換わり、直通便はない。仙台まで片道4時間もかかるようになってしまった。

「公共交通機関の移動が難しければ運転手付きのバスをチャーターするように県教委は指導しています。野球部のような大人数の部活動でしたらそれはできますが、卓球やテニスなど、少人数のところはどうしたらいいのでしょうか。結局生徒と一緒に車で移動するしかありません」

 当然ながら、部の予算は限られている。県大会への出場者が2、3人しかいないのに、バスを借り上げるなんて不可能に近い。

 必然的に、顧問の先生が生徒と一緒に車で会場に向かうことが普通に行われている。先生はボランティア運転手というわけだ。

被災者に負担はかけられない

 津波で甚大な被害を受けた南三陸町にある志津川高校。教諭の一人が話す。
「震災以降、保護者による送迎や、バイクによる通学が増えました。町のカタチが変わってしまったのですから無理もないでしょう」

 震災前は海沿いや谷間といった低地に人が多く住んでいたが、津波で流されてしまった。その後、南三陸町が掲げたのが場所と働く場所を分ける「職住分離」。住宅だけは安全な高台に移そう、という構想なのだが、これが公共交通機関による通学を難しくした。家からいったん低地に下りてBRTに乗り、志津川駅で降りて高台の学校に登る。つまり、家から坂を下りるという行程が加わったからだ。
「通学に時間がかかるようになったため、公共交通機関で通う人が減ったのです」
震災後、学年当たりのクラス数は1つ減り3学級に。入学定員は満たしていない。

 さらに厄介なのは部活動だ。

 部活動の際、生徒が遠方へバイクで行くことは認められていない。そのため仙台や石巻で大会がある時には保護者による送迎が頼りの綱となっている。南三陸町からBRTと鉄道を乗り継いで仙台駅に行くと、所要時間は約2時間半。仙台行きの高速バスは1日3本しかなく、始発に乗っても仙台駅に着くのは10時半過ぎになる。さらに仙台駅から会場までの移動時間もある。これに対し、車だと会場まで1時間半弱で着いてしまう。

 だが、保護者の送迎にも限界はある。特に海岸部には震災によって経済状況が悪化し、共働きを強いられている家庭も多い。先の教諭はこう明かす。

「公共交通機関での移動が現実的ではないので、結局保護者の同意の上、ということで顧問の車によって送迎するしかないですね。親御さんの車によって送迎してもらうのが一番いいんでしょうけど、ご家庭にばかり負担を強いるわけにもいきません」

 志津川高をはじめ、宮城県内には入学時に保護者から「お子さんを先生の車に乗せることがありますけどいいですか」という同意書を取っている学校もある。教員の車による生徒の送迎なしには、学校運営そのものが成り立たない実態がそこにある。

実態は「理解していない」

 選択肢がないがために教員がボランティアで生徒を運んでいる実態。そのことを学校側も認識し、同意書まで取っている現実。ところが県教委はそもそもそういう実態があること自体を認めていない。

 このような実態を把握しているか、問いに対する県教委の答えはこうだった。
「私達としてはあまり理解していないところです」

 答えてくれたのは、宮城県教育庁スポーツ健康課。県教委の公式見解だろう、担当者は以下のように話した。
「部活の引率時に、教諭の車による生徒の送迎は原則禁止としています。大変ですが、約束としては公共交通機関もしくは保護者の送迎をお願いしております」

 でもそれは建前論。現場ではそれは通用しない、と突っ込むと……。

「私達の立場としては、やはり決められた通りのやり方でやっていただくしかありません。もし生徒を乗せた教員の車で事故を起こしてしまった場合、責任を取りかねる部分がありますから」

 つまり、事故が起きたらどうなるのか?

「処分の可能性も当然出てきます」

「トカゲの尻尾切り」という恐怖

「顧問の車による生徒の送迎は、実は震災で始まったことではありません。そもそも田舎で公共交通機関なんてあってないようなものですから」とある公立高の教頭は明かす。「公共交通機関が割と発達している仙台圏でさえ行われています」

 現場の実態と、県教委の建前論。その乖離は、事故が起きた場合に現場の教諭だけが責任を負う危険をはらんでいる。

 スポーツ健康課の担当はこう話す。

「事故が起きた際にしっかりと対応できなければなりません。そこがなんともならなければ、県からの許可が下りないと私は思います」

 しっかりと対応するのは県教委自身のはずなのに、そこが対応できないから放置する。結果として見えるのは、すべてが現場の責任にされるという恐怖の構図。
ある公立高の若手教師は嘆く。

「結局、我々は事故が起きないことを祈るしかないんですよ。起きたらトカゲの尻尾切りになるのは目に見えてますから。これではバクチと何も変わりません」

(この記事はジャーナリストキャンプ2016石巻の作品です。執筆:河嶌太郎)

河嶌太郎


交通事故が起きたら、それは道路交通法に則って責任が問われるだけであり、先生が生徒を送迎していたことが事故の原因ではない。

なぜ事故の原因が道路交通法の枠をはみ出し、先生の職務上にその責任を置くのか?

そういうと「職務中である教師は生徒の安全を守るべきで、懲罰は当たり前である」と言って来る人がいそうですが、ならば実質教師は生徒を連れて学校から出ること自体ができなくなる。

学校を出れば常に交通事故の危険があることは承知の事実で、意図的に事故へと誘導したわけではないにもかかわらず、教師に責任を負わせるのは、違う目的があるとしか思えません。

しかもその意味不明な責任問題を常識化しているようです。

特に今回の記事で送迎は生徒達の意思を尊重しての行動であることから、先生にだけ責任を負わせることは、生徒の意思を無視している行為でもある。

つまり、教師に「責任、責任」というのはそういう風潮を作り出すことで他の目的を達成しようとしているのです。

現代社会の風潮からその目的を見るならば、「教師と生徒に強い信頼と絆が生まれることを悪とし、距離感を引き離したい意図」を感じざるを得ません。

つまり、部活などを含めた長い時間を教師と生徒は共有し、共に目的を持って行動することは、強い信頼と絆が生まれる。

それを辞めさせ、教師を奴隷育成ロボットの役割にのみ、しようとしているわけです。

それが、昨今の教職への悪イメージ工作、そして教師が性イデオロギーの書き換え、つまり10代とそれ以上の年齢の性交の禁止(人口削減)に利用されていることでも見て取れます。

「教師が、18未満と知りながらみだらな行為」という報道が後を絶ちません。

この手の報道は全てが事実かどうかもわかりませんし、「このような教師が大勢いるという事を公にすることが公益である」という目的で報道されているのではなく、盛んにこのような報道を繰り返すことで、教職への悪イメージ工作を行っているのです。

部活の試合中に痛みを訴えた部員にマッサージをして猥褻で逮捕

そもそも支配者層傘下の文科省の学校教育の目的とは、子供から独自性、独創性を奪い、支配者層が統治しやすい奴隷を作ることなわけですから、教師と生徒の間に素晴らしい人間関係をはぐくんだ教育を通して、自立した勇気と自信に満ちた全体に寄与する公益ある人間を作られては困るわけです。

義務教育とは、奴隷教育である。

これが支配者層方針なわけです。

つまり、この教師に対してなんでも責任を押し付ける目的とは、文科省はその職(生業)を与える代わりに教師の自由を奪い、彼らに「奴隷増産ロボットの身であれ」と暗黙で伝え、同時に生徒と教師の距離を引き裂いているのです。

「教師=奴隷を量産するロボット」に、未来の奴隷(子供)との絆、良質な学生生活はいらない。ということです。

以下のような記事を見ても、先生への責任を過大に押し付け、リスクを負わせることで部活活動自体を委縮させたい支配者層方針が見て取れます。

今後、部活を委縮させる方向に社会は動いていくでしょう。

組体操と同じく、部活動は危険という方向性で自粛へ誘導することでしょう。

体は動かなければ、動かさないほどにどんどん弱ります。

それが目的なのです。

体育祭“10段ピラミッド”崩れ6人重軽傷の原因は、組体操ではありません。


 

「土日は部活の休養日に」 自民議連が中間まとめ

2016年5月27日19時35分 朝日新聞デジタル

 自民党の「教員の長時間労働の是正に関する議員連盟」(会長・塩谷立元文部科学相)は27日、中間とりまとめをした。教員の部活動の負担を減らすため、「大会など特別な場合を除き、土、日曜などを休養日とする」ことなどを求めている。31日に馳浩文科相に手渡す。

 土日を休養日とするのは、生徒の健全な成長の面でも必要と判断。適切な研修などを施したうえで外部指導者を積極的に配置する必要があると指摘した。

 中間まとめは、ほかに「教員が午後6時までに退校できる環境整備を目指す」「教員の担うべき業務に専念する」の2項目を柱に掲げた。給食費の徴収は教員が担うべき業務ではないとして、「事務職員の配置や外部化の促進などを通じ、極力行わせない」としている。議員連盟は今月19日に設立され、この日が3回目の会合。

 文科省は4月、教員の多忙化を踏まえ、学校の業務改善を目指すチームを設置。部活動の外部指導者やICT(情報通信技術)をどう活用するかなどについて議論している。チームは今回の自民議連の提案も踏まえて6月中に結果をとりまとめ、来年度の概算要求に反映させる。


WS000605 WS000606 WS000607 WS000608龍谷高校が準決勝を辞退 部室からたばこの吸い殻(2016/07/23 05:54)

 21日に佐賀県の龍谷高校の野球部の部室でぼやがあり、たばこの吸い殻が見つかった問題で、龍谷高校は22日、夏の高校野球佐賀大会への出場を辞退すると発表しました。

 龍谷高校・徳重清隆校長:「本当に信頼を裏切る結果となりまして、非常に申し訳なく思います」
 21日、佐賀市にある龍谷高校の野球部室から出火し、壁など約15平方メートルを焼損しました。消防などによりますと、出火原因は蚊取り線香の火の不始末とみられ、室内からはたばこの吸い殻約20本が見つかりました。学校によりますと、3年生5人が「6月中旬から数回、喫煙した」と話していて、龍谷高校は22日、24日に行われる全国高校野球選手権佐賀大会準決勝への出場を辞退すると発表しました。


出火原因は蚊取り線香であるにもかかわらず、なぜたばこの吸い殻が見つかったのか?

これではたばこが原因でぼやを起こし、甲子園出場を辞退したみたいではないかと、昨日のツイキャスで言いました。

この報道の目的も上記の流れを加速させるためです。


 

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

保育園落ちたコンビニでがん検診不妊

ご支援のお願い

 

  • いいね! (93)
  • この記事の題材でまた読みたい! (55)
  • この記事を動画で見たい! (51)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA