現代社会ではなって当たり前である「産後うつ」の利権構造確立の為の報道 〜妊産婦自殺10年で63人…東京23区 産後うつ影響か


hoken<妊産婦自殺>10年で63人…東京23区 産後うつ影響か

毎日新聞 4月24日(日)2時30分配信

 

 自殺で亡くなった妊産婦が東京23区で2005~14年の10年間に計63人に上ることが、東京都監察医務院などの調査で分かった。妊産婦の自殺数についての本格的な調査結果が明らかになるのは初めて。出産数に占める割合は10万人あたり8.5人となり、出血などによる妊産婦死亡率の約2倍に上る。妊娠・出産期の死因として自殺が最も多いことになり、メンタルケアの充実などが急がれる。【阿部周一】

 日本産科婦人科学会などの調査依頼に基づき、同院と順天堂大の竹田省教授(産婦人科学)が調査し、23日、都内であった同学会で報告した。23区の05~14年の自殺者の記録を調べた結果、「妊娠中」の女性23人「出産後1年未満」の女性40人の計63人が含まれていることが判明した。自殺の時期では、「妊娠2カ月」の12人、「出産後4カ月」の9人が多かった。

 「出産後1年未満」の6割に、うつ病や統合失調症などの精神疾患の通院歴があった。うち半数が産後半年ごろまでに発症するとされる「産後うつ」だった。また、「出産後1年未満」の4割、「妊娠中」の6割には精神疾患での通院歴はなかったが、中には育児に悩むものの受診を拒否していた人もいたという。

 05~14年の23区内の出産数は計74万951人。都が集計した出産数10万人あたりの妊産婦死亡率は4.1人(05~13年平均)で、自殺者は約2倍になる。

 同学会は来年改定する診療ガイドラインに、妊産婦の精神面をチェックし、産後うつになる危険性の高い女性を早期に見つける問診などの具体策を盛り込む方針。竹田教授は「自殺がこれほど多いとは驚きだ。全国的な数を把握し、自殺のリスクが高い女性を医療と行政が連携してフォローする必要がある」と提言した。

 ◇解説 精神面のケア充実を

 国内の妊産婦死亡率は、医療技術の進歩などで年々減少し、ここ10年は出産数10万人当たり3~4人前後と、50年前の84人から大幅に低く、より安全な出産が可能になった。しかし、今回の東京都監察医務院などの調査で、これまで集計から漏れていた「自殺」を加えると、妊産婦の死亡率は拡大することになる。

 調査では、出産後に自殺した人の3分の1が産後うつだったことが分かった。産後うつは、ホルモンバランスの変化や育児の悩みなどから、国内で出産した女性の約10人に1人がなるとされる。また自殺した妊産婦の約半数が精神科の通院歴があった。妊娠中や出産後は社会から孤立しがちな上、胎児や母乳に影響する心配から薬の服用を中断して症状の悪化を招くケースが多いという。精神科と産婦人科が連携し薬の処方を調整するなど、適切なフォローがあれば救えた命があった可能性もある。

 最近では助産師や保健師が妊産婦の精神面の簡単な相談に応じられる体制が整いつつあり、専任職員付きの相談窓口を設置する自治体も増えている。妊産婦の自殺は、国内で年間3万人近くが自ら命を絶つ状況に比べれば少ないが、残された家族への影響は大きい。お産をより安心・安全にするため、メンタルケア充実が不可欠だ。【阿部周一】


2005~14年の10年間、東京23区で自殺で亡くなった妊産婦63人の内訳は

>「妊娠中」の女性23人と「出産後1年未満」の女性40人の計63人

とのことですが、23人は「産後うつ」ではなく妊婦うつです。

妊婦さんは出産を控え、我が子の誕生に希望が膨らむ時期なわけですが、そんな時期に子供の命を奪うことも意味する自殺した妊婦さんが都内で10年間で23人。

この数字が多いのか少ないのかわかりませんが、確かに言えることは精神疾患という状態を、妊産婦という状態に特化してみることはなんら意味がないということです。

なぜなら社会毒が蔓延し、個人主義を推進し、人間関係が希薄が意図的に作られている現代社会を生きる私たちにとって精神疾患は、妊産婦に限らずとも、なって当たり前の社会設計がされているからです。

そして同時に「子供を産みにくい社会環境」に社会設計がされています。

つまり、大衆総精神疾患化させているのがこの現代社会なのです。

それを妊産婦に限定して「産後うつになる危険性の高い女性を早期に見つける問診」などとは、患者の救済が目的ではなく、「産後うつ」という新しい概念を作り上げ、新しい利権構造を確立しようとしていることに他なりません。

そして並列した目的として、妊婦を薬付けにし、新ママを薬漬けにすることで、子供を奪う為の常識の書き換えに利用もでき、出生率低下による人口削減にもなり支配者層の方針とも合致しています。

私は、「産後うつ」というのものを概念を生み出し、利権化させることに危惧したから下の動画を作りましたが、すぐに削除されました。

「産後うつ」という新利権を確立しようとしている時にこの動画が広がることは医療業界にとって大打撃です。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

産後うつコンビニでがん検診不妊保育園落ちた

  • いいね! (251)
  • この記事の題材でまた読みたい! (228)
  • この記事を動画で見たい! (233)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA