また相思相愛を誘拐で逮捕。10代女性は飲食店でバイトしていた。~少女誘拐の疑い、静岡県職員を逮捕 8カ月一緒に暮らす。


WS000181少女誘拐の疑い、静岡県職員を逮捕 8カ月一緒に暮らす

2016年4月22日01時11分(朝日新聞デジタル)

 静岡県内の10代半ばの少女を誘拐し、一緒に暮らしていたとして県警沼津署は21日、県職員吉田成輝容疑者(26)=同県沼津市大岡=を未成年者誘拐の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 署によると、吉田容疑者は昨年8月上旬、未成年であることを知りながら、顔見知りだった県東部在住の少女を自宅に誘拐した疑いがある。吉田容疑者は元々一人暮らしで、少女は吉田容疑者の自宅で約8カ月間にわたって一緒に暮らしていた。吉田容疑者は、少女に親へ連絡するよう勧めたという趣旨の供述をしているという。

 少女の親に21日、吉田容疑者宅に少女がいるらしいとの情報が寄せられ、通報を受けた署員が吉田容疑者宅を訪問。少女を発見し、保護した。少女にけがはなく、約1カ月前から飲食店で働いていたという。


下の動画・記事で言った通りです。

若年層との交際を「誘拐」とする社会方針は「人口削減計画」なのです。

出生的観点から言えば、若年者との交際より、年配者との交際のほうが「悪」であり、一昔前はそのような常識が当たり前にありました。

「跡取りはどうするのだ。」と言える時代があったのです。

しかし「頑固」「古い」「男尊女卑」「女性差別」いうマイナスイメージ戦略で、そのように言える人(主に大黒柱、一家の長)が、駆逐されてしまいました。

年配女性との交際に対して否定的な方が生物学的にも、子孫を残す為にも自然な事なのです。

ただその意見を他人に押し付ける人間の問題点は、全く別問題です。

にもかかわらず、その「押し付ける人」、つまり他の問題を抱える人物の言う正論が「悪である」とすり替えた。

つまり、多角的要素を持つ「人」の一片の悪イメージを、正論と一緒くたにしてしまうことで、正論を「悪」とする戦略であり、そのような方法で生物学的に健全な概念自体を「悪」とすり替えられています。(もちろん多々ある戦略の一部)

若年層の交際を「悪」とすることは、生物の普遍性と逆行しているのです。

それを若年層の交際を「悪」とする、つまり出生率が下がる方向性に社会通念を捻じ曲げて常識を書き換えることは、「人為的に行われている」ということです。

もう一度と言いますが、なぜならそれは生物の普遍性と逆行しているからです。

今回の事件は26歳と10代の交際で逮捕です。

それも女性は仕事をして自分の意思で彼と暮らしていたのは明白なのです。にもかかわず誘拐で逮捕。

これが現代社会なのです。

この現状になぜ誰も何も言わないのでしょうか?

これは人類史上、大きな方向転換であり、大変大きな出来事なのです。

我々は声を上げなければいけません。

それらはすべてはNWOの為であり、昨今の方針としては貧窮化、女性の労働力化などの方針に沿っています。

今一度、動画「<病気を生む社会構築>コンビニでガン検診・不妊定義変更・不妊治療保険解禁 〜晩婚化と人口削減」をご覧ください。
WS000183WS000184WS000186WS000187


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

コンビニでがん検診不妊

<関連記事>

現代版・人口削減計画は「性イデオロギーの書き換え」である。〜相思相愛でも「誘拐」

不妊治療保険、月内にも解禁 金融庁方針 ~晩婚化は統治戦略だけでなく、医療 ・保険業界利権にも広がります。

「浮気」という概念を敷設して大衆間で揉めさせることは支配者層の統治戦略です。~「仮に10年前の不倫であっても夫婦間の不貞行為は慰謝料請求することが可能である」と報道。 

乳児を殺したのは我々です。この男女ではありません。~自宅で出産、放置か…高校生男女を逮捕

政治家のみならず不可抗力でバッシングに値することは皆にあります。 なぜなら、全員「社会通念」「常識」「法」から逸脱するようにそれらは社会に設定されているからです。

テレビドラマとは、常識の敷設、書き換えの為に存在している。


 

朝霞市

朝霞市2

朝霞市 3

朝霞市 4

  • いいね! (135)
  • この記事の題材でまた読みたい! (97)
  • この記事を動画で見たい! (78)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA