「最低時給1000円と自民が提言」の目的は、派遣労働者の賃金をアルバイト・パートの賃金へと押し下げることです。


WS000035WS000036 WS000037最低時給1000円と自民が提言 パートなど待遇改善へ(2016/04/08 18:42)

 格差を減らすため、最低賃金を時給1000円まで引き上げる提案です。

 自民党は、正社員の6割以下にとどまっている派遣やパートなどの非正規雇用者の時給をヨーロッパ並みに正社員の時給の7割から9割に引き上げるべきだとする提言をまとめました。具体策として、最低賃金の時給を2020年ごろに全国平均で1000円に引き上げることなどを挙げています。提言を受けて政府は、来月まとめる「1億総活躍プラン」や反映させる方針です。


この「最低時給1000円と自民が提言」の目的も簡単なことです。

一言で言えば「派遣労働者の賃金を減らすための布石」です。

下記記事で「正社員の労働を非正規労働者の労働に合わせる(賃金を下げる)ことが、同一労働賃金の目的である」と言いました。

「同一労働同一賃金」 具体的方策議論する有識者検討会始まる ~正社員の労働を非正規労働者の労働に合わせ、貧窮化を進めることが目的でしょう。

今回もそれと全く同じことです。

パート・アルバイトの賃金に派遣労働者の賃金を合わせる為に、パート・アルバイトの賃金を上げようとしているのです。

その時も「同一労働・賃金」を謳うことでしょう。

そしてこれは貧窮化だけでなくもう一つの大きな効果化があります。

それは「中小企業を人件費の圧迫で潰せる」ということです。

先日中小の賃上げが大手を上回った発表に対して、その理由を「業績が厳しくても、大手との賃金格差をこれ以上放っておけないという、中小企業の危機感」と報道されていました。(下に記事添付)WS000040この賃上げが本当の数字なのかわかりませんが、中小への圧迫の流れが起きているのは間違いありません。

現状でも内部留保を抱えている大企業の賃金に合わせなければ中小に人材が集まりませんので、人件費が中小経営を圧迫しているわけですが、それが最低賃金・時給1000円で益々加速するわけです。

そして中小潰しの流れは、同時にパートアルバイトの権利向上の流れで加速します。(下に記事添付)
WS000038

つまり、今回の記事は「近い将来の派遣労働者の賃金カット(同一労働・賃金の名目で派遣労働者の賃金をアルバイト・パートに押し下げ)」、そして「中小を潰して大企業をより拡大させる為」に好都合な戦略なのです。

今回の報道を受けて、「時給が1000円になる」と喜んでいるのは無知な人くらいでしょう。

例えば喜んで良い労働変革を言うなら、「派遣労働の禁止、派遣労働業の解体」で、その中間搾取されている金を労働者に分配するなら、少しくらい喜んでもよいでしょう。



WS000041 WS000042 WS000043 WS000044中小企業の賃上げ額 初めて大企業を上回る

日本テレビ系(NNN) 4月4日(月)15時55分配信

 今年度の給与などを決める春闘で、中小企業の賃上げ額が大企業を初めて上回った。働く世代が減る中、中小企業が人材を確保するには給与を上げざるを得ないと判断したとみられている。

 自動車や電機などの労働組合で構成する金属労協によると、3月31日時点で、労使の交渉が終わっている企業の賃上げ額の平均は、1000人以上の企業では1122円、300人以上999人以下の中堅企業は1128円、299人以下の中小企業は1281円だった。

 規模が小さい企業ほど、賃上げ額が大きい結果となったが、この傾向は、1995年に金属労協が規模別の集計を始めて以降、初めてだという。

 背景について金属労協は、労働力が減る中、働き手を確保するには、「業績が厳しくても、大手との賃金格差をこれ以上放っておけない」という、中小企業の危機感があったと分析している。


WS000045男子高校生、コンビニに団体交渉 運営会社に改善策申し入れる

03/16 07:56

男子高校生が、コンビニエンスストアに団体交渉を行った。
高校3年のAさん(18)は、コンビニでアルバイトとして勤務中、レジで生じた金額の誤差を自腹で支払わされていた。
改善策を申し入れた高3の男子生徒Aさんは「(自腹は)いって500円程度だった、僕自身は。朝方の方では、やっぱり1人7,000円とか6,000円とか払っていたみたい」と話した。
Aさんのある日の出勤記録。
さらに、アルバイトの賃金については、午前8時46分に出勤し、午後5時19分に退勤しても、15分単位の計算となり、勤務時間は、午前9時から午後5時15分までとされていた。
Aさんは団体交渉の結果、未払い賃金などを受け取ったが、15日、コンビニ運営会社に改善策を申し入れた。
運営会社は「労働時間は、1分単位で支払われるべきと推奨している。今回の件をふまえ、2月に再度周知を図った」とコメントしている。

  • いいね! (623)
  • この記事の題材でまた読みたい! (556)
  • この記事を動画で見たい! (555)

関連記事

「最低時給1000円と自民が提言」の目的は、派遣労働者の賃金をアルバイト・パートの賃金へと押し下げることです。」への2件のフィードバック

  1. 希望の光

    【「同一労働同一賃金」 具体的方策議論する有識者検討会始まる ~正社員の労働を非正規労働者の労働に合わせ、貧窮化を進めることが目的でしょう。】で、
    さゆさんの言葉で、「自分さえ良ければ良い」という考えは、いずれ自分の首を絞めることになることを肝に命じてください。・・・とおっしゃられています。全くその通りです。
    世の為、人の為に、善意を持って尽力することの美しさを1人でも多くの人が認識する必要があると私は考えております。心が幸せで満たされる、人間として生きる上での本当に正しい幸せを大切にする必要があると思うのです。それは、社会的地位・権力・名誉、そして金では決してない、かけがえのないものです。
    今が良ければそれで良い・・・では決してありません。
    心の豊かさをもっともっと、拡げてゆく必要があると私は考えております。

  2. 米澤 敦晴

    「同一労働同一賃金」というのは、非正社員と正社員の賃金の格差を縮めることにより、非正社員を増やそうとしている国策に対して不満を向けさせないためのものだと思う。「同一労働同一賃金」という上辺だけの報道によって、正社員と大して賃金が変わらないなのであれば、別に非正社員でもいいかと庶民は洗脳され、自分たちが国によって虐げられている現実にまったく目を向けられなくなってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA