【武力事態法改正】自衛隊員の方々。武力行使は目の前です 法律ですから違反者は犯罪者です


日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険

 

イコール

わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した場合

ですから、日本はどこの国とでも戦争が出来る

つまり、ユダヤアメリカの一部の私益の為に日本人の命が使われると言うことです

日本人がテロリストになるということです

<集団的自衛権>「危険切迫」で行使可能 武力事態法改正へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140712-00000012-mai-pol

毎日新聞 7月12日(土)7時15分配信

 集団的自衛権の行使を可能にするための法整備を巡り、政府は11日、武力攻撃事態法を改正し、日本が外国から攻撃を受ける前でも武力行使できるようにする方針を固めた。同法は武力行使を「(外国からの)攻撃が発生した」場合に限定して認めているが、「攻撃が発生する明白な危険が切迫している」場合でも武力行使を可能とする。日本の安全保障法制の大きな転換点となる。

 来年の通常国会での改正を想定している。同法は、有事の際の自衛隊や地方自治体の対処方針の概要などを定める。現行法は外国からの武力攻撃に対しては「武力の行使は、事態に応じ合理的に必要と判断される限度においてなされなければならない」とし、自衛隊の武力行使は日本が攻撃を受けた場合に限っている。

 1日の安全保障に関する閣議決定は「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した場合」でも、日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険があると認めれば、武力行使が可能だとした。改正で、自衛隊が集団的自衛権に該当する活動に従事する際の法律上の根拠とする。

 同法は、防衛のための自衛隊出動には国会承認が必要と定めており、日本が攻撃を受けていない場合の出動にも同様に国会承認を義務付ける。武力行使の程度に関しても、現行法と同様に「事態に応じ合理的に必要と判断される限度においてなされなければならない」との制約を盛り込む。【青木純】

  • いいね! (4)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【武力事態法改正】自衛隊員の方々。武力行使は目の前です 法律ですから違反者は犯罪者です」への1件のフィードバック

  1. 通りがけ

    121. 2014年1月02日 00:54:42 : rWn9PLlcps
    http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/472.html#c121
    武士道の「武」の文字は「戈を止める」と書く表意文字である。
    http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/472.html#c59
    一円融合のこのエントリーの最後に書かれたつぎの文章がまさに日本武士道を語り尽くしている。↓

    ・・・だが気づいた。戦争とは罪もない女性、子供を殺すことだ。自分にはそれはできない。
    じゃあ、軍人にその責を押し付けるか?それは卑怯だ。出した答えが、丸腰でも精神
    の高潔さで相手に刀を抜かせない、闘わずして勝つ、それが真の武士道だということ。

    それはつまり、平和主義、戦争放棄の憲法前文と9条だった。

    2013/12/07/Sat | 日本と日本人・・・
    http://ichienyuugou.blog.fc2.com/blog-entry-927.html

    ◎大和魂武士中田厚仁「武士道とは死ぬことと見つけたり」

    中田厚仁さんが命がけでカンボジアに実現した「手作りの公明正大な選挙」こそが日本国憲法前文にある「正当な選挙」である。
    そして自分が死んでもほかの人々のために正義を教え示す菩薩の行いを貫き通すこと、これこそが大和魂武士道であり仏教徒である日本人が守り通す釈尊「八正道」の教えにしたがう真理(ダルマすなわち法)の行いである。

    「 だけれども僕はやる・・・中田厚仁」
    http://ichienyuugou.blog.fc2.com/blog-entry-988.html

     カンボジアで選挙監視員中田さんが担当していた、最も危険だったコンボトム州の投票率は99.99%です。考えられないような高投票率でした。選挙は大成功でした。

    ねずさんの ひとりごと 2011年01月14日(以下略)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    忠孝の大和魂武士道は佛天子が帰依する三宝に帰依する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA