アメリカの評論家「アメリカのオバマ大統領は、中東のテロ組織を支援している」と語る


ユダヤ率いるアメリカはテロリストとつるんで、資金援助して、国を挙げて私的な利益誘導をしている
911も311もイラク戦争もウクライナ紛争もパレスチナ空爆もすべて裏でユダヤアメリカが作り上げた有事だ

そして、最悪な事に、現日本政府もユダヤアメリカの犬である

安倍政権のやることなすこと、日本国民にとってすべてが不利益。

そいつらが集団的自衛権行使容認する意味は、
日本は悪魔と同盟関係を結んでいて、積極的平和、そして正義を振りかざし
日本人が悪魔の私欲の為に利用されることを意味する

 
米アナリスト、「アメリカはテロ組織ISISの支援について釈明すべき」

 

アメリカのジャーナリストが、アメリカはテロ組織「イラクとシャームのイスラム国」を支援していることについて答えるべきだとしました。

プレスTVによりますと、アメリカの週刊誌エグゼクティブ・インテリジェンス・レビューのフリーマン編集長は、「アメリカのオバマ大統領は、中東のテロ組織を支援している」と語りました。
フリーマン氏はまた、テロ組織「イラクとシャームのイスラム国」は地域全体や世界にとっての危険因子である」とした上で、「オバマ大統領は、イラクに軍隊を駐留させたことにより、同国の憲法に違反している」と述べました。
さらに、「アメリカは、サウジアラビアと共に、ヨルダンなど中東諸国にある拠点で、この組織のテロリストに対する訓練や金融面での支援に関与している」としています。
アメリカの政府高官はこの数ヶ月、常に、シリアのテログループに対し、資金や兵器面での支援を行っていることを認めています。
  • いいね! (14)
  • この記事の題材でまた読みたい! (3)
  • この記事を動画で見たい! (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA