不妊治療保険、月内にも解禁 金融庁方針 ~晩婚化は統治戦略だけでなく、医療 ・保険業界利権にも広がります。


hoken不妊治療保険、月内にも解禁 金融庁方針 出生率1.8実現あと押し

産経新聞 3月15日(火)7時55分配信

 

 高額な不妊治療にかかる費用を保障する保険商品の販売を、金融庁が早ければ3月中にも解禁することが14日、分かった。晩婚化で初産年齢が高まり不妊治療を希望する夫婦が増えるなか、保険会社に対応商品の販売を認め、治療時の負担軽減につなげる狙いだ。

 金融庁は3月上旬、関連する保険業法の施行規則の改正案に対する一般の意見受け付けを終了した。遅くとも4月中には販売解禁となる見通しだ。

 体外受精や手術による精子の採取などの不妊治療には、現在少なくとも1回30万円程度かかるケースが多い。ただ、公的医療保険は原則、適用対象外のため、負担の重さから治療を諦める夫婦も少なくないという。

 不妊治療保険の解禁方針を受け、生命保険各社は商品設計の検討に入る。

 病気の治療に備える医療保険の特約として、加入後に不妊症と判明すれば保険金を支払う形態などが想定されている。顧客との接点が増え、契約拡大につながると期待する声も少なくない。

 ただ、同保険の扱いをめぐっては生保各社から懸念の声もある。受診医療機関ごとに治療方法の判断基準が異なるなどの課題があり、制度設計に時間がかかるとみられるためだ。

 安倍晋三政権は人口減問題への対処に向け「希望出生率1・8」を打ち出し、不妊治療対策をはじめ出産支援の拡充に乗り出した。それを踏まえ、金融庁はいち早く保険商品の解禁に乗り出す。

 今年1月には厚生労働省が不妊治療に関する助成制度を拡充。体外受精などに対する初回の助成額の上限を30万円に倍増したほか、男性が精子を採取する手術を受けた場合、新たに1回15万円を上限に助成することにした。支援の枠組みは着実に整いつつある。


性イデオロギーを書き換えて10代から性を奪い、晩婚化する社会整備を進めることは、

・医療業界
・保険業界

を潤すことに繋がることがこの記事で露呈しました。

支配者層の統治計画の一環である「人口削減」から端を発した制イデオロギーの書き換えは、企業がその方針に群がり利権に繋がります。

以下のようなモデルケースは、珍しい物でもなんでもなくなっています。


 

中高大と無意味な勉強をさせられ、家庭を持つなどもっての他であるという常識が敷設されている。

その後も、生活の為と経済的安定を求めて20代は仕事をし、子供を産むことができる準備がようやく整った30代、生を受けてから数十年間に受けた様々な社会毒で「不妊」になる。

不妊治療で金銭的な貯えを奪われた挙句、待望の我が子が生まれてきてくれたとしても、働かなくては生活ができず、子供は施設に預け、子供との時間は労働力へとすり替えられる。


 

これは人為的に設計されているのです。


(関連記事)

「不妊」の定義変更へ、2年間から1年間に ~潜在患者数を増やす為の金目的

産後うつは病気ではありません、現代社会に生きるなら当たり前の現象です。~産後うつ問診で早期発見へ 日産婦など対策指針

現代版・人口削減計画は「性イデオロギーの書き換え」である。〜相思相愛でも「誘拐」

乳児を殺したのは我々です。この男女ではありません。~自宅で出産、放置か…高校生男女を逮捕

↓ クリックで動画へ

保育園落ちた

  • いいね! (286)
  • この記事の題材でまた読みたい! (233)
  • この記事を動画で見たい! (229)

関連記事

不妊治療保険、月内にも解禁 金融庁方針 ~晩婚化は統治戦略だけでなく、医療 ・保険業界利権にも広がります。」への3件のフィードバック

  1. よしこ

    時代とともに「当たり前」や「基準」が変わること、意図的に変えられること、覚えておきたいことの一つです。

    例えば「高血圧」に該当する数値、近年で変化していることもその一つでしょうか。「病」の該当者が増えることによって、人はその治療にお金をかけ、結果、潤う人がいる。本当に「治療」すべきなのかの判断と、治療すべきとしても「自ら治す」姿勢が大事ですね。

    医食(薬食)同源と思います。

  2. チューリップ

    不妊治療をして本当は不妊でないのに不妊になったりべつの病気になる人が増えるでしょうね。不妊の一番の原因は、結婚の高齢化と働き過ぎ(男女とも)甘い物の食べ過ぎによる冷えですね。

  3. ゆーたろ

    どんどん、nwoが、完成していきますね。
    添加物で、子どもが妊娠しにくくなり、添加物で免疫力が低下してガンになり、ガン治療で、更に免疫力が落ちていく。
    しくじり先生で、お笑いグループ はんにゃの方がガンになったと告白していましたが、ガン保険に入ってなくて、と言って皆さんは入った方がと言っていました。
    ここを訪れたいる方は、もちろんお判りでしょうが、何も考えてない方は、オレも入ろうかなと思うのでしょうね。

    そのお金で、本当意味の無添加の食材を買って調理する方が、ガンにならなくて済むのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA