<児童ポルノ法>東京地裁、CGポルノに有罪判決「写真と同一」 ~本日、アニメ・漫画規制へ 大きな一歩


WS000530CGで裸の女児、児童ポルノか芸術か 裁判で争点に

朝日新聞デジタル 2月22日(月)11時36分配信

 

 コンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児をリアルに描いて販売したら、児童ポルノにあたるのか。そんな争点の刑事裁判が東京地裁で続いている。検察側は「CG技術を悪用した犯行」として懲役2年罰金100万円を求刑。弁護側は「芸術作品で、無罪だ」と訴える。判決は3月15日に言い渡される。

 裸の女児の写真データを素材とし、パソコンで児童ポルノ34点を作製して販売したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造など)の罪に問われたのは岐阜市のグラフィックデザイナーの男性被告(55)。警視庁によると、CGを児童ポルノとして摘発した初めての事例だった。

 被告が参考にしたのは、1980年代に出版された写真集。問題のCGは一見すると写真にも見える精巧なものだが、元の写真にはない体のパーツが描かれたり、構図やポーズが違ったりするものもあった。

 昨年暮れの論告で検察側は「実在する女児の写真を元に極めて似せて描き、うち数点はほとんど違いが分からない」と指摘。弁護側は「実在の児童を描いたものではなく芸術作品。これを罰することは芸術を踏みにじるものだ」と訴えた。

 昨年10月にあった被告人質問では、本人が制作の意図や過程を詳しく語った。

 被告は画家の父に幼い頃から絵筆を持たされ、中学生の頃には写真にも興味を持つように。高校の美術科で絵画を学び、美大に進んで写真を専攻した。

 自らが目ざすことについて「理想の人体を描くこと」と説明。「男女問わず人間の体は美しく、それが一番あらわになるのがヌード」と述べた。少女の写真集を参考にした理由は「被写体が素人で、予定調和の世界にはない魅力を感じた」と語った。

 元の写真をなぞったり、スキャンした画像をそのまま使ったりしたことはなく、頭の中で構図やポーズを考えて一から描いたと証言。元の写真にはない筋肉の陰影や、薄く透けて見える毛細血管なども描き、1枚に数カ月をかけたという。ただ、顔は「記号性があり、固有の顔に寄せないと顔として成り立たない」と述べ、元の写真に似せたと認めた。

朝日新聞社


東京地裁、CGポルノに有罪判決「写真と同一」

2016/3/15 15:35

 コンピューターグラフィックス(CG)で描いた少女の裸の画像を販売したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われたグラフィックデザイナー高橋証被告(55)=岐阜市=に、東京地裁は15日、懲役1年、執行猶予3年、罰金30万円(求刑懲役2年、罰金100万円)の判決を言い渡した。

 被告は「自らが理想とする架空の人体を描いたもので、芸術作品だ」と無罪を主張していたが、三上孝浩裁判長は「持っていた少女のヌード写真を使って作成した。同一性が認められ、CG画像であるとはいえ、写真と比べて悪質性が低いとはいえない」と指摘した。


<CGポルノ裁判>被告人に「有罪判決」懲役1年・執行猶予3年ーー児童ポルノ法違反

弁護士ドットコム 3月15日(火)14時17分配信

コンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児をリアルに描いて販売したら「児童ポルノ」にあたるか否かが争点となった刑事裁判で、東京地裁は3月15日午後、児童ポルノ法違反(製造・提供)の罪に問われたグラフィックデザイナーの男性被告人に、懲役1年、罰金30万円、執行猶予3年の有罪判決を下した。

問題とされたのは、少女の裸体をテーマにした「聖少女伝説」「聖少女伝説2」という2つのCG画像集だった。起訴されたのは、「聖少女伝説」のCG18点、「聖少女伝説2」のCG16点の計34点だった。裁判所は、「聖少女伝説2」のCG3点について児童ポルノ性を認め、残り31点のCGについて児童ポルノ性を否定した。

男性は、裸の女児の写真データを素材として、パソコンで児童ポルノ34点を作成してCG画像集2冊を販売し、児童ポルノ法に違反したとして、起訴された。検察側は、懲役2年、罰金100万円を求刑していた。

裁判では「画像は、実在児童の写真をトレースなどして作ったもので、児童ポルノにあたる」とする検察側と、「実在しない人物を描いたイラストだから、児童ポルノではない」などとする弁護側が、真正面から対立していた。

弁護士ドットコムニュース編集部


児童ポルノ法改正案の審議時には、18歳以下に見える2次元の媒体、つまりアニメや漫画は規制対象になるのか?という議題が上がり、そこは規制対象にはならないということでした。

しかし今回の摘発のように、似ている似ていないで、CG制作までも児童ポルノに抵触となると、それは確実に漫画・アニメの範疇に児童ポルノが入ってきます。

そして本日CGであるにもかかわらず、写真と同一と判断され有罪です。

児童ポルノとは、若年との20代以上の関わりを経つことで、人口削減をする為の常識の書き換えに他なりません。

そしてそれだけではなく、若年から性を奪うことで、医療保険業界の不妊利権にも繋がります。

不妊治療保険、月内にも解禁 金融庁方針 ~晩婚化は統治戦略だけでなく、医療 ・保険業界利権の為に必要でした。

今回の摘発について余談ですが、有罪判決でもわかるように、2次元へと児童ポルノ規制を広げるために、「裸の女児の写真データを素材とし、CGで裸の女児をリアルに描いて販売」という、製作者と検察のマッチポンプではないか、という可能性も見ています。

そこらへんの真実は当人しかわかりませんが、少なくとも検察は児童ポルノの概念を広げることを狙って今回摘発してるのでしょう。

今日の判決で今後、確実に2次元の世界へと児童ポルノ規制を広がりを見せます。

それらのように大衆統治の為に都合がいい支配者層の方針が児童ポルノに隠されているものなのです。


(関連記事一覧)

現代版・人口削減計画は「性イデオロギーの書き換え」である。〜相思相愛でも「誘拐」

乳児を殺したのは我々です。この男女ではありません。~自宅で出産、放置か…高校生男女を逮捕

ついに児童ポルノ法単純所持で書類送検 ~子供への性愛は駄目と強く社会敷設することは、子供を愛すこと自体を悪とする布石です。

児童ポルノ改正案は、虐待している親や、幼児性愛者だけが取り締まられる法律ではありません。

「血まみれになる」アグネス・チャンさんに対する殺害予告 警視庁が警戒強める ~児童ポルノの矛盾を言及することを萎縮させることが目的

<NWOへの法整備>今日7月15日から「児童ポルノ」の所持禁止スタート。


 

  • いいね! (240)
  • この記事の題材でまた読みたい! (197)
  • この記事を動画で見たい! (190)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA