小野寺まさるの「私の一存では対応できない」と長尾たかしの「別に問題ない」の共通点


WS000031

https://twitter.com/sayuflatmound/status/484572720420515840

【中学生LINEで徴兵制反対】八百長という「前衆議院議員 長尾たかし」とTwitterで集団的自衛権について会話しました。皆さんどう思いますか?

WS000030WS000095

WS000032なにか他の権力に向けて発しているように感じる
この二人の発言の背景には同じ意味がある

つまり

国家権力の方を向いて、自分の地位やステータスを保持するのに「別に問題は無い(発言)」
であり

国家権力の方を向いて、行っている自分の行動を取材されても「私の一存では対応できない」

つまり、国民の方を向いていないと言う背景が二つの発言には見て取れる

小野寺まさるの役割は似非右翼の統括と昔の橋本市長のように過激発言で目立つことで、国民の怒りの感情を向けさせ「目くらまし」「空騒ぎ」させることにある 自民党マッチポンプなのでとらわれないように

粛々と戦争の繋がる動きに目を光らせていきましょう

 

  • いいね! (15)
  • この記事の題材でまた読みたい! (1)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

小野寺まさるの「私の一存では対応できない」と長尾たかしの「別に問題ない」の共通点」への1件のフィードバック

  1. JAZZMAN

    こんにちは。

    ネトウヨのコメントも代議士を名乗る人物のコメントも何ら変わりない。
    この人物について知らなかった私は、てっきりネトウヨのコメントかと思った。

    こうした代議士の質の低下も、日本が今直面している最大の不幸の一つでしょう。
    ネトウヨもこの代議士も、似非右翼にすぎない。

    人物の写真に写る日の丸が泣いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA