「日本・北朝鮮制裁」「韓国・THAAD導入」の為の、2016/2/7北朝鮮偽ミサイル(人工衛星)


WS000423WS000424日本独自の制裁を決定 北朝鮮ミサイル発射受け(2016/02/10 18:14)

 

 政府は10日午後にNSC(国家安全保障会議)を開催し、北朝鮮のミサイル発射や核実験を受けての日本独自の制裁措置を決定しました。

 新たな制裁措置として、核やミサイル技術者の再入国を禁止することなど、人の往来に関する規制の対象を従来よりも拡大しました。また、2014年に北朝鮮が拉致問題の調査を再開したことを受けて緩和していた朝鮮総連幹部の再入国を禁止することや、北朝鮮に10万円以上の現金を持ち出す際の届け出義務を復活させました。政府は、これらの措置について週内にも閣議決定する方針です。

2016年02月08日(Mon)12時05分11秒入国禁止、資産凍結対象を拡大=独自の北朝鮮制裁発動

時事通信 2月10日(水)18時18分配信

 

 政府は10日夕、国家安全保障会議(NSC)を首相官邸で開き、北朝鮮に対する日本独自の制裁措置の発動を決めた。
 核実験や長距離弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮籍者の入国禁止や、資産凍結の対象拡大などが柱。国連安全保障理事会での制裁決議採択に先行させ、毅然(きぜん)とした姿勢を示す方針で、早期の閣議決定を目指す。
 安倍晋三首相は10日、記者団に対し「北朝鮮に対し断固たる制裁措置を決定した。拉致・核・ミサイル問題解決のため国際社会とより緊密に連携する」と述べた。
 独自制裁には、(1)核・ミサイル関連技術者の再入国禁止(2)全ての北朝鮮船舶と北朝鮮に寄港した第三国船舶の入港禁止―なども盛り込まれた。


日本国内の北朝鮮人脈の無力化を狙っているのでしょう。

北朝鮮と近隣諸国はグルですから、北朝鮮がミサイル(人工衛星)を発射することで、その対応と称て目的が追行されるわけです。

つまり、「マッチポンプ」、「プロレス」です。

「規制強化の為の軽井沢スキーバス事故」と同じことです。

北朝鮮制裁の為に、北朝鮮が発射した人工衛星を「ミサイルを打ち上げた。」煽っているわけです。

その目的は各国で複合的要因があります。

韓国で言えば「サードミサイル」を導入を肯定する流れを作り出せたことでしょう。2016年02月08日(Mon)12時25分34秒

ミサイル(人口衛星)を発射したその日に、「北朝鮮へ独自制裁」と言っていたのは、それが目的でミサイル発射と報道した、ということなわけです。

「ミサイルを発射した、との結論」、「そう断定しての制裁の対応」など、政府対応が早すぎます。

お仲間でなければ無理です。2016年02月08日(Mon)11時32分25秒「ミサイルか?、人工衛星か?分析を急ぐ。」と報道されていると同時に、日本は独自制裁と報道しているのです。WS000301

我々はマスコミ情報に頼って判断するしかありませんので、これらの目的を上げましたが、他にも北朝鮮がミサイル(人工衛星)を発射したと国際社会が煽ることで、利益を得る連中が日本にいるはずです。もちろん天皇一派です。

そしてマスコミが、「金と知名度に目がくらんだ専門家や偽有識者」を使って決まって言う北朝鮮への文言に。

ミサイル・拉致などは「北朝鮮が他国に金をせびる外交カードである。」という分析は完全に嘘です。

「北朝鮮は孤立している。」と、マスコミは必至でその常識を敷設しますが、それを聞くたびに向こう側のコメントだと思わけです。

「北朝鮮は孤立している。」とマスコミを使って偽装していますが、北朝鮮は東アジアと一体になってその役割を演じているだけです。「孤立を演じているだけ」、「マスコミが孤立していると嘘をついているだけ」なのです。

2016年02月08日(Mon)14時12分11秒

そもそも孤立していて国として機能するほど、2016年の現代社会において国は独自の脈々と受け継がれてきた文化形成を維持できないのです。

いま世界は、完全にNWO、ワンワールド化しているのです。

これは大変残念なことです。

その土地、その地域で独自に培ってきた文化形成が破壊され、ワンワールド化していることは、この地球の魅力が失われていることです。

その話は本題と逸れますので、またの機会に。


 

拉致被害者家族が、北朝鮮ミサイルとアジア地域対応のマッチポンプに対して「国際社会を巻き込んで対応すべき」と紛争を煽っています。

今回、2016年2月7日に北朝鮮から発射された物体は、「人口衛星である可能性のほうが高い」です。

今回、2016年2月7日に北朝鮮から発射された物体に対してだ・け・、「打ち上げ映像や飛翔体を回収」しているのはなぜでしょう?

  • いいね! (110)
  • この記事の題材でまた読みたい! (67)
  • この記事を動画で見たい! (2)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA