facebookのロックに続き、今度は動画が2本削除されました。


WS000392

2016/01/19 16:22にアップロードした
「軽井沢スキーバス転落事故は、規制強化の為に人為的に起こされた」WS000393

2015/06/02 18:45にアップロードした
「6月1日自転車危険運転に対して「赤切符を切られている」と報道」WS000394

上記日本の動画が削除されました。

「放送コンテンツ適正流通推進連絡会」とやらが著作権の侵害を申し立てたようです。

WS000396 WS000395
ニュースに著作権があると言い出したら、我々はそのニュースの信ぴょう性を分析したり、社会で起きていることに対して「議論・解説・討論・抗議」がソース付きで出来なくなります。

そして社会で起きている事象だけではなく、「報道の仕方」に対しても同じことです。

つまり、我々はただ発信される情報を甘んじて受け入れるしかなくなるわけです。

ニュースとは、我々が「等しくそして正しく、享受されるべき」であり、我々が「等しくそして正しく、享受されるべき」である公共の電波に乗せて、公益の為に発信されているわけです。

ですから、私のようにその内容を分析することが自由であることこそ、公益があるのです。

しかも両者は、お互いに公益の為の行動であるは・ず・です。

しかし、報道側が、これに対して「著作権侵害」とか持ち出すこと自体が、ニュース・報道が「公益の為に存在しているものではない。」という証拠でしょう。

これは言論弾圧どころか、「常識・社会通念・情報・価値観の強制」です。

それは思想の自由がない事、どころか、「公益追及ができないのが現代社会である。」ということが顕在化している事象なのです。

私は、人間としての普遍性に基づいた、価値基準を提案しているのです。
「提案」というよりも、社会を人間の生物としての根源に向かうように戻しているだけです。

それと現代社会に敷設された支配者層都合の常識があまりにもかけ離れているので、日々警告しているのです。

そして私はもう7本も動画が削除されています。

その動画達は、youtubeではない他の動画共有サイトにアップロードしているので見ることができます。

「youtubeに削除された」さゆふらっとまうんど動画。

今回も「動画・軽井沢スキーバス転落事故は、規制強化の為に人為的に起こされた」はアップロード完了しました。

削除された動画は、「誰にとって都合が悪い動画で、削除する必要があるか?」それを今一度ご視聴いただきお考え下さい。

それは一部の権力者であり、我々大衆ではないことは言うまでもありません。

つまり、これらの動画は公益があるのです。

ちなみに自転車動画のほうは、「警察が事実と異なる証言をしてもなんらその責任は問われることがない」という証拠音源付きの動画になります。(近々アップします。)

  • いいね! (216)
  • この記事の題材でまた読みたい! (126)
  • この記事を動画で見たい! (0)

facebookのロックに続き、今度は動画が2本削除されました。」への3件のフィードバック

  1. さっとん

    偏った報道を流す場合、テレビ局の電波もね抑え込むと高市のおばはんが言い始めましたね。
    それは、戦争への心理をあおる目的を含んだ、わざとかも知れませんがね。
    だってとっくに、既得権益で政府の思うままの報道をするようにテレビ普及後はしっかり保たれてるんですから。
    一般人はしらんだけで。

    さて置き、

    馬鹿ですよね・・・ネットの世界の弾圧、綻びがどんどん出て来てる。

    勝手に消すんですね。

    アカウントも動画も対人のフォロー繋がりも・・・
    やればやるほど表面化していく。

  2. ひでおちゃん

    全く「総務省」は言論弾圧と監視に事欠きませんね。
    さすが「マイナンバー管轄」をするだけのことはあるわ。

    私は、さゆさんだけでなく、この手のブログを書かれている方の文章は、なるべく目を通すようにして参考にできることは、極力、参考にするようにしています。

    恥を忍んで言いますが

    私、「出会い系サイト」の日記によく書き込みしています。どのサイトも日記はなぜか無料なので。

    よくよく考えてると、「出会い系サイト」の運営ですら「総務省」の許可が必要なんです。

    それで、その日記に

    「1997年の神戸児童連続殺傷事件の元少年は冤罪」
    「軽井沢バス事故は茶番劇」
    「出会い系サイトと日本政府の繋がり」

    この3つの日記は削除されました。

    そもそも、出会い系サイトなんて元々テレクラをやっていた業者が多いし、そんな業者が無料サービスなんか、やりたがるはずがないのです。

    そもそも、出会い系サイト自体、ほとんどの人は恋人なんかできないと思っている。

    にもかかわらず、出会い系サイトで知りあった殺人事件はやたらと多い。

    しかし、そのサイト名が報道された試しがない。

    そしてまさか誰も「出会い系サイト」と「日本政府」が繋がってるなんて誰も思わないでしょう。

    そして「そんなもの使ってる奴がそもそも悪い」という世間の見方も手伝って

    誰も、そんな殺人事件はでっち上げなんて思わない。

    一応「年齢確認」と称して住所や顔写真を伏せて送信するが

    そもそも電話番号は登録するし、端末自体もサイト側は、ちゃんと把握してるのです。

    私は出会い系サイトも、きちんと日本政府ならびに総務省は監視してると思ってます。

  3. new wave

    これはさゆさんの仰有る通り言論弾圧以上の問題ですね。
    仮の話ですが、さゆさんのブログを一方的にブロックしたり削除したら著作権侵害になりませんか?
    コメントですら個性が反映されている限りは著作権が成立する筈ですから。

    監視社会の話ですが、そもそも監視されなければいけないのは権力側の方ですよね。
    主権者国民によって権力が監視されるのが健全な民主主義である筈です。

    この先、国家の一大事などと政府がいくらほざいても国民は政府への責任追及を忘れてはいけません。

    危機を招いた責任を取るのは政府として当然でしょ
    う。

    仮想敵国やテロのでっち上げはもう通用しませんよ。

    国民は変な誘導で勘違いして「萎縮」しつつあるのですよ。

    どこに萎縮する必要があるのですか?
    元気一杯、人に迷惑掛けずに楽しく人生を生きて何が悪いのでしょうか?

    この世界はまるで結婚詐欺師(政治家)に騙されている被害者(国民)みたいですね(笑)

    大変勉強になる記事をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA