大規模な不正が行われたら数え直す!日本より民主性が高い国、アフガニスタン


大規模な不正が行われた20121226と20130721の衆参不正選挙では数え直しが行われず、不正選挙裁判も立ち消えの日本

一方アフガニスタン大統領選挙では大規模な不正が行われた疑いが浮上し、「透明性を確保するために票の数え直しが必要になった」と説明

日本より民主的な国アフガニスタン

米軍の駐留継続を定める安全保障協定の調印も新政権誕生まで宙に浮いた状態

どこの国もユダヤアメリカに翻弄されている

地球の癌 ユダヤアメリカ

 

暫定結果の公表延期=不正懸念で数え直し―アフガン大統領選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00000104-jij-asia

時事通信 7月2日(水)16時28分配信

 【ニューデリー時事】先月実施されたアフガニスタン大統領選挙の決選投票で、選挙管理委員会は2日に予定していた暫定結果の公表を延期すると発表した。大規模な不正が行われた疑いが浮上し、「透明性を確保するために票の数え直しが必要になった」と説明している。
 アフガンでは今年末、国際部隊の任務完了を迎えるが、選挙をめぐる混乱で新大統領選出が遅れるのは必至。米軍の駐留継続を定める安全保障協定の調印も新政権誕生まで宙に浮いた状態で、国際社会から厳しい目が向けられている。 

  • いいね! (14)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA