【電磁波】GPSの電波が届かない地下や屋内でも目的地までの行き方が検索できる無線通信システムを東京駅で実験中&ママ社員考えた 電話できるキッズ腕時計 KDDI発表


WS000276WS000277GPS届かない所でも…ナビできるアプリの実験開始(2016/02/04 19:33)

 地下や屋内でも現在地を測定してナビゲーションができるスマートフォン用アプリの実験が東京駅周辺で始まりました。

 スマートフォンやタブレット向けのアプリ「ジャパンスマートナビ」は、GPS(全地球測位システム)の電波が届かない地下や屋内でも使えるよう無線通信を活用して目的地までの行き方が検索できます。国土交通省と企業が合同で開発し、大手町や銀座など東京駅周辺の地下街南北約2キロ、東西約1キロの範囲で実証実験を始めました。実験は3月6日まで行われます。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国交省は空港などでも対応できるよう、さらに開発を進めています。


GPSの電波が届かない地下や屋内でも目的地までの行き方が検索できる無線通信システムを東京駅で実験しているようです。

このような電波が届きにくい場所すらも電磁波が行き届くようにシステムを組む目的は、「目的地まで迷わない為」というのは建前です。

もちろん本当の目的は、「顔認証データを利用した、顔認証システム付き防犯カメラで全国民の行動履歴をデータ蓄積してNWOの整備に利用する」ということです。

「便利」、「進化」を盾にして、NWOへの思惑を進めているのが支配者層の戦略であり、常套句です。

そしてもう一つの目的は強い電磁波を地下、屋内までにまん延させることで、「国民を総精神疾患化」して、不健康を作り出すことで、より大胆にNWOを進めることができるのです。

我々は、所有するすべての電化製品が、「どのような使用方法に対して、どこの部分から、どのくらいの強さの、電磁波を出す製品であるのか」を知った上で、使用しなければいけません。

それを知らずに使用していると大量の電磁波被ばくをしていまい、体に何らかの疾患が生まれるます。

そして現代では普通に生活してると疾患が生まれるのが当たり前であるほどに、電磁波に囲まれた社会に我々は生きています。

最低限それらを知った上で使用するか検討し、考えて電化製品を使用しなければいけません。

ED-78S

よく、「電磁波攻撃されている。」という人がいますが、我々は漏れなく全員が、強い電磁波に晒された空間で生活することが強いられているのが現代社会なのです。

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。

<鉄道事業者>10月1日から電車内の携帯使用「混雑時のみオフ」へ変更

だからそのようなことを言う人が現れて当然なのです。
しかしその人だけが電磁波に晒されてるわけではないことを我々は知るべきです。

自分の居住空間にどれほどの電磁波があるのか?計測しなければ身を守れません。

そして今後もより強い電磁波がまん延する社会へと、「Iot化」で益々加速します。

IoT社会とは、監視社会であり「奴隷社会」のことです。 ~IoT推進コンソーシアム、政府立ち上げ


WS000278

ママ社員考えた 電話できるキッズ腕時計 KDDI発表(2016/02/04 11:54)

 KDDIは、子育て中の女性社員が考案した子ども向け腕時計型の端末を発表しました。

 KDDIが発表したのは、子ども向けの腕時計型の端末です。これまでの子ども用の携帯電話やスマートフォンは、落としたりなくしてしまうといった母親の悩みを解決しようと、KDDIの子育て中の女性社員が企画開発しました。腕時計型でありながら通話やメールができるほか、防犯ブザーも搭載されていて、小学校入学前の幼児もターゲットにしています。


マイナンバーカード交付時、全国すべての市町村役場で「顔認証システム(Neo Face)」が利用されます

総務省が個人番号カード交付時に「顔認証システムを利用する」と言っています

マイナンバー顔認証システムは、労働者監視のためにも利用されます。

丸善ジュンク堂書店では既に店内で顔認証システムが導入されているようです。 ~顔認証される場所は、市町村役場だけに限ったものではない

マイナンバー顔認証 4

マイナンバー還付 5

  • いいね! (197)
  • この記事の題材でまた読みたい! (135)
  • この記事を動画で見たい! (41)

【電磁波】GPSの電波が届かない地下や屋内でも目的地までの行き方が検索できる無線通信システムを東京駅で実験中&ママ社員考えた 電話できるキッズ腕時計 KDDI発表」への5件のフィードバック

  1. 米澤 敦晴

    子どもたちをわざわざ電磁被爆させる親たち。子どもたちに添加物まみれの毒食品を与える親たち。子どもたちにワクチンや薬という猛毒を与えている親たち。自分たちがやっていることが、わが子を虐待していることに気づいていない無知な親たち。知らないことは罪である。そして、知ろうとしないことは大罪だ。

  2. プル15

    「ママ社員考えた」
    みんなの味方のふりして毒、監視の目を近くに置く、とても卑劣でおぞましい手段です。
    気を付け、考えなければいけませんね。

    どこにいってもカメラカメラ・・・・私たちの一挙手一投足をどうしても管理しないといけないようですね。憤りと呆れを感じています。

    さて本記事の精神疾患ですが、概念としての「精神疾患」で見た場合、社会通念と人間としての本能のギャップにさいなまれ、心に不調をきたしているであろう多くの人に、その原因が社会の異常さのせいであると気づかせないための巧みなカモフラージュのように感じます。
    なんでも病気にしてしまえば考えさせる暇なく薬をもって終わりですから。そしてその薬がさらに思考に悪い影響があるんだからまさに連中の思うつぼ。

    ちょっとした風邪でさえ薬に頼りがちな昨今、「ちょっと待った!」が必要ですね。たとえ社会が虐待、自傷行為というレッテルを貼ったとしても。

  3. さっとん

    「ママ社員考えた」・・・
    ママ・・・もっと真剣に考えよう・・・

    その答えは会社の利益のみの為であり、わが子にはマイナスでしかない。

    電磁波の万延は勿論、
    GPSでの監視範囲が広がり自由の領域が減っていく。

  4. 匿名

    自販機に防犯カメラを設置している「一般社団法人 安全・安心まちづくりICT推進機構」(SAPIC)というのは、どういう組織なんでしょうね。天下り団体?支配者層の手先なのは明らかですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA