支配者層は今後の観光特需で、中小企業に富が形成されないように事故を作り、旅行運行業界へメスを入れなければいけなかった。〜廃業を求める、違反行為の厳罰化を議論する有識者会議を立ち上げ


スクリーンショット 2016-01-22 15.54.05スクリーンショット 2016-01-22 15.54.10スクリーンショット 2016-01-22 15.54.29スクリーンショット 2016-01-22 15.54.39スクリーンショット 2016-01-22 15.54.24スクリーンショット 2016-01-22 15.55.08スクリーンショット 2016-01-22 15.55.01スクリーンショット 2016-01-22 15.54.46長野・スキーバス事故 有識者会議立ち上げ、再発防止策議論へ

01/22 13:20

 

長野・軽井沢町で15人が死亡したスキーバスの事故から、22日で1週間。今回の事故を受けて、石井国土交通相は、1月29日に有識者会議を立ち上げ、安全管理がずさんな会社には廃業を求めるなど、違反行為の厳罰化に向けた再発防止策を議論していくと発表した。
軽井沢で事故を起こしたバス会社は、2年前に参入したばかりの会社で、国から安全管理の不備を指摘されていたが、改善しないまま、営業を続けていた。
有識者会議では、新しく参入する会社について、安全管理の体制が十分かなど、審査を厳しくするほか、安全管理がずさんな会社には廃業を求めるといった、違反行為の厳罰化も検討される予定。
また、貸し切りバス全てを対象に、自動ブレーキ装置の設置を義務化するなど、ハード面での安全対策の強化も検討される。
国交省は21日夜、出発前の貸し切りバス6台を、抜き打ちで緊急監査したが、6台のうち5台で、安全対策面で不備が見つかっている。


スクリーンショット 2016-01-22 15.51.10事故から4日目
・他の貸し切りバス事業者に対しても緊急で抜き打ちの監査を行う方針を示す

事故から6日目
・ツアーバスを緊急監査を実施

事故から7日目
・1週間後に違反行為の厳罰化に向けた再発防止策を議論していく有識者会議を立ち上げを発表

事故から14日目
・違反行為の厳罰化に向けた再発防止策を議論していく有識者会議を立ち上げ


スキーバス転落事故を受けて政府対応があまりにもスピーディーであり、決められていたかのように社会整備が進んでいきます。

今回の報道では、「安全管理がずさんな会社には廃業を求める」と、違反行為の厳罰化に向けた再発防止策を議論していく有識者会議を立ち上げです。

「運行業者に対して廃業を求める。」と、まんま、中小潰しが事故を起こした目的であることを隠そうともせずに政府は規制強化へと邁進しています。

その目的を私は企業の貧富の差を広げることで、大企業への富を集中させること、それがNWO戦略であると言いました。

<長野・スキーバス転落事故>これだけの偶然が重なると、特務機関に誘導された事故である可能性を疑わざる負えません。

今回の事件を受けた規制強化の他の目的としては、「2020年の東京オリンピック」、そしてNWO完成へ向けて社会を益々多国籍化していく為に、今後日本は旅行会社や運行会社へのお金の流れが必至なのでしょう。

支配者層はそのような計画を画策し、資本の流れが想定されることから、新規参入の旅行会社や運行会社に富を形成されないように、つまり、思わなぬ特需で、支配者層の息がかかっていない大企業が生まれないように今回、旅行会社と運行会社へメスを入れなければいけなかった。

それが今回の事故の背後にある、支配者層の思惑です。

このようにNWOへ向けた社会整備がされていくのです。

  • いいね! (188)
  • この記事の題材でまた読みたい! (136)
  • この記事を動画で見たい! (24)

関連記事

支配者層は今後の観光特需で、中小企業に富が形成されないように事故を作り、旅行運行業界へメスを入れなければいけなかった。〜廃業を求める、違反行為の厳罰化を議論する有識者会議を立ち上げ」への1件のフィードバック

  1. しゅーふ

    ここまでしてやるということは、ドイツ旅客機の時のように、スカイマークをはじめ格安航空会社を狙った事故が計画されてないですよね?
    私も乗るときには、覚悟きめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA