優良なバス業者を見分けるために「貸し切りバス事業者安全性評価認定制度」で評価されている業者か確認すべき、と報道しています。


965b97672578453b61322d25bf7415242016年01月18日(Mon)13時39分34秒

2016年01月18日(Mon)13時45分32秒今回の事故を受けて、どのようなバス運行会社を選ぶべきかをマスコミはもう提案をしています

優良なバス業者を見分けるために「貸し切りバス事業者安全性評価認定制度」で評価されている業者かを確認すべき、と報道しています。

貸切バス事業者安全性評価認定制度|公益社団法人日本バス協会

「この制度は、バス会社に付いているもので、消費者の目に触れる旅行会社のパンフレット等への記載は進んでいない」とTBS ひるおび コメンテーターの高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一さんが言っています。

つまり、今回の事件を受けて「貸し切りバス事業者安全性評価認定制度」に加盟しているバス会社を旅行会社に選ばせたい。

また、ツアーパンフレットなどにバス会社が「貸し切りバス事業者安全性評価認定制度」で評価されている業者かどうかを、記載させることを常態化させたいのでしょう。

制度が出てくるとなるとまた利権が生まれます。

以下の記事で言った、「中小企業を潰し、大企業の一本化をすることもNWOへの整備である」と言ったことを補完する情報が上がって来ています。


<長野・スキーバス転落事故>これだけの偶然が重なると、特務機関に誘導された事故である可能性を疑わざる負えません。

<長野・スキーバス転落>バス運行会社虚偽記載 ~管理がずさんだったから、イーエスピーが「選ばれた」のでしょう。次は土屋さんの「持病・薬の服用」が発覚ですか?

転落する前の左側ガードレールにぶつかる手間、バスは左タイヤで片輪走行していた。

<スキーバス転落>ノーブレーキのタイヤ痕であるにもかかわらず、警察「転落する直前に急ブレーキを踏んだ可能性がある」

<スキーバス転落事故>「法律違反やルート変更」これらは事故の原因ではありません。~事故の原因ではないことを事故の原因であると報じるマスコミ

事故日、旅行会社キースツアーに取材陣を殺到させ事故責任があるかのように報道していたこと自体が、バス事故が人為的に作られた証拠である。 ~法律で定められた最低額を下回る受注と知っていたかのようなマスコミの動き

  • いいね! (179)
  • この記事の題材でまた読みたい! (127)
  • この記事を動画で見たい! (2)

関連記事

優良なバス業者を見分けるために「貸し切りバス事業者安全性評価認定制度」で評価されている業者か確認すべき、と報道しています。」への7件のフィードバック

  1. さっとん

    たまたま、今JAS認定の汚さについて、たらふく会話してたとこです。
    一部の企業や官僚の天下り先が私腹を肥やす~。
    全部同じシステムですね。

    認可・認定・が正統派というおかしな括り。
    資格や法の確立と同じですね。

    小さな箱の小さな価値基準に翻弄される世界。

  2. 夢とロマンを忘れない農家

    JAS認定はザルなのでお気を付け下さい。

    まっとうな業者として認めてほしければ、上納金くれと言ってますね。
    どうせ不真面目なお役人なんでしょ。

  3. さっとん

    夢とロマンを忘れない農家さんへ

    ザル以前の問題です。
    なぜJAS認定があるかだと・・・そこだと思います。
    憲法と同じですね。

  4. プル15

    すべてはまっとうの逆をいく、ということなのですね。

    何かが起こる→対策として新しい試みをする。
    これがまっとうな世界なら

    こういうことがしたい→なのでそうなるように事を起こしてまんまとルール制定
    これが現状なのですね。

    いい加減にしてもらいたいものです。

  5. 夢とロマンを忘れない農家

    さっとんさんへ
    有機JASに拘る農家が、結局は競争主義と拝金主義だったりもしますね。
    うちの無農薬米はJASじゃない有機だし、今の所病害虫付きません。

    ~~~~~~~~

    周りの誰それが良くないと思う時、自身の中をいま一度見つめてごらんと、教えてくれているのだと思います。
    自身の心に何が潜んでいるのか感じて昇華しなさいと、促してくれているのだと思います。
    文句を言い続けても、その思いをずうっと引っ張るだけかもしれないです。
    自身が調和で満たされると、良い現実が増えてくるかもしれません。

  6. さっとん

    夢とロマンを忘れない農家 さん
    おへんじありがとうございます^^

    抽象度の問題です。
    JASに関わらず、全て同じ手法です。
    そのような箱・マス・土俵をを管理するために用意しているだけですね。
    憲法と同じです。
    そのマスから流れでる血流という思想までもがほぼ彼らに管理されてます。
    利権は下っ端の餌でありそれでもまだ間表面的な問題です。より大きな抽象度で見た時に、明らかです。
    思想や選択のコントロール弾圧ですね」。

  7. 夢とロマンを忘れない農家

    さっとんさんありがとうございます。
    煙に巻いて管理しようという魂胆てんこ盛りですよね。
    嫌というほど感じています。
    おそらく彼らも、自身の中の毒に気付いていないのです。

    彼らは我々の「思考」を管理するので、結果私たちの現実も不本意なものになっています。
    根っこの問題に気付かず、良かれとすがっても、結果は同類かもしれません。
    否定されることも織り込み済みでしょう。
    相手の無意識な思考停止も目的です。
    社会のゆがみがどんどん炙り出されているのは、良い兆候ですね。
    為政、宗教、科学、歴史…

    自分の心も無農薬にしましょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA