事故日、旅行会社キースツアーに取材陣を殺到させ事故責任があるかのように報道していたこと自体が、バス事故が人為的に作られた証拠である。 ~法律で定められた最低額を下回る受注と知っていたかのようなマスコミの動き


2016年01月17日(Sun)12時11分06秒2016年01月17日(Sun)17時31分36秒

WS000102 WS000101 WS000103「雪不足のため安い運賃にしたい」ツアー会社が依頼(2016/01/17 11:53)

 長野県軽井沢町で14人が死亡したバス事故で、基準を下回る運賃でバスが運行されていたことについて、ツアーを主催した会社が「雪が少なく客が集まらないので、安い運賃にしたい」と依頼していたことが分かりました。

 国土交通省などによりますと、今回のツアーでは、法律で定められた最低額の27万円を大幅に下回る19万円でバスが運行されていました。これについて、主催したキースツアーは「まだ雪が少なく客が集まりにくいので、初めは安い運賃にしたいと提案した」などと観光庁に説明しているということです。一方、バスの運行を請け負ったイーエスピーの担当者は「最低額を下回っていたことを知らなかった」と話しています。国交省は、こうした安い運賃が安全に影響しなかったか関係先を調べています。また、今回のツアーにはキースツアー以外の2社が募集した客4人も参加し、このうち1人が死亡しています。東京都などは、この2社にも立ち入り検査をしています。


バス事故が合ったその日に、バス会社のみならず、「企画した旅行会社」になぜ取材陣が殺到するでしょうか?

バスが事故を起こし、その原因が旅行会社にあると誰が瞬時に思うでしょうか?

事故の責任は「バス会社イーエスピー」にあり、依頼していた「旅行会社キースツアー」はむしろ「大事故を起こしたバス会社に受注していた」という社会的な悪イメージ受けた被害者ではないか?(自業自得ではあるが)と思っていたことから、事故日の当日から「旅行会社キースツアー」に取材陣が殺到してたことに私は違和感を感じていました。

バス会社の過失で事故をしたら、受注していた旅行会社は自社の社会的評価が貶められたとして、バス会社を訴えてもいいレベルの話です。

バス事故の責任とは一見関係なさそうな、「旅行会社キースツアー」に事件日である1月15日から取材陣が殺到し、旅行会社にも責任があるかのように報道していたわけです。

しかしその理由はありました。

「旅行会社キースツアー」は法律を下回る運賃でイーエスピーに発注していたようです。2016年01月15日(Fri)16時07分37秒

だから、「旅行会社キースツアー」に取材陣が殺到する理由があったのです。

つまり、マスコミを牛耳る者は、事故日から「旅行会社キースツアー」に圧力をかける用意があり、当初から今回の事故のシナリオを知っていて追行していたということです。

「旅行会社キースツアー」が法律で定められた最低額を下回る受注であったと事故日から知っていたかのようなマスコミの動きが見られるのです。

運行会社のみならず、受注する側である「旅行会社への規制強化」もまた、事故を起こす目的の一つだと知っていたということです。

事故の原因を、「運行会社と旅行会社の一本化で報道する。」という、事故日からのマスコミのスピーディーな動きはやはり、特務機関が人為的に作り上げた事件でないと為せないことです。

なぜ、事故が起きた15日から事故の原因が、バス運行会社だけでなく、旅行会社にもあり、実際に受注金額が法外であったことを知っていたかのような行動をどうしてマスコミは取れるのでしょうか?

マスコミを牛耳るものがそのシナリオを知っていなければ、そのようなことは起きません。

事故の原因は、「機材トラブル、他の車両との接触、野生動物との接触、車内でのトラブル、ハイジャック、ドライバーの健康状態のみならず、思想」などなど考えられる原因は他にもたくさんあるのです。

にもかかわらず事故日から、原因はバス運行【会社】にあると、マスコミは一斉に、それも漏れなく決めつけて報道してます。

しかもその責任は「旅行【会社】も」となると、決められたシナリオである信憑性は増します。2016年01月17日(Sun)12時29分14秒
事故後の社会の動きを見ると「規制強化の為に人為的に作られた事件である」と見るのが自然です。

事故日の翌日の報道以下の記事では、それを隠そうともせずに

>いかに規制をしていくのかが課題となる

と、フジテレビは言い切っています。


 

WS000078長野・スキーバス転落 バス運行会社社長が会見し謝罪

01/16 18:30

大学生など14人が死亡した長野・軽井沢町のスキーバス事故から一夜が明け、バスの運行会社・イーエスピーのずさんな運行管理の実態が、次々と明らかになっている。
たとえば、事故のバスが無事に目的地に到着したとする運行記録を作成していた。
経由地などのルートを示す指示書には、出発地と到着地しか書かれていなかった。
ほかにも、運転手に健康診断を受けさせていなかった。
出発前の点呼を確認する書類に、あらかじめ点呼が済んだことを示す印鑑が押されていたことを会社の関係者が認めるなど、安全対策を軽視していたのではないかとの疑いが高まる中、16日午後、バスの運行会社の社長が、事故後、初めて会見を行った。
イーエスピーの高橋美作社長は、「重大な事故を起こしてしまい、あらためておわび申し上げます」、「(点呼について?)当日は点呼をせずに出かけてしまいました」、「(点呼をしなかった理由について)わたしが遅れてしまい、立ち会うことができませんでした。申し訳ありませんでした」、「(点呼簿の押印について)関わるものには、はんこが押してありました」などと話した。
イーエスピーの荒井 強本社所長は「(押印した理由について)正直なところ、数値とチェックだけで、なるべく社長に負担をかけないようにということで。わたしがはんこを押していた」などと話した。
高橋美作社長は、「(健康診断について)(土屋さんは)入社の際に、前の会社で12月10日前後に健康診断をしたということを、きのう確認しました」、「大変な迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした」などと話した。

バス会社・イーエスピーでは、16日午後、1時間30分にわたり会見が行われ、冒頭、謝罪のため、社長らが6回にわたり、頭を下げた。
会見では、事故を起こしたバスの運行記録について、出発前の点呼や、目的地に到着したことを確認しないまま、運行管理責任者が印鑑を事前に押していたことを明らかにした。
また、同じようなことは、これまでに4〜5回やっていたとしていて、理由については、「高橋社長の手間を省くためにやった」などと話している。
また、土屋さんが2015年12月、会社で働いてから、これまでに健康診断を受けていなかったことについては、前の会社で受けたとの話を聞いていたためとしたが、診断書を確認するなどはしていなかった。
また、ほかのドライバーに対しても、必要な期間に健康診断を行っていないことについても、「個人個人で医者に行っているので、健康状態がどうなのかを把握していた」と説明した。
ずさんな管理が次々と明らかになる中、イーエスピーの高橋社長は、事故の原因についても、「もしかしたら、そういう心のゆるみがあると思っています」と述べた。
今後、国交省などが調べを進めることで、バスの運行の安全に対し、いかに規制をしていくのかが課題となるとみられる。


そして我々が見余ってはいけないのは、こぞって報道されているこれら関連会社のずさんさな運行管理は一切事故の直接的な原因ではないということです。

事故原因に対して、これらは間接的に関係した可能性がある程度のことなのです。WS0001042016年01月18日(Mon)12時46分29秒
むしろマスコミが「ずさん」としていることは、中小のバス会社、旅行会社には常態化している日常的なことでしょう。

今回の関連業者が特化して悪質だったわけではないのです。

しかし、その間接的に関係してい事故との因果関係を「主」として報道していること自体が、目的があって起こされた事故である証拠でしょう。

その証拠は隠せないわけです。

<スキーバス転落事故>「法律違反やルートの変更」これらは事故の原因ではありません。~事故の原因ではないことを事故の原因であると報じるマスコミ


 

<長野・スキーバス転落事故>これだけの偶然が重なると、特務機関に誘導された事故である可能性を疑わざる負えません。

<長野・スキーバス転落>バス運行会社虚偽記載 ~管理がずさんだったから、イーエスピーが「選ばれた」のでしょう。次は土屋さんの「持病・薬の服用」が発覚ですか?

転落する前の左側ガードレールにぶつかる手間、バスは左タイヤで片輪走行していた。

<スキーバス転落>ノーブレーキのタイヤ痕であるにもかかわらず、警察「転落する直前に急ブレーキを踏んだ可能性がある」

  • いいね! (176)
  • この記事の題材でまた読みたい! (137)
  • この記事を動画で見たい! (1)

関連記事

事故日、旅行会社キースツアーに取材陣を殺到させ事故責任があるかのように報道していたこと自体が、バス事故が人為的に作られた証拠である。 ~法律で定められた最低額を下回る受注と知っていたかのようなマスコミの動き」への2件のフィードバック

  1. 紳士

    てすね!

    私の知り合いの元旅行会社の方は個人でツアーを組んで利益を出してます!

    この事故の報道を掘り下げれば、今後全てにおいて適性価格の問題で規制が出てくると思います。

    実際の市場の流通を崩壊させ、零細企業には一切つけいる隙が無くなり大手企業のみが一人勝ちできる要素タップリですね!

    コンプラ?
    権力者が権力者による権力者のためですね!

  2. さっとん

    紳士さん
    そうですよね、私もそう思います。
    コストコのガソリンの価格問題も同じような部分が垣間見えます。
    独占禁止法の改定でしょうかね。

    最終的に何処に行っても全て同じ価格というのもNWOの一つではないでしょうかね。
    貧富の格差維持を想うと粗悪なものは違うでしょうが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA