<通知カード受け取り拒否運動>このような方が全国で増えれば、確実にマイナンバー制度は破綻します。


通知カード受け取り拒否チラシ

チラシ配りの中でさゆさんを知ってる方もいましたよ!
面白いですね、こんな所に…みたいな(^^)
皆さんも1000枚配り終えた時、どんな面白い事が待ってるでしょうね?☆
100枚では起きなくても1000枚配ると何かあるかも…
何よりご自身にとって、その行動を通じてまた何か新しい生きる知恵やヒントなどを得るものが生まれますね♪

チラシ配りは人間観察も出来ますし、色んな人はいるかもしれないですが、ご苦労さん、ありがとうと声をかけてくれる方もいましたし、お店の場合は「私も全く反対だよ!」と言って「今夜忘年会予約入ってるから配っとくよ!」と言ってくださった方々、お店の場合はコミュニケーションが図れるので、スタッフさんに読んでもらうようにして、お店で話題にしてもらう事がまず第一歩の目的で配りました、その中で「置いてって」と言ってくれたお店には適量を預けました。
お店が混んでいない時間帯を狙えばその場で読んでくれる方も多かったです。
たかだか、1~2分しゃべるかしゃべらないかという、その差は大きいと思うので、出来るだけ、一言、二言でもポスティングの場合でもたまたま目の前にいれば話しかけてみるのもいいと思います。
私も配っていて思った事は、等しく日本国民でありながらみんなその制度の内容をよく理解していないのが残念ですよね。
マイナンバーに賛成してるなんて言ってた人は誰もいないですよ!
もしいたとしたらそれは何も理解してない人でしかありません。
だから当然配っていても全く対立すら起きない(笑)

私は1000枚のチラシを抱え、その重みが一枚一枚減る事を感じながら楽しく配りました(^^)v
ワンちゃんと散歩しながら配るでもいいと思いますし、いい運動のついでな感じでもいいと思います(^_^)

とにかく楽しく配る事です、楽しく配るから面白い事が起きるのです(*´∀`)
今回はチラシを持っていたから「さゆふらっとまうんどさん知ってますよ」という方にも会えた事です☆
チラシを持っていなければ分からなかった事でした。

私もさゆさんの動画で涙した事がある一人で、さゆさんと同じく価値観とか感情で行動に出るタイプであり、こんなにもがんばってくれている人がいるなら拒否運動動画の時と同様、チラシの件も動かずにはいられなくなりました。
電話対応の動画で見せてもらった方達は悪いけどロボットでしたよね(^^;
やっぱり人間がいいですよね、人間として生きていきたいですよね…


ポスティングは、「我々とポスト」を結ぶものではありません。

ポスティングは、「通知カードの受け取り拒否がマイナンバー制度に加担しないことである。制度廃止に結びつくんだ。」ということを知る「我々」と、その情報を知らない、社会問題に積極的ではない「ポストの向こう側の皆さん」とを繋ぐ行為です。

つまり、一般の人と直接話せる機会は、「ポストの向こう側の皆さん」とダイレクトに繋がれる機会であり、「目の前にポストの向こう側にいる人がいるならば」その「伝える機会」を逃す手は無いのです。

それを理解し、積極的に実践している方であると見受けられます。

なぜなら、「ポスティング」という行為を通して「人と繋がり」「仲間」を作り出しているからです。

こうゆう方こそ最強の世直し人です。

そして支配者層にとってこのような「人と繋がる力」を持っている人を少なくしたいからこそ、それを脅威に感じているからこそ、現代社会は人間関係を希薄にする為に「疑心暗鬼な社会構築」を目指しているわけです。

そのような常識を敷設している現代社会の中で、このような方は超貴重な存在でしょう。

 

そして、ポスティングを迷ったり、玄関口の人に躊躇してしまう人に言いたい。
(お気持ちはわかります)

マイナンバー制度に反対している人が、国民の「99.999%」なのです。

ネット上で、マイナンバー制度に反対している我々を攻撃している者は、工作員か、それに感化されている一部の人、そして、超マイノリティーであるマイナンバー利権で富を得たいと思っている大企業くらいで、大衆のほとんどがマイナンバー制度に反対なのです。

しかしその大衆のほとんどは、「資本の追及(生活のための仕事)」や、「支配者層に設定された道楽(どうでもいい事で時間潰し)」に誘導されているだけなのです。

ですから、我々が

「マイナンバーに反対するのなら、通知カードを受け取らないことです。なんら不利益はありませよ。通知カード受け取りは自由なんです。えっ?受け取ってしまった?なら送り返せば大丈夫!」

と伝えるだけでいいのです。

もう一度言いますが、

そもそもが、みんな、マイナンバー制度に反対なのです。

万が一制度賛成者に会ったら、「宝くじに当たるほど低い確率で当たって運がいい!」と思って良いと思います。 それほどマイナンバー制度に明確に賛成している人はいません。

制度反対の大多数に、どのようなアクションが制度廃止への意味がある行動になるのかを伝えるだけなので、なんら軋轢は生まないのです。大衆の制度への思いは、そもそも我々と同じく「反対」なのです。

ですから、なんら臆することなく、この事実を伝えるきっかけにポスティングを利用し、あわよくば「夜明けのあささん」のように人間関係を作るところまでいければ、それはもう「人生を楽しむ」ところまでいけるのです。素晴らしいです。

この「通知カード受け取り拒否運動」は、タイムリーで、マイナンバー制度廃止に向けて、的確に的を得ている行為であり、間違いなく公益があるのです。

マイナンバー反対偽装・政府紐付き・番号いらないネット」が先導して全国でマイナンバー違憲裁判を起こすようですが、マイナンバーは違憲という判決が数年後に出てもマイナンバー制度運営にとって全く意味がありません。

「今」、通知カードの取り扱いに対して大衆がどのような行動に出るかが運営上の一番の鍵なのです!

「通知カード受け取り拒否運動」をしている皆さんは、達観で、知的で、未来に責任を持っている人です。

堂々と行動しましょう。

【受け取り拒否運動の成果】政府が「通知カードを受け取ってない人は市町村に連絡しよう」とテレビCMを打っています。

  • いいね! (219)
  • この記事の題材でまた読みたい! (159)
  • この記事を動画で見たい! (1)

関連記事

<通知カード受け取り拒否運動>このような方が全国で増えれば、確実にマイナンバー制度は破綻します。」への4件のフィードバック

  1. ショコラ

    さすがですねさゆさん!!
    そして、このコメントの夜明けのあささん「自身にとってその行動を通してまた何か新しい生きる~」
    素敵ですね♪
    皆様と一緒の思いでチラシ配り行動できる 今 !に感謝♪
    幸せな気持ちでいっぱいです。

  2. チオビタ

    家が点在している地域なので、車を少しずつ移動させながら
    自分でコピーしたチラシを100枚配り終え、今帰宅しました。
    車で20キロ走ると、住宅が密集している地域があるので
    次は、そこへ行ってきます!

    ポスティングの醍醐味を知ってしまった自分。
    やれば出来ることを実感しました。
    恐れる物は何もないです。
    堂々と自信を持って行きます。

    さゆさんを知っている人に声を掛けられるかも知れないですね!

  3. まるっちゃ

    お母さんが、郵便局で通知カードを受け取ってしまいました。しかも世帯宛なので娘達の全員分(泣)市町村に送り返そうと思っていますが、他に何かしなければいけないことはありませんか?不安で不安でしょうがないです…。

  4. 甘えび

    まるっちゃさん!

    ♪他に何もすることはない〜♪ですよ!
    全員分、市町村の住民課など取り扱い課宛に、簡易書留のような配達記録が残る方法で送り返せばいいですよ!

    他にもそんな方がいると思うので、教えてあげてくださいね(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA