ただのネトウヨと化す「弁護士ドットコムニュース」


fbimgマイナンバー「受け取り拒否」は意味なし――番号はすでに国民全員に割り振られている

弁護士ドットコム 11月27日(金)11時2分配信

 

日本郵便は11月23日までに、マイナンバー(社会保障・税番号)を記載した「通知カード」の65.4%にあたる約3710万通の配達を終了した。報道によれば、このうち130万通(3.5%)が自治体に戻っており、636万通(17.1%)が、受取人不在で郵便局に保管されているという。

ネット上では、マイナンバーの受け取りをめぐり「拒否した!」といった投稿もあいついでいる。なんらかの「信念」で受け取り拒否をする人から、「一人暮らしだから、書き留めを受け取るのも面倒くさい」という人まで、理由はさまざまだ。

一方で、「会社からマイナンバーを伝えるように言われた」などの声もある。マイナンバーを受け取らないと、何か問題があるのだろうか? 弁護士ドットコムニュースの記者は、マイナンバーに関する情報提供をしている内閣官房社会保障改革担当室に電話取材をおこなった。

●受け取り拒否しても、番号は付与されたまま

内閣官房社会保障改革担当室の担当者は、「マイナンバーカードの受け取りを拒否しても、罰則などはありません」と、はじめに指摘した。

「実は、マイナンバーは、10月5日の時点で国民に割り振られています。したがって、通知カードの受け取りを拒否しても、カードが自治体に戻るだけで、マイナンバーそのものがなくなるわけではないのです」

受け取りを拒否したことでマイナンバーが付かなかったり、消滅したりするわけではないという。 通知カードを受け取らなかったら、何かデメリットはあるのか?

「通知カードが入った封書の中には、『個人番号カードの申請書』が一緒に入っています。受け取り拒否すると、その申請書を入手できません」

個人番号カードとはどんなものなのか。

「通知カードは紙製ですが、『個人番号カード』は、プラスティック製のICチップ付きカードで、顔写真などを入れられます。このカードがあれば、コンビニで住民票の写しを取れたり、『マイナポータル』というウェブサイトにログインし、行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どこと、やりとりしたのか、といったことを確認できます。

ただ、個人番号カードの申請は任意です。通知カードの受け取りを拒否して、申請ができなかったとしても、生活する上で困ることは特にないでしょう」

勤務先からマイナンバーを伝えるように言われた人もいるようだ。その場合、通知カードがなければ困るのではないか?

「マイナンバーは、通知カードだけに記載されていると思うかもしれません。でも実際は、希望すれば、住民票の写しにも記載できるんです。

通知カードの受け取りを拒否した方は、かわりにマイナンバーの記載された住民票の写しを勤務先に提出すれば、問題はないと思います」

弁護士ドットコムニュース編集部


弁護士ドットコムとは名ばかりで、法的見地ゼロ。

番号法第七条「通知カードの交付を受けているものは、」については一切触れません。

それどころか、マイナンバー制度反対者に対して、壊れたレコーダーのように繰り返す、ネトウヨの常套句である、

「マイナンバー「受け取り拒否」は意味なし――番号はすでに国民全員に割り振られている」

をそのままタイトルに付けています。

そして「受け取り拒否=番号を無くすこと」と、その目的を書き変えているところも、推進者の息がかかった言論であることが見受けられます。、

番号を無くすか無くさないかは、その地位と権限を持つ支配者層のサジ加減であり、番号は道具に過ぎず、マイナンバー制度自体を進めることが根幹なのです。

そしてそのマイナンバー制度自体を進める為には、我々大衆の意思が働かなければ、その制度の運営は出来ないわけですから、受け取り拒否して制度自体を円滑に進めさせないためのアクション、それが受け取り拒否運動なのです。

番号を無くす、無くさないは、まったく別の議論です。

そんなことも理解できずに、内閣官房社会保障改革担当室へのどうでもいい電話取材内容を垂れながす、この無意味な記事より

私と内閣官房社会保障改革担当室との電話を動画で、見ることのほうがよっぽど事の根幹に触れられることは言うまでもありません。皆さんお感じのとおりでしょう。

>なんらかの「信念」で受け取り拒否をする人から、

と、その行動の中身を一切見ようとしないのは、理解できないただの馬鹿か、推進者の紐付きということです。後者でしょう。


  • いいね! (179)
  • この記事の題材でまた読みたい! (131)
  • この記事を動画で見たい! (0)

ただのネトウヨと化す「弁護士ドットコムニュース」」への1件のフィードバック

  1. 甘えび

    >『マイナポータル』というウェブサイトにログインし、「行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どこと、やりとりしたのか」といったことを確認できます。

    えっ、こんなことされるのって嫌じゃないですか?

    さっき、市の広報が届いて「不在等でお届けできなかった通知カードは、市役所に返送されていますので、市民課窓口でお受取りください。」とありました。
    受け取ってしまった通知カードは市民課に送り返せばいいみたいですよ!
    そして、来年2月末日までに受け取りがなかった通知カードは廃棄するそうです。

    PS, 週刊SPAの記事はまともでした。ただ、扶桑社がフジ産経グループというのが、ちょっとひっかかっただけですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA