番号法・第七条「通知カードの交付を受けている者は」の解釈について


第七条  

市町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)は、住民基本台帳法第三十条の三第二項の規定により住民票に住民票コードを記載したときは、政令で定めるところにより、速やかに、次条第二項の規定により機構から通知された個人番号とすべき番号をその者の個人番号として指定し、その者に対し、当該個人番号を通知カード(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号その他総務省令で定める事項が記載されたカードをいう。以下同じ。)により通知しなければならない。

 市町村長は、当該市町村(特別区を含む。以下同じ。)が備える住民基本台帳に記録されている者の個人番号が漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められるときは、政令で定めるところにより、その者の請求又は職権により、その者の従前の個人番号に代えて、次条第二項の規定により機構から通知された個人番号とすべき番号をその者の個人番号として指定し、速やかに、その者に対し、当該個人番号を通知カードにより通知しなければならない。

 市町村長は、前二項の規定による通知をするときは、当該通知を受ける者が個人番号カードの交付を円滑に受けることができるよう、当該交付の手続に関する情報の提供その他の必要な措置を講ずるものとする。

 通知カードの交付を受けている者は、住民基本台帳法第二十二条第一項の規定による届出をする場合には、当該届出と同時に、当該通知カードを市町村長に提出しなければならない。この場合において、市町村長は、総務省令で定めるところにより、当該通知カードに係る記載事項の変更その他の総務省令で定める措置を講じなければならない。

 前項の場合を除くほか、通知カードの交付を受けている者は、当該通知カードに係る記載事項に変更があったときは、その変更があった日から十四日以内に、その旨をその者が記録されている住民基本台帳を備える市町村の長(以下「住所地市町村長」という。)に届け出るとともに、当該通知カードを提出しなければならない。この場合においては、同項後段の規定を準用する。

 通知カードの交付を受けている者は、当該通知カードを紛失したときは、直ちに、その旨を住所地市町村長に届け出なければならない。

 通知カードの交付を受けている者は、第十七条第一項の規定による個人番号カードの交付を受けようとする場合その他政令で定める場合には、政令で定めるところにより、当該通知カードを住所地市町村長に返納しなければならない。

 前各項に定めるもののほか、通知カードの様式その他通知カードに関し必要な事項は、総務省令で定める。


「通知カードの交付を受けている者は」の解釈について

前回以下の記事を上げました

・「通知カード」の受け取り拒否を「サイン・判子」を付けてすると「交付を受けた」ことにされてしまう可能性があります

私は署名つきで通知カードを拒否すると「交付を受けたものは」に当たってしまう可能性があるかもしれない。と言いましたが、番号法の条文では、「交付を受けたものは」でなはく、正しくは、「交付を受けている者は」です。

条文は、「過去形」ではありません。

正 「通知カードの交付を受けている者は」
誤 「通知カードの交付を受けた者は」

つまり、「交付を受けている者」とは、手元に通知カードがあり続・け・て・い・る・現在進行形の状態であることが、この言葉の意味のはずです。

「現在進行形」と「過去形」とで見比べれば、交付を受けた通知カードの状態の違いを見て取れると思います。

もし条文が後者の過去形ならば、サイン・印鑑付で受け取り拒否した場合、「通知カードの交付を受けたが、受け取り拒否した者」という解釈ができ、かなり強引ですが、「交付を受けた」と解釈される可能性があるかもしれないが、

しかし、序文は進行形である、「通知カードの交付を受けている者は」であり、通知カードの交付を受け続けている状態、手元に通知カードがあり続けている状態でなければこの表現はおかしいのではないでしょうか?

そしてこの「交付」という言葉の意味を調べてみると、

WS006254

「渡す」こと、つまり渡さなくては交付したことにならない。そして「渡した」(過去形)だけでなく、「渡されている」(進行形)状態が保たれているのが条文ですので、サインしようが、印鑑押そうが、受け取りを拒否したにもかかわらず、「通知カードの交付を受けている者は」に抵触する、とするには、無理がある。というのが、現在私が行き着いた答えです。

つまり、通知カードの拒否の仕方は、念のために、

・局員に出くわしても「サイン、署名、判子」はせずに、居留守、不在票を入れておいてくれと言い「不在→郵便局での留め置き期間7日間経過」で受け取り拒否

が「ベスト」

・「サイン、署名、判子」して受け取りを拒否する

これが「ベター」であるという方針で、引き続き「通知カード受け取り拒否運動」を続けていきたいと思います。

もし、受け取り拒否時に署名・捺印をすることで、「通知カードの交付を受けている者は」に抵触するとお考えの人は、その理由をお教えください。

なお最初に添付した記事、twitter facebookでの関連の書き込みは、受け取り拒否をした人にも、これから受け取り拒否する人にも、誤解を生んでしまう表現が含んでいますので「非公開、削除」いたします。

参考までに見たい方へ、上記に至るまでの私の葛藤をw 下に添付いたします。


 ・ 「通知カード」の受け取り拒否を「サイン・判子」を付けてすると「交付を受けた」ことにされてしまう可能性があります

受け取り拒否方法イナンバーの通知カードは、まず「不在→留め置き期間経過」を狙う、「受け取り拒否」は最後の手段で。
http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/748.html
投稿者 神経倫理 日時 2015 年 10 月 23 日 14:58:08: YfCUC7m3HgIMU

・マイナンバーの通知カードを受け取ると義務が発生します。
 「受け取り拒否」では「到達」とされる。

・つまり「受け取り拒否」も悪くはないけど、その連呼は 半分が釣りに等しい。

・あくまで「不在→留め置き期間経過」こそを狙う、
 最悪の手段として「受け取り拒否」をする。
———-

校正の為に、多少にコピペ改変、と追記がされています。
———-

マイナンバー 通知カードを受け取ると義務が発生します
ttp://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/10/post-ed2e.html
『マイナンバー』は政府筋が実体とは不似合いな命名をしたもので、不適切である。
以下、法律通り、特定個人識別番号、ないし個人番号と呼ぶ。

特定個人識別番号法のうたい文句は、行政の効率化、負担と給付の公正、そして国民の負担軽減及び利便性の向上である(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第1条)。

個人番号法では、国民一般には何の義務づけもしていない。
負担軽減を謳う法律が、国民に負担を押しつけるのでは筋違いであるから当然である。
したがって、個人番号通知カードを受け取る義務がないことはむろんである。

受け取らないという選択が賢明かであるが、将来どうしても個人番号が必要になったときには、個人番号の記載のある住民票を取り寄せる時にマイナンバーの添付を求めれば、番号が記載されます、取手市役所が周知してくれた。
よって、マイナンバーカードを作らずとも、番号が必要な時には、住民票を発行すれば自分に割り当てられた番号を知ることができます。
受け取らないことによる不利益は何もない。

一方で、今回に送付される「個人番号通知カード」を受け取ってしまうと、
次のような義務が発生する。
紛失したときは、直ちに役場に届け出をしなければならない。(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律7条6項)

移転転入手続には、個人番号通知カードを提示しなければならない。(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律7条4項)

通知カードに記載された事項に変更がある場合は、14日以内に役場に届け出なければならない。(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律
7条5項)

テレビを見ていると、自分の番号の管理は自己責任であるかのような解説もある。
勝手に番号を割り振っておいて、国民に管理責任を負わせるかのような話は、そもそも国民の負担軽減を趣旨とする「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の精神に反している。

前記した規定の違反には、制裁規定こそないが、通知カードを受け取ると、義務が生じる構造になっているのであるから受け取らないに越したことはない。

行政は勝手に個人番号を付して、勝手に個人番号を活用するというのであるから、行政が自分で個人番号を確認すればよいだけの話であって、国民がわざわざ行政のお手伝いをしなければならない筋はない。

通知カードを受け取らない人が多いと、行政事務が増えるかもしれないが、特定個人識別番号導入で、確実に行政の事務は増える。
行政の事務が増えることを行政が自分からしようとしているのであるから、国民がこれに協力しなければならない筋合いはないのである。
—————-

oshiete.goo.ne.jp/qa/5643567.html
受領をしたくなければ、居留守しかありません。

簡易書留や特定記録郵便や普通郵便なども
【受領拒否】 は 受け取った と見なされます。

「不在」の保管期間を過ぎて
そして相手へ返送された場合は 到達 と見なされません。
—————-

政府が一番恐れているのがマイナンバーの【居留守】の拒否です。
ttp://sharoushi-one.biz/%E9%80%9A%E7%9F%A5%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E5%8F%97%E9%A0%98%E6%8B%92%E5%90%A6%E3%81%A7%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E7%A0%B4%E7%B6%BB%E3%81%99%E3%82%8B
各家庭へ簡易書留で送られてくるので、
「不在」だったら不在票がポストに入れられます。
7日以内に郵便局へ取りに行くか再配達を指定しないと、政府へ返却されます。
国民の過半数が拒否したら マイナンバー は終わります。
—————-

「受け取り拒否」 と 「不在→留め置き期間経過」は全くの別物なので、
強く注意してください。

通知カードを受け取ろうと受け取るまいと
「各個人にマイナンバーが割り当てられている事実」に変わりは無い。

個人に向けた通知カードの発送 とは、
 「あなたに割り当てられたマイナンバーはこの番号ですよ」と
 政府がお知らせしている、
を【受け取った側が 知るか否か】にこそ 其の主目的が有る。
俺からすれば マイナンバーの送付 は 赤紙の送付 と同義 に考えている。
「マイナンバーの通知カードの受け取り拒否」が悪いとは言わないし、
まだマシだけど。
ただ それだけ。

大東亜戦争の頃よりも
詐欺や情報の工作や統制が巧妙で悪質となった21世紀初頭の極東の一諸島の場合の
安直な「受け取り拒否」だけでは 甘い となる。

現実問題として不在を貫くのは難しいので、
止むを得ない場合の最悪の選択として「受け取り拒否」は覚えておく。
何も考えずに受け取る よりは まだマシ なので ならばよし である。
少なくとも其の姿勢そのものは悪くないから。

そもそも其処から先が本当の戦いの始まりなのだから。
ただ今回は「簡易書留」であり「配達証明」ではない。
つまり受取拒否は絶対となりにくい。
「配達証明」と違い、
「簡易書留」では郵便の配達員も絶対義務を負わない。
なので配達員へ
「大変に申し訳ないけど 不在 という事にして頂けないでしょうか」
と お願いできる な可能性が残されている。

それは配達員の性格にもよるが、
上手に対応すれば という現場の戦術の余地もある。
臨機応変に その人が其々に適宜に対応し続けていくしかない。
それが
 現状の極東の一諸島にの一般民衆へ叩き付けられている 無差別テロ
へ戦っていく である。

それは 被曝と汚染 への対応 と似たようなものだ。
個々の人達が 自分の生活や状況へ合わせて適宜に対応していくしかない。
現状の虚構世界の情報流通を行なう
貴方の隣人の 天才や聖戦士や情報に強い人達
は、こういう事を横一線で不思議に言わない。

マイナンバーの個人通知カードの簡易書留は
 「不在」→「7日間の留め置き期間経過」
を まずは狙う。

最悪の場合に「受け取り拒否」を狙う。
ましてや
 「通知カード」に添付されている「個人番号カード受付申請書」で
 マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受ける
は 問題外 である。


 

上記は阿修羅という掲示板サイトの記事ですが、その中で

> 「受け取り拒否」では「到達」とされる。
>簡易書留や特定記録郵便や普通郵便なども【受領拒否】 は 受け取った と見なされます。
>「受け取り拒否」 と 「不在→留め置き期間経過」は全くの別物なので、強く注意してください。

とあります。

なぜ、受け取り拒否したのに受け取ったことになるのでしょうか?

番号法7条の解釈として「通知カードの交付を受けている者」とは、今「手元に」通知カードがある状態であると、11月2日、総務省の住民制度課「さとう」さんに話して確認してあります。(下に証拠動画添付 23分から)

27:40~ はっきりと、「通知カードの交付を受けているものは、通知カードを持っているもの、という風に解釈される」と言っています。

よって、私は「通知カードを受け取ってしまっても送り返せば、交付を受けていないと解釈されるから、最寄の市町村に送り返そう!」と言っていたのです。

しかしながら以前に、通知カードを受け取らせたい、マイナンバー反対偽装をしている集団「個人番号いらないネット」について記事に上げ、その人物が通知カードを拒否するためには「判子、署名をしなければいけない」と言っていたことに大きな違和感があったのです。 それを下記記事で言っています。

「通知カードを受け取らせたい。」マイナンバー反対の偽装に注意してください ~通知カードの受け取り拒否の仕方WS006091 WS006095

つまり、総務省の住民制度課「さとう」さんの話は嘘である可能性、そして「通知カードの交付を受けている者」とは、通知カードが手元にあるかないかではなく、サイン・判子を押してしまうと「受け取り拒否」をしても、「通知カードの交付を受けている者」と解釈される可能性があります

「送付を受けたが、拒否した」という強引な解釈です

もしそうならば、通知カードを受け取らせたい集団である、マイナンバーいらないネットが、「判子、署名」が必要と言っていた大きな違和感との整合性が取れます。

よって、通知カードの受け取り拒否方法ですが、

局員に出くわしても「サイン、署名、判子」は決してせずに、居留守、不在票を入れておいてくれと言い「不在→留め置き期間経過」で受け取り拒否

これが一番確かな方法です。

私は受け取り拒否に伴い、「サインするかしないか」は、「明白な受け取り拒否(サイン捺印付)」の場合と、「不在での返還」を役場職員が分けることによって、市町村に返還後に行われる「受け取り催促」という事務作業の円滑化が狙いではないか?と、思っていたのですが、なぜ受け取り拒否に「サイン、署名、判子」をしなければいけないのかが腑に落ちない点でもありました。

しかしながら、皆さん

仮に署名したとしても「受け取り拒否」をしたにもかかわらず、「通知カードの交付を受けている者」とされ、義務が発生することが合っていいのでしょうか?

<続きの記事>

<通知カード受け取り拒否>弁護士 岩月浩二氏の見解「印鑑を押しても受け取らなければ、交付を受けたものにはならない」

 

 

  • いいね! (165)
  • この記事の題材でまた読みたい! (115)
  • この記事を動画で見たい! (0)

番号法・第七条「通知カードの交付を受けている者は」の解釈について」への11件のフィードバック

  1. のむのむ

    こんにちは。
    「『通知カード』を受け取っても、最寄りの市町村に送り返そう!」の動画で、メールが紹介された者です。
    本日、祝日だというのに、ついに通知カードが郵送されてきました。
    前回のメールで書いたように、我が家は私以外の家族は受け取りを希望しているので、配達時に一人で在宅していた私がサインをして受け取りました。
    そして、ここから、私一人が受け取り拒否をする行動に出るために、さゆさんのブログを確認していたところ、この文章を読みました。
    結論的には、一度サインして受け取ってしまったら、市町村に送り返しても無駄になってしまうのでしょうか?
    そこのところを是非とも明言いただきたいです。
    よろしくお願いします。

  2. Carlos

     今朝気が付いたら、新聞受けに昨日の午後に郵便局からの不在の通知が入っていました。
     本当はそのまま1週間放っておくつもりでしたが、受取拒否かずぼらなだけか区別がつかないため(受取拒否をする人がたくさんいると知らせることも重要と思い)、不在の通知に「不要なので差出人に反してください」と書いて、自分の名前も印鑑もなしでポストに入れました。

  3. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    のむのむさん

    市町村に通知カードを送り返す方針に変わりありません

  4. よしこ

    日本郵便(株)のHPに「迷惑な郵便物等が届けられた場合、受け取りを拒絶することができます。~」とはっきり記載されています。
    https://www.post.japanpost.jp/question/121.html

    ・「受取拒絶」の文字
    ・受け取りを拒絶した方の印を押印又は署名を記載
    だそうなので、署名や押印によって受取を拒否しているのに、「受け取った」と解釈される謂れが理解できません。

  5. よしこ

    通知カードが簡易書留「郵便」で送付されることから、郵便法の観点からも「受取」(すなわち通知カードの交付を受けたこと)の定義、あるいは受取拒否の定義を確認してもよいのではと思い、調べてみましたが中々どんぴしゃりの定義が見つかりません・・・

    ただし、郵便法のほか、郵便法施行規則、「郵便業務管理規程」や「内国郵便約款」においても、郵便について細かな規定が設けられていることから、郵便全般の理解のために多少参考になるかと思いました。

  6. ひつき

    昨日、初めてピクニックに参加しました。
    さゆさんの「マイナンバー受け取り拒否運動」に対する覚悟と懸念を直接伺うことができ、とても良かったです。
    参加されなかった人にも、その覚悟はさゆさんの記事を読めば十分伝わると思います。
    気になったのは、懸念の部分としておっしゃっていた受け取り拒否をした人たちに、今後の政府の動きによって、何らかの迷惑がかかるのではないかとの事ですが、そこは私個人の見解を言わせてください。

    マイナンバーなどというおかしな制度、そこに言葉にはならない違和感を感じていた人達。
    そこで、さゆさんのサイトに出会い
    「そうそう、そこのところおかしいよね」とか
    「おお!この人すげえ!自分のナンバー公開してるよ!」とか
    「おお!感動した。俺も(私も)やるぞ!」
    としっかり納得して、それぞれの人がそれぞれの立場で、拒否なり、不在通知無視(私です)したりして、それぞれ個々の、あくまで個人としての運動が広がっていると思うのです。
    これは自己責任を通した地に足の着いた運動、それゆえに支配者層にとっては厄介なムーブメントだと思うのです。
    例えば、集団で集まって役所の前でビラを配り、それを動画に撮りアップして、やんや中傷するような浅はかな運動とは異なります。
    繰り返しますが(笑)それゆえに、本質を突いてるゆえに、支配者層にとって厄介なムーブメントなのです。
    まだ途中経過にすぎませんね。私は私の持ち場で草の根レベルで運動を継続していきます。
    葛藤する姿は、真剣さゆえのもので美しいです。

    最後に、この場をお借りしてすみません。
    ピクニックで縁あってお話しできた方、お話はできませんでしたが志を共にする方、場を共有できて、有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。
    また、私が連れて行った未就学児二人を気に留めていただいた方、一緒に遊んでくださった方、ありがとうございました。
    さゆさんは不思議な人ですね。
    さゆさんがトイレに行く時、私の子供を含めた6人くらいの子供がぞろぞろさゆさんについて行ったのが印象的でした(笑)
    子供はその人の本質を見ますからね・・・

  7. プル15

    色々考えて下さった上での情報更新感謝です!!

    ほんとうに法律はいかようにも解釈できるような言葉を使い、強引で姑息です。
    こんないらない物のために連中の言葉遊びに付き合うのは骨が折れますね。

    ですが、それでも止まるわけにはいきませんね!

  8. さっとん

    強引に、一度「受け取った」それを拒否したという解釈・・・んな細かい詐欺まがいな方向は・・・
    有っていいはずがないですね。
    私もさゆさんの記事を読んで、「受け取っている者は」という現在進行形だという明白な言葉の解釈は細かいけれども重要なポイントだと考えます。
    仮に署名したとしても「受け取り拒否」をしたにもかかわらず、「通知カードの交付を受けている者」とされ、義務が発生することが合っていいのでしょうか?

    絶対ダメですね

    どんな形であれ拒否したという事実が残っている以上前提として「一度受け取った」などと云う解釈が今後なされる場合は各々が国を訴えることの出来るレベルではないでしょうか。
    (それも面白いですね)

    自身の手元のない以上「受け取った」とは言えないでしょう・・・
    「一度」受け取ったと「一度」という言葉が入ってたら別ですが・・・そんなあからさまな裏があるような変な条文は出来るはずがないでしょうが(笑)

    とにかく言葉の解釈・情報が錯乱していて、それは意図的にカード返却の証=強迫観念まがいなものへと混乱させる目的も少なからずあるように思えますので、
    ハンコ捺印するしない・居留守という形であれ、自身が「手元に持たず返却」という現状を作ることが何より重要に思えます。

    さゆさん、慎重な言葉の解釈や疑問をきちんと分析している真摯な姿には毎度脱帽です
    受け取った・受け取っている者はという二者の言葉の解釈と「いらないネット」の細かい不可解なツイートはとても重要なワードですもの。

    さゆさんの記事文面に

    「総務省の住民制度課「さとう」さんの話は嘘である可能性、そして「通知カードの交付を受けている者」とは、通知カードが手元にあるかないかではなく、サイン・判子を押してしまうと「受け取り拒否」をしても、「通知カードの交付を受けている者」と解釈される可能性があります

    とありますが、

    このさゆさんの「さとうさん」とのやりとりが残っている以上、
    さゆさんや私だけではなく、「さとうさん」を代表例として条文では一般の個人の解釈はこのように至るという証拠になりますので、
    これも強みに思えます。

    慎重な記事の更新どうもありがとうございます。

  9. 甘えび

    ひつきさん!
    さゆさんのトイレエピソード面白いですね!
    私達も、空の上の方〜から見ると、そんな風に見えるかも(#^.^#)

  10. ひつき

    >甘えびさん
    そうかもしれませんね(笑)
    最初集合場所に行くと、黒ずくめの服装に、サングラスをしたさゆさん。
    おお!ちょっと場違いなところに来てしまったかな~などと思いましたが、杞憂でした。

    いろんな人が集まって、お弁当を食べ、くつろぎながら気ままな話をする感じは新鮮でしたね。
    ピクニックというスタイルは、いろいろな枠組みから自由で良かったです^^
    ただちょっと服装を間違えてしまい(結構な軽装でした)、時間が経つにつれて、どんどん寒くなってきて会話に身が入らず残念でした((´д`)) ブルブル…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA