【集団的自衛権行使】7月1日にも閣議決定!公明代表、受け入れ表明=修正案「二重三重の歯止め」


山口那津男「二重三重の歯止めが利いており、拡大解釈の恐れはないと判断している」と述べ、受け入れる意向を表明した。

二重三重の歯止めとは何でしょうか?
全く示されていません 詐欺師には内容すら聞きたくも無いです 嘘ばかりで飽き飽きだ
創価朝鮮人学会 山口那津男代表さん

武力行使する為に、議員の過半数以上の多数決と国民投票で三分の二の賛成で決める等の歯止めを明記しましたか? どうせ首相判断のみですよね?議員の多数決でも不正選挙議員では無意味です

自公プロレスご苦労様でした
安倍内閣発足直後からバレバレでつまらなかったです

 

公明代表、受け入れ表明=修正案「二重三重の歯止め」―集団的自衛権行使

時事通信 6月26日(木)21時35分配信

 公明党の山口那津男代表は26日夜、NHKの番組に出演し、集団的自衛権の行使容認をめぐる閣議決定の修正案について「二重三重の歯止めが利いており、拡大解釈の恐れはないと判断している」と述べ、受け入れる意向を表明した。政府は公明党の意見集約を待ち、7月1日にも閣議決定したい考えだ。
 自民、公明両党は24日の協議会で大筋合意していたが、公明党内には行使容認になお慎重論があり、党内調整が続いている。慎重だった山口氏が受け入れを明言したことで、容認に向けて調整が加速する見通しだ。 

 

 

  • いいね! (6)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【集団的自衛権行使】7月1日にも閣議決定!公明代表、受け入れ表明=修正案「二重三重の歯止め」」への1件のフィードバック

  1. 川口

    こちらもバレバレです。

    ユダ金同根である限り、結論ありきですね。
    宗教課税、死人池田の証人喚問、カルト指定・・どれも嫌でしょうが
    今回の公明党は是が非でも戦争したい姿勢が鮮明です。

    公明党側から戦争参加の口実を自民に提案とすっぱ抜かれております。

    ■自衛権行使「新3要件」公明が原案 自民案装い、落としどころ

    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/96159

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA