千葉県浦安市と市川市だけで、計約1万5千通のマイナンバー通知カードが市町村に戻る


WS006146
千葉で1万5千通届かず マイナンバー通知カード

2015/11/11 22:16   【共同通信】

 千葉県の浦安市と市川市で、計約1万5千通のマイナンバー通知カードの入った簡易書留が本人に届かず市役所へ戻ってきていたことが11日、両市への取材で分かった。

 11日までに市川市では約1万通、浦安市は約5千通が戻ってきた。配達時に不在で保管期限を過ぎても受取人が郵便局に取りに来なかったり、宛先不明で戻ってきたりしたケースが多いという。

 通知カードは転送できないため、両市は今後、カードを預かっていることを郵便で知らせ、市役所の窓口まで受け取りに来てもらうなどする方針。


これはいい流れです。

これだけのマスが受け取らなかったのですから、この流れが全国に広がる可能性は高いです。

合わせて、ダメ押しとしてのマイナンバーを公開をしてしまう人が増えれば、マイナンバー制度を運営していく上での大打撃を与えることができます。

マイナンバー制度廃止に向けて、大きな成果が顕在化しました。

私としては、この一万五千通の中で、どれだけの世帯が「受け取り拒否の意思」を示して受け取らなかったのかその比率が気になるところではあります。

もし明白な意思で拒否した世帯が多いのなら、私がしている「受け取り拒否運動」が効を奏したのだと思いますし、

もし「不在で受け取れない」、「興味がない」など世帯が多いのなら、貧窮化させ、低賃金長時間労働に移行させた支配者層の自爆であり、社会毒、バラエティーやゲームなどの無駄エンターテインメントを蔓延させすぎた煽りかもしれません、これも自爆です。

しかしながら、下のツイートを見てもらえば分かるように、私が思っている以上に、通知カード受け取り拒否の情報は蔓延し、大衆に対して広がりを見せ、理解された可能性を大いに感じます。

今後市川、浦安のマイナンバー制度を担う「戸籍住民課」など市役所は、受け取らせるために奮闘するでしょうが、果たして半数も受け取ってくれるでしょうか? むずかしいでしょう。

マイナンバー制度廃止へ向けて、「通知カードの受け取り拒否」「(住民票発行による)マイナンバーの公開」これをより大胆に進めていくべきでしょう。

これはものすごい成果です。


追記:

そして既に通知カードを受け取ってしまっても、最寄の市町村に送り返せば、「通知カードの交付を受けたものに当たらない」と解釈できますので、受け取ってしまっても送り返しましょう。

つまり、市町村役場への、返送はこれだけではなく、「通知カード」はまだまだ戻ってくる可能性があるのです。














  • いいね! (231)
  • この記事の題材でまた読みたい! (154)
  • この記事を動画で見たい! (1)

関連記事

千葉県浦安市と市川市だけで、計約1万5千通のマイナンバー通知カードが市町村に戻る」への5件のフィードバック

  1. 坂田 尚之

    さゆさんこんにちは!今日ナンバー付きの住民票を取りました。いやはやきちんとご丁寧に12桁割り当てられてますね!笑

    僕の所はすんなり発行してくれましたよ!良かった!

    さて後は通知カードを拒否るだけですね!

    玄関に張り紙もいいですね!橘さんのNHK撃退シールも貼ってますので何じゃこの家は!ってなるかも。笑

    さゆさんの情報にいつも感謝してます!ありがとうございます!

    郵便局大変ですね!笑
    まさに師走やわ!

  2. 大和魂

    事業者も、従業員のマイナンバーの報告受けた次点で義務が発生します。
    よって何もしない方が良いそうです。
    以下【弁護士さんのブログより】↓
    http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/636133/536116/83858604

    会社に《マイナンバー通知カードのコピーの提出を求められるかも…》とのコメントもありましたが、
    断ったとしても何の罪にもならないし
    会社に迷惑もかからないみたいです。

  3. karie

    ありがとう!
    この様な情報を、私はとても知りたかったです。
    全国で配布され始めて、受け取りを拒否した人達も多い様な気がするのですが、
    それをメディアやマスコミが報道する様な事は無いのだろうなぁとも思っていましたし。

    さゆさんの活動の影響というのはとても大きいと私は思います。
    現に私はさゆさんのブログでマイナンバー制度の情報を得られた訳ですし、その他色々勉強する中でさゆさんの情報が一番信頼できると感じたので、私も微力ながら自分が参加しているサイトに新しい情報を得る度にコラムに執筆させて頂きましたし、さゆさんの記事もご紹介させて頂き、リンクも張らせて頂きました。

    多分その様にされておられる方も案外多いのではと私は思っていますので、さゆさん発信の情報は、さゆさんが思った以上に生かされている様に私は感じます。

    さゆさんの勇気と実行力に、心から感謝致します。
    言葉で伝えるのは誰でも簡単にできますが、他の誰がさゆさんほどの勇気ある行動ができるでしょうか?
    さゆさんのされた行為は、本当に勇敢で立派な尊敬すべきものだと私は思っております。

  4. ひつき

    ちょうど役所にマイナンバー付きの住民票を取り行っている間に配達があったようで、マイナンバー専用の不在連絡票が入っていました。
    これも「こんなものは受け取るな!」という神の采配(笑)ですね。
    もし在宅中に勝手に再配達されるようなら、拒否したいと思います。

    役所の窓口でもまるでマニュアルのように、
    「もうすぐ届くのでお待ちになった方がいいですよ。」
    とやんわり拒否されました。(確かにおっしゃる通りでしたが(笑))
    しかし、
    「いや、内閣官房のホームページに(マイナンバー付き住民票が)受け取れると書いたあったのでお願いします。」
    といったら割とすんなり発行されました。
    所詮、役所などは縦社会の縮図ですからね。(非難ではありません。大きな組織ほど構造的に縦社会にならざる得ないこと位わかりますので・・・)

    幼い子供を含む家族に、無機質な番号が割り当てられているのを見た時、ゾッとするのと同時に少し悲しくなりましたね。
    こんな制度、とん挫すればいいと本当に思います。

    こちらは一見いいニュースに見えましたが、通知カードは受け取ってしまっているのですね。
        ↓
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000056-asahi-soci

    役所に直接返還するときは、通知カードも一緒に持って行ってほしいですね。
    年配の方たちの行動にも期待したいです。

    11日時点で、全体のたった1割しか配達されていないとの事なので、
        ↓
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000063-san-soci

    これから配達されていない人たちの間で、「マイナンバー通知 受け取り拒否運動」がまだまだ広がってもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA