マイナンバー付住民票を「すんなり」と発行する口実 ~その1


マイナンバーマイナンバー付住民票をもらおうとして、すんなりもらえなかったと言う「嘆きの連絡」が多数来ています。

ちなみに私は、一切わだかまりなく、すんなりもらえました^^

すんなりもらえた人は、特に私に連絡をしないのでしょうから、すんなりもらえない人が大多数なわけではないでしょう。

しかしながら、マイナンバー付住民票を発行する際に「何に使うの?」と、役場の人間に詰め寄られるような、人が全国にいることも事実のようです。

マイナンバー付住民票を発行することはなんら悪いことではないので、毅然とした態度で立ち向かいましょう。

自分の住民票を発行するだけです。

しかし皆さんは今発行しても、まだマイナンバー12桁がわかっても使う場所がないでしょうし、会社などでマイナンバーが求められるのも、通知カードが行き渡って、来年2016年にマイナンバーカードが発送されてからでしょう。だからなぜ住民票を発行しに行くのか?という素朴な疑問がありますが、皆さん自分の奴隷番号がよほど知りたいんでしょうw 気持ち分かります。

私は世界で一番最初に日本で発行されたマイナンバーを世界に公開したかったので、必要だっただけで、特に今後は奴隷番号を極力使わないことで監視社会への流れを滞らせたいと思っています。

私のマイナンバーを公開します。

受け取り拒否することは「マイナンバーはいらない!NO監視社会!」と言う意思表示になります。

そして今日、「通知カード発行前なら、住民票にマイナンバーを添付させる口実があるよ」と連絡をもらいましたので、もし通知カード交付前に、マイナンバー付住民票を皆さんが交付したいなら、すんなりと、交付を受ける口実の一つとして皆さんの参考になると思い掲載させてもらいます。

情報ありがとございます!


さゆふらっとまうんどさん、

こんにちは。

記事の更新おつかれさまです。

メールで失礼いたします。

私も10月21日に区役所へ出向き、住民票の交付申請をし、その際「個人番号を記載したものを発行してください。」と言ったところ、受付の中年女性の目の色が変わり、「この地区では11月下旬に通知カードが届くことになっているので、それで確認してください。」と言われ、「拒否」されました。

そこで、私は「すでに個人番号は割り振られているはずで、10月5日以降なら希望すれば住民票に記載してもらえるはずですが。」と再度申し立てたのですが、相手は目を泳がせつつ「通知カードが届きますから」の一点張りで聞く耳を持ちませんでした。

こちらもやや準備不足でしたので、「それなら結構です。」と引き揚げようとしたところ、相手は「住民票は要らないんですか?」と驚いた様子で尋ねてきたため、「ええ、要りません。」と答えて一旦帰りました。

ちょうどその日に、さゆふらっとまうんどさんの動画記事住民票にマイナンバーの記載を拒否された時の対応 ~役人が「住民票にマイナンバー記載できない」と対応する正当な権限はありません。』がアップされているのを拝見し、興味深く聴かせていただきました。

これは最高のタイミングで、たいへん参考になりました。

他にも自分で色々と調べ、例えば『マイナンバーの「通知カード」の到着を待たずに「個人番号カード」の申請をする方法』というブログ記事等も見つけました。

これは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が開設した「個人番号カード総合サイト」に掲載されている「公式の」方法のようです。

http://www.pmarknews.info/mynumber/51995510.html

ただし、の記事の趣旨は個人番号カードを自ら進んでもらう気満々のようですので、その点は全く賛同できかねますが通知カードによらずに住民票によって個人番号を知る「だけ」のための方法としては使えると思いました。

こうした資料を集め、翌日再び区役所へ出向き、個人番号を記載した住民票を交付してもらうことを試みたのです。

すると、窓口の担当者が前日と違う人だったため、単純に前日と同じように用件を伝えたところ、驚いたことにすんなりと個人番号記載の住民票を交付してもらうことができました。

思うに、すべての窓口担当者が一律に同じ「指示」を受けているわけではないようでした。少なくともそう感じました。

いずれにせよ、役場が住民票に個人番号を記載できないという権限など一切無いことは明らかです。

それでも、コメント欄でRさんがおっしゃっていたように、頑なに拒否をしてくる自治体があると思われますので、その際は上記URLの記事を参考に「通知カードが届く前に早く個人番号カードの交付申請をしたいので」と申し出てみるのもひとつの手かと思います。

最後に、すでに皆さんご存じかもしれませんが共通番号いらないネット』というサイトが精力的にこの問題に取り組んでいます。

http://www.bango-iranai.net/

「使える資料」などもダウンロードして身近な人に配布できるようにもなっています。

できるだけ、個人番号カードを作らないことは勿論、通知カードも受け取らないという意識が広まる契機になればと思っています。

長文失礼いたしました。

取りいそぎ、ご報告まで。


<動画>住民票にマイナンバーの記載を拒否された時の対応 ~役人が「住民票にマイナンバー記載できない」と対応する正当な権限はありません。

<NO監視社会!受け取り拒否運動>「マイナンバー通知カード」を絶対に受け取ってはいけません。






  • いいね! (173)
  • この記事の題材でまた読みたい! (123)
  • この記事を動画で見たい! (2)

マイナンバー付住民票を「すんなり」と発行する口実 ~その1」への6件のフィードバック

  1. 自己改革

    ブログ更新お疲れ様です。
    マイナンバーについて興味深い記事を見つけましたのでお知らせします。
    マイナンバーを知らせないと仕事を紹介しないというような派遣会社があるようですが、このような派遣会社はこの利権のグルなのでしょうね。
    国民がわざわざ行政の仕事のお手伝いする必要は無いと思います。
    http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/636133/536116/83630832
    ※リンクの張り方に慣れてませんので、もしリンクが間違っていたらコメント非公開でお願いします。
    (名古屋の弁護士さんのブログからです)

  2. ひつき

    自己改革さん、まさにその通りだと思います。
    なぜ、お国(NWOですね)の都合で作られた「マイナンバー制度」によって中小の企業が負担を増やされなければならないのでしょうか?
    中小の企業がこの悪政に時間と神経をすり減らすのは、まさに死活問題です。

    >マイナンバーを知らせないと仕事を紹介しないというような派遣会社があるようですが、このような派遣会社はこの利権のグルなのでしょうね。

    早々とこのようなことを言い出す派遣会社は、
        ↓
    http://haken.ahc-net.co.jp/
    ではないでしょうね。

    この会社は、麻生(ちなみに副首相です。一時期首相もやっていたそうですW)の一族により、経営されています。
    それとも、同じく売国奴ファミリーの平蔵パソナでしょうか?
        ↓
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/sasakiryo/20150104-00041997/

    もう、有名な話ですが、安倍(ちなみに今の日本の首相です)と麻生は天皇家の親せきです。
    構図が分かりやすすぎて、あきれますね。
    少し下の方に下りていくと、3人並んだいい写真があります。
       ↓
    http://matome.naver.jp/odai/2140431539444351301

    私は、売国奴に敬称はつけません。悪しからず。

  3. 甘えび

    皆さん、参考になる情報をありがとうございますm(_ _)m
    今のところ、別に自分の奴隷番号知らなくても不都合ないみたいなので、必要になれば、住民票を取りに行けばいいかなと思っています。

    ただ、奴隷番号通知カードの簡易書留がきたら、ハンコを押さずにお引き取りいただくことですねm(_ _)m

  4. さとき

    初めまして。
    本日マイナンバー記載の住民票取得に成功したので参考になるかわかりませんがコメントさせていただきます。当方新宿区在住です。
    ①区役所の住民票交付の窓口前で、住民票交付申請書を記入。
    このとき、申請書にマイナンバー記載の有無の欄があるので、もちろん有に丸をつけます。

    ②窓口で申請書を提出し、本人確認書(免許証など)を見せ、会計を待つ。
    このときに、マイナンバー有について職員に軽く触れられましたが、「保管は取扱注意でお願いします」の一言のみ。
    ③会計を待ち、300円支払い、受け取り。

    所要時間約8分

    役場の忙しい時間帯だったようで、役場の職員も一件一件細かく対応していない様子。
    それもスムーズな取得を可能にしたのかも知れません。

    あとは通知カードを受け取らないだけ。
    権力者への
    奴隷化しない意思表示
    は、こんなに手軽にできるのですね。

  5. しろ

    さゆさんのブログを見て、まずは自分で何か行動してみようと思い、
    個人番号を記載した住民票の交付に
    行ってきました。

    こちらは、広島県広島市中区役所です。

    そのまま申請理由記載事項(その他)で、マイナンバーの確認等の理由では、少し不安だった為さゆさんの
    ブログの記述を参考にして ↓

    『マイナンバーの「通知カード」の到着を待たずに「個人番号カード」の申請をする方法』というブログ記事等も見つけました。

    住民票の一番下の欄の、その他の欄に丸をし、マイナンバーカードの申請の為と記載し
    受付に持っていくと、免許の提示と、更に申請の理由を聞かれ、
    住民票交付料金支払いの時
    別の人からまた申請理由を聞かれました。

    理由がしっかりしてないと
    すんなりとは個人番号付住民票は、発行してくれないのじゃないかと
    思いました。

    役所への対応の申請理由は、長期で海外に行く為、個人番号通知カードが受け取れる期間にいないから
    (PC用)個人カード、オンライン申請サイトで手続きするという理由です納得されてました。

    以上です。

  6. 山口紗季

    マイナンバーを知るために、住民票を取りました。事前にさゆさんのブログを読み、対応の仕方をしっかり頭にいれて行きました。
    私は川崎市中原区役所に行ったのですが、マイナンバーを入れてほしいと言ったら理由を聞かれました。自分の番号を知りたいからと答えたら、備考欄にその事を書き込んでいました。少し怪訝そうな顔をしていましたが、すんなり取れました。
    受付にマイナンバーを請求とかいうゴム印があってそれを書類に押していました。
    こんな物があるという事は、マイナンバーを載せてほしい人が結構いるんだと思いました。
    情報をいろいろありがとうございました。助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA