スーパーなどの業界、軽減税率の導入反対を申し入れと「市町村、吸収合併」


WS005971 WS005972 WS005973 WS005974 WS005975 WS005976スーパーなどの業界、軽減税率の導入反対を申し入れ(2015/10/21 17:05)

 消費税が10%に引き上げられる時に導入する軽減税率制度について、スーパーマーケットなどの業界団体、日本チェーンストア協会の清水会長が財務省を訪れ、導入に反対の意思を改めて伝えました。

 日本チェーンストア協会・清水信次会長:「将来、高齢者や社会保障はまだいるから、(軽減税率導入は消費税が)10%以上に上がる時に相談すればいい。今(税収を)減らすことはやらないでいい」
 清水会長は、軽減税率の導入は「大幅な税収減を招き、社会保障制度の充実に充てる目的を損ないかねない」とのチェーンストア協会の主張を改めて訴えました。低所得者対策としては、現在行われている給付措置の拡充などで対処すべきとしています。清水会長は近く、自民党税制調査会の宮沢会長にもこの主張を伝える予定にしています。


 

「増税」すると、消費が落ち込み、景気が悪くなるわけなので、普通、小売業者は大衆と利害が一致し、大衆への税収が増えることに反対のはずなのです。

しかし、大手企業、経済同友会、今回は日本チェーンストア協会が「増税しろ」と政府に圧力をかけています。

大手企業6割「消費増税、予定通りにあげるべきだ」の理由
経済同友会は消費税率を17%まで引き上げることなどを求める提言を麻生財務相に手渡した。

上記記事でも言いましたが、増税を生き抜くためには、「内部留保」が多い企業が有利なのです。

国家政策として、貧窮化を進めたり、消費を落ち込ませることで、大企業は企業努力なしで、ただ金の力で、シェアーを伸ばし、顧客を増やすことができるのです。

つまり、国家規模で社会環境を厳しくすれば、大企業だけが生き残り、そして中堅企業は生き残りをかけて吸収合併を繰り返してわけですから、自由競争、自由経済を謳ってはいるものの、実質社会主義・共産主義であり、ワンワールドが形成されているのです。 それを企業自身が強行したがっているのがこれら大企業や協会の動きなわけです。

そして、実は我々が住む市町村も吸収合併を繰り返しており、明治21年(1880年)から平成26年(2014年)までのたかだか、134年で「市町村、71314」から「市町村、1718」まで激減しているわけです。

134年で約42分の1です。

この事実一つ取っても明治以降にNWOは格段に進んでいることが見て取れます。

 

WS006000 WS006001

 

  • いいね! (166)
  • この記事の題材でまた読みたい! (115)
  • この記事を動画で見たい! (4)

関連記事

スーパーなどの業界、軽減税率の導入反対を申し入れと「市町村、吸収合併」」への6件のフィードバック

  1. tetu

    相変わらずfacebookからコメント見ようとすると落ちます(^。^;)何なんでしょうね嫌がらせ?
    でもPCから見れるから意味ない気がしますが。

  2. うっしー

    小売業にあるまじき発言。
    社会保障、社会保障って。この国はわたしたちから巻き上げた税金をほんとうに社会保障に充てたことがあるのでしょうか?ただの一度も無いでしょう。今後も無いでしょう。
    だって武器買ったり核作ったり自然を壊したり外遊と言う名のキチ害外交をしなきゃならないんですから。国民の税金で。

  3. もけ

    増税させて低資金で大多数の企業群を一気に枯渇させようというわけですね。企業の常套戦略ですね。
    ここでも通貨発行権と信用創造の悪行。
    そもそも大銀行が通貨発行権を国から奪った時期と、税金が蔓延しはじめた時期が一致してる歴史ってどうなんですかね?
    明治維新以前(銀行創設以前)は農民の年貢くらいしか税はなかったはずです。
    お金の手にノっちゃまずいっす!

  4. 自己改革

    奴隷になる教育を受けていると「飼われている」ことを「守られいる」と錯覚するのでしょうね。
    国も会社も「いかに上手く飼うか」ぐらいにしか考えていないのがよく解りました。
    人間同士が奪い合うのを肯定する社会に違和感を感じる感性を抹殺するような教育(狂育)に明るい未来はありませんよ。
    今回も勉強になる記事をありがとうございました!

  5. さっとん

    自己改革さん

    「奴隷になる教育を受けていると「飼われている」ことを「守られいる」と錯覚するのでしょうね」

    ココですよね!
    言語化ありがとうございます。
    いまだ買って一度も政府は国民のことを考えた事なんてないです。
    教育・企業・環境破壊を見ただけで一目瞭然です。

    どう考えても社会は愚か中枢など我々庶民の「見方」ではないです。

    しかしながらこれをストレートに伝えても、自らの病気に苦しんでる方に説明しても目が覚めません。
    私はネットではなく対面して個人に直接伝え続けるように生きておりますが・・・
    本当に難しい・・・でもまだまだ死ぬまで頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA