7月上旬に安倍総理はオーストラリア訪問があるので、来週には集団的自衛権行使容認するそうです


集団的自衛権 与党協議来週中合意も視野
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140621/t10015395191000.html

6月21日 4時18分

集団的自衛権 与党協議来週中合意も視野

 

集団的自衛権などを巡る与党協議で、自民党は集団安全保障措置としての武力行使も可能にすることを提案しましたが、閣議決定の文案に盛り込むことには、必ずしもこだわらない考えです。
一方、公明党内には、自民党の提案への反発などがあるものの、執行部は集団的自衛権の行使容認について来週中の自民党との合意も視野に、丁寧に党内の意見集約を図ることにしています。

20日の与党協議で、自民党はシーレーン=海上交通路で武力攻撃が発生した際の国際的な機雷の掃海活動に関連して、国連決議に基づく集団安全保障措置としての武力行使も可能にすることを提案しました。
これに対し、公明党内には、これまでの協議では集団的自衛権を中心に議論してきたにもかかわらず、唐突に議論の土俵を変え、集団安全保障措置を提案するのは理解できないといった反発が出ています。20日の提案に関連して、自民党内には高村副総裁が示した、憲法9条の下での武力行使の新たな3要件のたたき台でも、集団安全保障措置の実施は可能と解釈できるという見方もあることから、自民党は、閣議決定の文案に盛り込むことには、必ずしもこだわらない考えです。
一方、公明党の執行部は19日の安倍総理大臣と山口代表の党首会談を踏まえ、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定に向けて、自民党との合意を目指すとしています。
ただ、公明党内には20日の自民党の提案への反発に加え、集団的自衛権の行使容認についても異論が根強いため、執行部からは、「毎日でも党内で議論したほうがいい」という声も出ていて、週明けの23日に、党所属議員だけで会合を開くなど、丁寧に意見集約をはかることにしています。
こうしたなか、自民・公明両党からは安倍総理大臣が来月上旬に、オーストラリアなどへの訪問に出発することを踏まえ、来週中の合意も視野に入れるべきだという意見も出ていて、高村副総裁が政府に対して、24日に行うよう求めた、閣議決定案の修正版の提示を機に調整が一段と活発になる見通しです。
~転載終わり~

もう集団的自衛権行使公認は実質決定事項のように報じています

しかも、武力行使可能と盛り込まなくても、武力行使が可能であると言っています
決まった瞬間に隠そうともせずに第186回国会以上に信じられないことがどんどん起こっていくでしょう

このままではついに日本が戦争へと大きく動き出す瞬間に立ち会ってしまう

皆さん時代が戦争へと動き出す今だからこそ、どうにか入手して「はだしのゲン」を今一度ご覧ください

先人が残してくれた、戦争の記憶を呼び覚ますことが、いま大きな力になると思います

  • いいね! (6)
  • この記事の題材でまた読みたい! (1)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA