ヒラリー氏 TPP不支持を表明 ~合意と報道してしまえば後は何でもOK!日本ではTPP反対議員が合意翌日、農林水産大臣に初入閣


WS005661TPP「賛成できず」=米大統領選にらみ姿勢転換か―クリントン氏

時事通信 10月8日(木)5時24分配信

 【ワシントン時事】2016年米大統領選の民主党最有力候補と目されるヒラリー・クリントン前国務長官(67)は7日、米公共テレビ(PBS)のインタビューで、日米など12カ国が大筋合意に達した環太平洋連携協定(TPP)について「きょうの時点では賛成ではない」と述べ、反対に傾いていることを明らかにした。
 
 クリントン氏は09~13年の在任中、オバマ政権の閣僚としてTPPを推進した。しかし、党支持組織である労働組合などが強硬に反対。TPP阻止を掲げるバーニー・サンダース上院議員(74)に党指名争いで追い上げられていることなどを踏まえ、姿勢を転換したとみられる。


この記事から、アメリカ国内でもTPP反対がマスであることが分かります。

TPPは、アメリカ・日本どちらの大衆にとっても不利益であり、「天皇・ロスチャイルドのNWOの為のTPP」であることを下記事で言いました。

天皇・ロスチャイルドの為のTPPついに合意。~TPPはNWOへの整備

「TPP合意」と報道してしまって、そのような認識を大衆に与えさえすれば、後はどうにでもなります。支配者層の手先である為政者は、「実はTPPに反対だった。」とか、適当なことを言って、民主主義であることを偽装していればいいのです。

為政者は、不正選挙で選出されますから、マスコミがイメージ付けさえすれば、あとは支配者層の目論みを通すだけです。

一方日本では、TPP反対議員がTPP合意翌日、農林水産大臣に初入閣しています。

つまり、それでも大丈夫だと、「大衆の一揆・謀反分析」がされているのです。
だからこれほど大胆に、矛盾した入閣を果たせるのです。WS005657

初入閣 森山裕農林水産大臣「TPP交渉をすることは反対だったが、TPP反対の態度ではない」と早速、意味不明発言。天皇の手先安倍に忠誠誓う。

森山が「与野党グル」を暴露している証拠動画はこちら。 ↓
まだ消されていません





  • いいね! (110)
  • この記事の題材でまた読みたい! (58)
  • この記事を動画で見たい! (3)

関連記事

ヒラリー氏 TPP不支持を表明 ~合意と報道してしまえば後は何でもOK!日本ではTPP反対議員が合意翌日、農林水産大臣に初入閣」への2件のフィードバック

  1. ichamu

    あほくさいですねぇ~>ヒラリー。

    私事で、ネット繋げなくて、ご無沙汰してました。

    支配者層、頑張ってますね~。
    頑張れば頑張るほど、覚醒する人が増えるとも思います。
    日月神示のいう所の、悪も必要という事だと思います。

    日々、修行だ~!
    と思います。(゚ー゚*)

    PS:さゆブログ&コメント者の発言見ると、元気になります。^^;;感謝!

  2. ひつき

    こいつもです。
      ↓
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000002-asahi-pol

    みんなご主人に忠実なワンちゃん達です。
    お仲間に入れてさぞうれしかったのでしょう。
    しっぽを振るのが早い早い!
    もはや政治家の中で、国士という言葉は死語になってしまったのかもしれません。

    今回初メールです。皆さん初めまして。
    さゆさんの存在は2か月ほど前にYouTubeで「あなたへのおすすめ」動画で知りました。
    私は勝手にさゆさんの中に、太田龍氏の流れをくむ、国士としての精悍さを見ました。
    応援すると同時に、私も自分の持ち場で出来ることをやっていきます。
    一部の「エリート連中」(もちろん皮肉を込めてですが・・・)を除いてほとんどの一般大衆に
    等しくナイフは突きつけられているのですから、人任せにはできないですよね。

    陰謀の存在に気づいてから10年ほど経ちますが、さゆさんのおかげで、この2か月ちょっとで、
    認識を新たにしました。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA