<鉄道事業者>10月1日から電車内の携帯使用「混雑時のみオフ」へ変更


WS0056281日から電車内の携帯マナー変更 ステッカーは「混雑時オフ」に

2015/09/30 17:14   【共同通信】

 JR東日本など関東甲信越・東北の計37の鉄道事業者は、優先席付近では携帯電話の電源を切るよう求めてきたマナーの呼び掛けを10月1日から緩和し「混雑時」に限定する。JR東は30日、東京総合車両センターで山手線車内のステッカーを「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください」と呼び掛けるものに貼り替えた。

 マナーの呼び掛けは、携帯電話の電波が心臓ペースメーカーなど医療機器に影響を及ぼす恐れがあるとして始まった。

 しかし性能向上で電波出力が弱まったことなどから、総務省は13年、ペースメーカーなどとの距離制限の指針を緩和している。


電磁波の蔓延は、支配者層のNWOへの戦略です。

よって、マナーを是正させるどころか、積極的に蔓延させます。

公共機関では、取り付かれたように、ほとんどの人達がスマートフォンをいじり、その危険性を全く認識していません。平気で人の体の近くで送受信を繰り返します。

私が計測している限り、電磁波送受信機器を持っていない私が乗っただけで、電場で平均して、少なくても約「5mW/m2」ほど、磁場で約「5mG」ほどは常に被爆しています。使っている本人や、場所によってはその何十倍も被爆しているでしょう。

ですから、ペースメーカーの使用などに一切関係がなく、現在、公共機関の乗り物は人体に大変危険なものになっています。

それを携帯電話が普及した当初に、ペースメーカー使用者のみ電磁波は影響を及ぼすと、その危険性を「病気の人にだけ影響がある」と、すり替えてきたわけです。

そうしてスマホを使わざる終えないところまで普及させて、電磁波被爆させ不健康を作り出し、NWOの整備を有利に進めていく。

それは支配者層の数ある戦略のうちの一つです。

現代では電磁波を避けなければ、不定愁訴や精神疾患になって当たり前の空間にされてしまっているのです。

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。ED-78S


電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2

  • いいね! (166)
  • この記事の題材でまた読みたい! (103)
  • この記事を動画で見たい! (3)

<鉄道事業者>10月1日から電車内の携帯使用「混雑時のみオフ」へ変更」への1件のフィードバック

  1. 甘えび

    本当にその通りです。電車に乗ると、ほとんどといっていいくらい皆、携帯をさわっていて、その姿は不気味です。電磁波の及ばないところを探そうと思っても無理。おばさんや中国の人の騒音?のほうがまだマシ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA