天皇・ロスチャイルドの為のTPPついに合意。~TPPはNWOへの整備


WS005616WS005612WS005613 WS005614 WS005615異例2度の延長の末…TPP閣僚会合ついに合意へ(2015/10/05 05:50)

 アメリカ・アトランタで開かれていたTPP(環太平洋経済連携協定)閣僚会合は、当初の日程から2度の延長の末、難航していた課題が決着し、合意に向けた最終調整に入りました。

 (経済部・小清水克記者報告)
 日本時間の5日午前7時から、TPP参加12カ国の閣僚による共同記者会見が行われる予定です。甘利大臣は「大筋合意を発表する準備が整ってきた」として会見を開きました。
 甘利TPP担当大臣:「まあとにかく各国のチームがよくやってくれました。徹夜ということがずいぶんありましたが、アトランタに来てからすべて徹夜ではないか。TPPは『21世紀型(の連携)』と言われ、12カ国では終わらない。ウェーティングサークルには次から次へと参加希望の国がある」
 これまでに分かっている合意案では、日本側は、コメについて関税ゼロで輸入する枠をアメリカとオーストラリアに対して設けるなど農産品については譲歩が目立ちます。一方で、アメリカは、日本が求めていた自動車部品の8割で関税を即時撤廃するなどお互いに歩み寄る形となっています。難航していた医薬品のデータ保護期間については、決着の見通しが立ったということですが、交渉関係者によりますと、乳製品分野で、アメリカとニュージーランドの間での合意に向けた最終調整が行われています。ただ、共同記者会見は当初の予定から2時間ほど遅れていて、交渉は最後までギリギリの調整が行われているようです。


ついにTPP合意です。

このTPPはアメリカ人、日本人の大衆にとって「と・も・に・不利益である協定」であり、だからこそアメリカでTPA法案を通す必要があったのです。そして大衆にとって不利益であるこのTPPは、NWOの為の大衆奴隷化へ支配者層にとって必要である協定なのです。

TPPを考える③~アメリカでは反対多数のTPP~

アメリカ国民の大半がTPP反対だ

TPP、アメリカ民主党下院議員151人が反対表明
20150109144537 20150109142758TPPの細かい危険性については過去記事に書いてきましたが、このTPPとは、貧窮化が加速し、大衆が永劫、努力・能力関係なしに富裕層や特権下級になれない、既存の地位が固定するという我々大衆に取っては、「貧窮の確立」という協定です。

アメリカの為のTPPとか言っている輩がいますが、ほとんどの一般的なアメリカ人にとってもこのTPPは不利益だからこそ、「貿易交渉を大統領の一任で決められるTPA法案」をアメリカは立法させる必要があったわけで、アメリカ、ロックフェラーに罪を押し付けて、天皇・ロスチャイルドを隠れ蓑にするための戦略なのです。

常識・金・法・戦争・宗教・選挙などはすべて「地球を未来永劫統治するシステム」の為の「支配者層」にとっての道具にすぎません

TPPがアメリカ人にとって利益があったら、そんな法案通さずともアメリカ内の反対の声はないはずですが、アメリカ、日本共に反対の声がマス(大衆)であるのが、このTPPなのです。

つまり、TPPで日本は崩壊する。と言う声は正確ではありません。

TPPで、アメリカ・日本を含む太平洋経済圏の大衆の生活が、共に崩壊します。
もちろん世界に相互関係がありますからその波は波及します。WS005632

そしてそれは何も経済的な不均衡だけが、問題ではありません、不健康を作り出す安い食材しか入手できない貧窮社会に書き換えられことも意味します。

このTPPは、世界の4割、つまり世界の約半分に当たる太平洋経済圏を、NWOの整備として天皇・ロスチャイルドが一本化する協定であり、それがあけっぴろげに正式に締結できるほどに、戦後70年のマスコミ洗脳・不健康の蔓延が功を奏した事を意味します。2015年10月05日(Mon)23時17分12秒「よくわからない、行動しない。」 という無知、自傷人間に多くの大衆を変えた上で、締結することができたというNWO協定ということです。

騒音の原因は、園児の声ではありません。~厚労省調査 保育園児の声は騒音 35%が同感

下の記事でも言いましたが、70年前に世界戦争を起し、日本の元首であり、同時にアメリカの元首でもある「天皇・ロスチャイルド」が、日本とアメリカ共に不利益であると言われている協定が締結しそうな時に黙っている。

つまり、利益は一致し、支配者層の利益の為の協定なわけです。

アメリカの背後にも、日本の背後にも、「天皇・ロスチャイルド」がいます。

TPP締結は、天皇がアメリカを牛耳っている証拠になります。

今世界を国家間の損得で見ていては何も見えてきません。

「地球の大衆」 対 「天皇・ロスチャイルド」
(共に同じ人間)

という構図です。

<安保法制>与野党グル ~NWO支配者層の為の対立パフォーマンス&左右中立レプタリアンすべて支配者層が作っている

為政者・大企業それらを牛耳る支配者層は、未来の世界をどうしたいのか?


と、ここまでの記事は実は昨日5日に書いた記事になります。5日朝にTPP合意と報じられたのにもかからずすぐに、「大筋」合意に変えられ、そしてまた一日遅れると報じられ、本日6日に正式に「TPP大筋合意」と「大筋」を付けたまま、「決まったのだ」と報じられました。

そして下記記事でわかるように、今回の閣僚会合は10月1日から2日までの2日間の予定だったのが、本日6日まで、4日間も押したわけです。


 

甘利氏「漂流する可能性」…TPP交渉、延長も

【アトランタ(米ジョージア州)=米川丈士、山口香子】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12か国の閣僚会合が9月30日午後(日本時間1日未明)、当地で始まった。

 各国は今会合での大筋合意を目指しているが、知的財産権の保護などで対立が続く。各国の駆け引きは激化しており、交渉は1日までの予定を延長し、2日まで行われる可能性がある。

 甘利TPP相は9月30日、12か国の全体会合で「残された課題を全て解決し、今回会合で妥結しよう」と呼びかけた。カナダが10月中旬に総選挙を控えていることなどを踏まえ「ここでまとめなければ交渉が漂流する可能性がある」と訴えた。

 残る争点は知的財産分野でバイオ医薬品を独占的に販売できる「データ保護期間」と乳製品の輸入拡大、自動車部品の調達ルールの3点にほぼ絞られている。

 甘利氏は会合前、米通商代表部(USTR)のフロマン代表のほか、メキシコ、カナダの閣僚と短時間個別に会談し、自動車部品の調達ルールについて協議した。

2015年10月01日 14時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


2015年10月05日(Mon)11時32分33秒WS005633この会合のメンバー達は合意することに賛成の「天皇・ロスチャイルド」傀儡の面子です。

合意に至らないことを明らかに演技しているのです。↓2015年10月05日(Mon)23時15分08秒2015年10月05日(Mon)23時15分11秒2015年10月05日(Mon)11時33分09秒 2015年10月05日(Mon)11時33分07秒にこやかに対立を演じているのが見て取れるわけです。
最初から彼らは家族同然なのです。 ↓ (2015年4月のフロマン来日時)

WS002435TPP日米閣僚協議 甘利担当大臣「会いたかったよ」フロマン通商代表「僕もだよ」マブダチの二人。 ~TPP締結の可能性

ですので、合意が4日も押すことは、「交渉がうまくいかない」、「詰めの協議」、など「嘘」です。

各国の立場は、会合前から文書のやり取りでわかるはずです。ですので閣僚会合は「合意」が決まっている段階でも催され、その目的は「合意」を世界に発表、発信する絵を取るためのコマーシャルの役割に過ぎません。

つまり、押すことは他の原因が考えられます。

それはおそらく、参加国内での反対派への制圧・取引・暗殺でしょう。

アメリカや参加国の国内で10月1日から昨日5日までに、なにかがあったのではないか疑っています
私は、この理由を明かすことを虎視眈々狙っています。
2015年10月02日(Fri)11時40分43秒

TPPの前に、アメリカで銃規制が実現できていたら、2年以上もTPPは押さなかったかもしれません。


(TPP関連記事)

米TPP関連法案が紛糾した際に、安倍首相「アメリカは何やってんだ、オバマは何やってんだ!」と憤った。つまりアメリカの背後には天皇がいます。

<TPP>安倍総理「あと1回、会議を開けばまとまる」と断言、マスコミは合意ならずで「ガッカリ」と報道

TPA法案、米上院で審議打ち切りを可決 7月中に閣僚会合 ~米を牛耳っているのが、ロック教皇派ではなく、ロス天なら話しは別です。

TPP日米閣僚協議再開の「甘利TPP担当相」「フロマン米通商代表」は天皇の傀儡である。

TPP日米協議 合意先送り。 20日午前9時半~翌日の午前3時過ぎまで18時間甘利フロマンのマブダチ協議

なぜTPPは一向に締結しないのか?

TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整 ~誰得の取り決めか?を見れば目的は明白です

 

  • いいね! (268)
  • この記事の題材でまた読みたい! (208)
  • この記事を動画で見たい! (74)

関連記事

天皇・ロスチャイルドの為のTPPついに合意。~TPPはNWOへの整備」への4件のフィードバック

  1. mamoru

    マイナンバー交付開始日と同じ日にくすぶらせてる演技もまたね、
    さらりとマイナンバーの受け取りの流れや説明もメリットを盛り込みつつニュースにしていますがね・・・

    さゆさんの読み通りおそらく1日~5日まで・・・
    皆で疑わしいものを調べなくてはいけないですね。

  2. さっとん

    家族同然・・・

    本当ですよね、
    もともと家族同然だろうが。
    傀儡の猿芝居~
    献金不祥事まみれの方にはぴったりのポジションですね。

    こういう生き方を生きる屍という。

  3. ココ

    ついにTPP合意ですか。これから、4本足チキンとか、遺伝子組み換え作物とか、抗生物質まみれの牛肉とか、病気になりそうな安い食材を、貧乏人は食わされるんだろうなあ!病気になったら、今度は医療で儲けて、結局、人口削減計画が達成すると、そういうシナリオ?なのかも知れませんね。
    日本の農家の人達も困るだろうなあ。廃業する人も出て来るでしょう。
    TPPにしろマイナンバーにしろ、ろくな事は考えない支配者層ロス天ですか。日本が沈没して、そこで彼らだけ栄えてどうしようというのですかね。

  4. 魚屋

    陰謀サイトよく何でもアメリカや諸外国のせいにする人がいますが
    そもそも日本人が内部で強力に手引きしなければ成立しないんですよね

    日本人はそろそろ本当の敵は、内部にいる日本人たちであることに気づいて欲しい

    議員や企業が在日だらけでーなどと言ってる人がいますが
    真実は議員も企業も日本人がほとんどであって
    彼ら日本人が責任を外国人や多民族に押し付けるために、特定アジアによる日本支配を前面に押し出している過ぎない

    いつになったら増税や物価を上げて庶民を苦しめているのが「日本人」であることに気づくんでしょうね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA