騒音の原因は、園児の声ではありません。~厚労省調査 保育園児の声は騒音 35%が同感


WS005587保育園児の声は騒音?…35%が「同感」 厚労省調査

朝日新聞デジタル 9月26日(土)18時1分配信

 保育園児の声を「騒音」と思うことに35%の人が同感である――。厚生労働省の調査で、こんな結果が出た。待機児童解消へ都市部を中心に保育所の整備は急務だが、近隣住民の理解を得ることも一定の壁となりそうだ。近く閣議決定される2015年版の厚生労働白書に盛り込まれる。

調査は人口減少に関する意識を探る目的で、3月にインターネットで実施。3千人から回答を得た。

保育園児の声を騒音のように思い、保育所の立地に反対する住民の立場に同感できるか尋ねたところ、「ある程度」が29・7%、「とても」が5・4%で、計35・1%が同感だった。逆に「全く同感できない」は26・4%、「あまりできない」は38・5%で、同感できない人は64・9%だった。

回答者を地域活動への参加機会から見ると、「参加していない」という人は38・9%が反対の立場に同感だとする一方、「月1日程度以上参加している」人は26・0%と低くなった。(久永隆一)


「政府は、待機児童問題、少子問題の対策の為、保育所の整備を進めたいが、保育所設置に対して地元住民の理解が得られないことでなかなかうまく進めない」という言い訳を少子化を進めるためにしたいのでしょう。

政府は、貧窮化を押し進め、結婚させない、子供を作らせない為の政策を意図的にとっています。

今回は、これらがNWOの整備であることは置いておいて、この35%の人について言及します。

上記支配者層の利害の為に35%も園児に対して「騒音」と感じる人がいるのだと、でっちあげているのだとは、私は思っていません。

この35%の数字の信憑性は分かりませんが、そのように感じる人は増えてきていると社会を見渡してみて確かに感じます。

結論から言いますと、園児に対して「騒音」と感じる人は、以前書いた下記二つの記事と原因は同じです。

原因を「園児」という本当の原因ではな・い・ものに、書き換えられています。

<1週間の熱中症救急搬送者数、1万人超>熱中症の本当の原因は、真夏の暑さではありません。~さゆふらっとまうんど式熱中症対策

体育祭“10段ピラミッド”崩れ6人重軽傷の原因は、組体操ではありません。

つまり、精神不安定、不健康が「子供に対してうるさい」と感じさせているわけです。

本当の原因は社会毒です。

社会毒の蔓延は、多くのものがあるのですが、例えば具体的に一つの例を挙げると、「電磁波の蔓延」があります。

現在の高い電磁波の中で生活をしていると睡眠をとっても、休息しても、電磁波に晒されている状態がずっと続いているので、しっかりと体は回復せず、不定愁訴を患います。

疲れが取れない日々を繰り返し、益々疲れがたまると、神経質になり、交感神経が常に働くようになり体が常に緊張状態になります。(自分が緊張状態である、という客観性を持つことは難しいです。)

その様な緊張状態になると、人によってなにに敏感になるのかはタイミングや、人のタイプによって違いますが、「音」に敏感になり、物音や大きな音を不快であると感じるようになる人は多くいます。

それが、子供の声に対して「騒音」と感じる原因の一つです。

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。

この電磁波の体に及ぼす影響を実感したければ、簡単です。ブレーカーを落として一晩寝てみてください。

【電磁波】「ブレーカー落し」をして眠りが深くなった人が続出

そして社会毒は電磁波だけでなく、山のようにあり、その一つ一つを排除しなければ、一つ排除したところで劇的な変化は望めないでしょう。

支配者層は、その社会毒を気付かれにくくする為に、「直ちに影響が出ない、社会毒を膨大に乱発させる」という戦略で我々を攻撃しています。

それは、何が原因であるかわからない状態にさせる目的があるわけです。

そもそもそような考えに至る、根底にあるのは、子供の声を「騒音」と感じることは、人間の生物としての普遍性に反する「不自然」なことである、という事実です。

人には当たり前に、性欲、子孫繁栄の欲求があり、生物として子孫を残し、子供と共に生活し、人類はここまで生きてきたのです。

その自分の分身である子供を他人の子供だからと言って「騒音」と感じるのは生物の恒常性に反しているのです。

ですから、子供の声を「騒音」と感じること自体が「不自然」であり、その「不快」の原因は子供の声ではなく、

「そう感じる自分自身が健康体で無いのではないだろうか?」
「そう感じる自分自身が精神不安定では無いだろうか?」

と気付かなければ、死ぬまでその「悪感情」、「不快感」から抜け出すことはできないでしょう。

本当の原因を認識しそれに対しての対処をしなければ、例え子供がいない環境に身を置いたとしても、「悪感情」、「不快感」から開放されることは絶対にありません。

そしてここにもう一つ付け加えたいのは、戦後行ってきた、「個人主義」つまり、l「部族から村へ、村から世帯住宅、核家族、独身賛美」と、人との繋がりを希薄にさせる個人主義を推進してきた、そして「他人に対して疑心暗鬼にさせる、情報の敷設」、「子供に興味を持つ=性犯罪者」とされる社会整備、これらも今回のことに密接にかかわっているのです。

<高槻市中学生遺棄>マスコミは「防犯カメラの必要性」そして「(他人に対して)より気をつけろ」と疑心暗鬼になる風潮を植えつけたいようです。

「血まみれになる」アグネス・チャンさんに対する殺害予告 警視庁が警戒強める ~児童ポルノの矛盾を言及することを萎縮させることが目的

監視社会を敷設しようとしている支配者層の手先と、皆様へ ~我々の幸福と関係のない「常識の書き換え」を認識しなければいけない

支配者層は、自然に思惑を達成するために大衆を誘導をしています。
そのために「常識の書き換え」「直ちに影響が出ない、社会毒の蔓延」は、最高の武器なのです。

「核爆弾を落とす」、「空爆する」、「国家間戦争」などの分かりやすい戦争ではない形の戦争が、今、一家団欒の「食卓」で行われるように支配者層に設定されているのです。(TOP画像)

つまり、支配者層は大衆の敵を、我々の身近に置く、それも一番身近な家族の中に置くような社会整備を目指していて、それは既に達成されています。そして次は、「子供悪」の段階です。

ついに児童ポルノ法単純所持で書類送検 ~子供への性愛は駄目と強く社会敷設することは、子供を愛すこと自体を悪とする布石です。

もう一度言います、「常識の書き換え」「直ちに影響が出ない、社会毒の蔓延」は、最高の武器なのです。

<浮気編>常識の敷設は、いかに恐ろしいか? ~大阪府警・元巡査長 西川出身女性殺害事件

  • いいね! (298)
  • この記事の題材でまた読みたい! (224)
  • この記事を動画で見たい! (121)

騒音の原因は、園児の声ではありません。~厚労省調査 保育園児の声は騒音 35%が同感」への8件のフィードバック

  1. さっとん

    激しく深く共感いたします。

    それと同時に自分の苛立ちや不快感が自分の不健康からと改めて痛感です。

    子供大好きですが・・・以前は精神状態によってはイライラしてしまう事もあったな・・と。
    イライラした後に心の狭い自分に腹が立つスパイラル→自分が嫌いになる。

    身一つ、毎日の気分でそこまで差が出るという事は何かしら障外があるのでしょう。
    自身のバイオリズムだけでは片づけられません。
    食もメディア洗脳ももちろんですが、その中でもやはり電磁波の影響はとても大きいと現在は身を持って思います。

    関係ないイライラ繋がりですが・・・
    ここ数週間、至る所で宗教の普及活動の姿や練り歩きの音などの加速に・・・イライラしてます。
    本当に半端ないですね。

    それだけ世の中混沌としているということでしょうね・・・
    疑心から信用できるもの裏切らないものをどこかに求める人々の心理。
    支配者層にとっては、他者を信用するなという洗脳の賜物でしょう。

    あ、さゆさんの「それは~のせいではありません。○○が原因です」
    という、冷静且つ淡々としたつっこみの文章・・いや~好きですね~(‘Д’)

  2. 甘えび

    とても解りやすい例だと思います。本来ほほえましいはずの園児の声が騒音に聞こえ、そう聞こえる自分のほうがおかしいことに気付かない。そして35%もあるとそんなに少数ではないので、ふ~んそうなんだと大きな声で反対も言いにくく、次第に流されて常識がいつの間にか書き換えられていく・・・・・。いまに同性愛のほうがかっいいねみたいに

    「違うでしょ!おかしいでしょ!」と言える自分でい続けたい。

  3. 魚屋

    子孫繁栄という人類の当たり前の幸せを奪おうとしているのは許せませんね

    社員になれず派遣なのを当たり前にしていき・・・(実際に発表されている派遣労働者の%はある程度盛っているが、洗脳して派遣であることを当たり前にするため)
    結婚せず独身なのを当たり前にしていき・・・(貧困化で結婚自体出来なくなってくる)
    子供を産まないことを当たり前にしていき・・・(遺伝子組み換えなどで子供を産めなくする、貧困も)

    人間の基本的な幸せを奪われた男女はどうなるか、国の労働奴隷として余生を過ごすだけです
    労働力倍化計画、家庭に入らない女は労働力として使い捨てられる

    私の周りでも「結婚しない選択肢もありでしょ?」と回答する人がいたりしてびっくりしました
    それは何故かといえば、メディア洗脳やマンガアニメなどに洗脳されて、自分がお姫様でなければ王子様でなければ気が済まない人が増えたのではと思います
    アイドルやらジャニーズやらキラキラしたものに憧れるあまり、凡庸な結婚や幸せを望まなくなってしまったのでしょう
    こうして男女の幸せは奪い去られ、虚構のボーイフレンドガールフレンドに独身男女がお金を使う・・・
    労働力として骨までしゃぶり尽くされたうえ、全ての稼いだお金まで奪い去られる
    なんかもう酷すぎる…

    NHKラジオとかも酷くて、ジャニーズかアイドルかお笑いしか出てないんです
    国民を誘導したい方向が丸分かりです
    他にやってる番組といえば、国民を洗脳するためのニュースや欧米文化洗脳のための洋楽など・・

  4. mamoru

    さゆさんがちばとぴのリンク反映してくれた後に、
    池袋とか南長崎の猫の惨殺事件が夜8時頃のニューストピックになるなんて、たまたまかな。
    事件が千葉に集中しているのが注目されたらまずいから、
    ほかの地域でも多発しているという奴らの誤魔化しではないの?
    リアルタイムでチェックしてるんだね、きっと。
    こっちもリアルタイムでチェック拡散するよ。

  5. 米澤 敦晴

    そもそも、保育所を増やすことが少子化対策になっていないのに、地域住民の反対があるので保育所が作れなから少子化対策がうまくいきませんという言い訳のための調査結果の報告としか思えない。国は、意図的に少子化を進めておきながら、少子化対策をしているふりをしているが、庶民を貧困化させ女性が社会で働くことを美化し子どもを保育所に預けさせる方向に誘導している。保育所保育指針によれば、保育所とは「保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身を図ることをを目的とする」とある。国は、庶民の子どもを保育に欠けるような状態にしておき、保育所という国が管轄する施設によって乳幼児を親から取り上げていると言っても過言でない。最も親と一緒に過ごすこと必要な時期に、親から分離しておきながら、「健全な心身を図るのが目的」だなんてよく書けたものだと思う。アジェンダ21に「子どもは国家が没収」という条項があるが、それを具現化するために保育所があると思ってしまう。保育所なんて、必要最小限にとどめるべきで、保育所が必要でない社会を作らなければならない。

  6. kdaruma

    初めまして、つい書きたくなっちゃいました。。

    娘が一人います。大阪市内に住むものですが、娘の声が騒音に聞こえたことがあります。
    しゃべり声が金属を叩いた時の反響音のように脳内に響くといったような。

    妻の声も同様に響いてはいましたが、娘の声は段違いにうるさく感じました。

    その時、普段と自分の状態が違うと自覚できたので、一人になって気持ちを落ち着かせることができました。
    ただその状態を自覚できないと発狂する程かと思います。
    そして、その声の主に対して攻撃的になるんだろうなというのが身をもって理解できます。

    さゆふらっとさんの言う

    「そう感じる自分自身が健康体で無いのではないだろうか?」
    「そう感じる自分自身が精神不安定では無いだろうか?」

    と言うことを認めない限り永遠に攻撃的な自分が続くかと思います。
    それは、本能というか脳が持っている個を守る為の一つの性質みたいなものだと感じています。

    騒音で言うなら、車も工事の音もうるさいです。車なんて走行速度を下げればそれだけで騒音が減ります。
    信号機と言うプログラムに管理され、
    「次の交差点まで何秒間で走行できないと停止する必要がある」
    言い換えれば
    「次の交差点まで何秒間で走行できれば停止する必要がない」

    運転手は無意識にストレスに晒されています。
    信号機のプログラムを変えればコントロールすることは容易だと思います。
    信号待ちに感情的にイライラするのではなく、気づくことで対処法がわかることが大事なことだと思います。

    脱線しましたが、社会の管理体制がさらに厳しく進むことに危機感を覚え投稿させて頂きました。
    日頃の記事、気づきと共に楽しみながら拝見させて頂いています。
    長々と失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA