沖縄・翁長が国連で訴え「人権がないがしろに」 ~政府傀儡がシナリオを読んでいるだけ&翁長が政府の傀儡である証拠を含む、沖縄・翁長関連記事まとめ


WS005452WS005453WS005459 WS005454 WS005455 WS005456 WS005457 WS005458「人権がないがしろに」 沖縄県知事が国連で訴え(2015/09/22 11:46)

 沖縄県の翁長知事がスイスのジュネーブで開かれている国連の人権理事会に出席し、米軍基地問題について「沖縄の人々は人権がないがしろにされている」と国際社会に訴えました。

 沖縄県・翁長知事:「沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている。辺野古の状況を世界中から関心を持って見て下さい」
 翁長知事は各国の代表を前に2分間、英語で演説し、「在日アメリカ軍基地の約74%が沖縄に集中している現状や、それに伴う事件や事故が沖縄の人々の人権をないがしろにしている」と主張しました。また、辺野古での新たな基地の建設について「あらゆる手段で止める覚悟だ」と述べて演説を締めくくりました。一方、日本政府の代表は、この演説に対して反論しました。
 在ジュネーブ日本政府代表部・嘉治美佐子大使:「適正な手続きにのっとってやってきた。事実関係を無視した知事の発言は国際社会の理解を得られないのではないか」
 今回の翁長知事の演説で、沖縄県と政府との対立構造が改めて浮き彫りになったといえます。


ただの政府の傀儡である翁長がいつも通り、渡された原稿を読んでいるだけです。

そのシナリオを読んでみたら、「沖縄県民の人権が、ないがしろにさている」という内容のものだっただけでしょう。

このように「対立構造」と言うのは、傀儡を送り込むことで同じ黒幕に作られているのです。

私の記事・動画を見ている人なら、この記事を見てその本質の理解に1秒もかからないでしょう。

問題を作り上げることで、新たなルールも作ることができ、問題に対する反対勢力も作り出すことができ、表立っては、国民の問題を解決するという名目で、他の目論見(本当の目的)を達成させるために支配者層がNWOを進める上で使っている常套手段です。

とっくにバレているのに以前戦略を変えずに押し通しています。

その理由はいずれ記事か動画で言います。


(以下、翁長が政府の傀儡である証拠を含む、沖縄・翁長関連記事の一部まとめ)

翁長知事 安倍総理 お仲間同士で初会談

政府とお仲間の翁長知事と安倍総理が会談へ ~議論前から平行線と報道

安倍首相と翁長沖縄知事の会談? 仲間同士で次はどんな原稿を読むんですか?

辺野古移設賛成派の傀儡 翁長知事を応援する移設反対者達

お仲間同士であることがバレてしまった、菅・翁長会談。 慌ててシナリオを修正。 ~「粛々」今後使わぬ

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

お仲間同士であることがバレてしまった、菅・翁長会談。 慌ててシナリオを修正。 ~「粛々」今後使わぬ

翁長知事「辺野古取り消し表明」沖縄基地問題のシナリオはまだまだ続きます。

「不正選挙」も「辺野古移設」も同じ構図でした。

「不正選挙が無くなれば健全な社会になる」「翁長知事・賛美」とは、さすがです。

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

政府の沖縄対応、与党内から慎重さ求める声 〜お仲間だとバレてしまった0405菅・翁長会談を受け

移設賛成派・翁長「これからしっかり話し合いができるようにするために、まずは普段のような会話をしながら一回はやりましょうよ」翁長知事あす菅長官と2回目の会談

【バカンス】移設賛成派の傀儡翁長が、予定通り平行線で終わる「移設反対パフォーマンス」は5月27日から6月5日まで続きます

【予定通り平行線】賛成派翁長沖縄知事、訪米バカンスを終え笑顔で帰国。辺野古反対「伝わった」

翁長沖縄県知事が、「ケネディ駐日大使」と初会談 ~お仲間だから面会ができるのです 。

沖縄・翁長知事、お仲間の安倍晋三に忠誠を誓いハワイ旅行へ ~誰のための沖縄基地か?


  • いいね! (108)
  • この記事の題材でまた読みたい! (62)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA