なぜ「さゆふらっとまうんど」は殺されないのか?


33なぜさゆふらっとまうんどは殺されないのか?

それは第一に私の力不足です。

そしてもう一点付け加えなくてはいけないのは、それは支配者層の戦略であると言うことです。

「奴隷と気付かない奴隷戦略」と、相まっています。

つまり、私のような「活動家を殺す」という戦前の戦略は方針が変更され、私のような活動家がネットなどで10万人の目に触れるようなメディア構築ができたとしても、その発信される情報に対して「誰もその重要性に気付かない大衆」を作り出すほうが、NWO完成の為には効率的であるというのが現在の支配者層の戦略なのです。

私が言っていることの重要度を理解できないマスを作る為に、小中高大学までの16年間の奴隷教育で常識を敷設され、各々の潜在能力と可能性に蓋をされます。そして仮にそれを途中で抜け出したとしても、または同時に、「テレビ」と言う、「支配者層傘下の、情報を受動的に受信する媒体」を通して「支配者層都合の常識・情報」が刷り込まれ、しかもそれらの洗脳を受けている環境(周りの人々)の影響を受け続けて、皆が毎日生活しているわけです。

その支配者都合の情報を大衆に対して、秘密裏に敷設した成果が「事の重要性を認識できない大衆を作り出す」ということに現れています。

これらは支配者層がNWO完成の為に敷設した環境なのです

天皇が人間宣言したのは70年前、そしてそれからたった8年目の1953年にテレビが開局され、テレビ=社会常識とされ機能しだしたのは偶然では有りません。戦前から練られていた戦略です。WS005587

 

↑ そして「現代の」一家団欒のイメージには、必ずテレビがあります。

その一家の集まる場所にテレビを進入させた「テレビ=ダイニングに有るもの」という功績を残したは、実は、「サザエさん」ではないかと私は思っています。
(作者の長谷川町子さんは国民栄誉賞が送られています。)maxresdefault

現代では「テレビ=社会常識」であることは皆さんご存知のとおりです。

「戦争」と言う概念はもう古いです。過去に戦争を起してきた支配者層は、現在戦争を起こす必要はありません。~安保法制反対デモの流れは支配者層の目論見に沿っています

常識・金・法・戦争・宗教・選挙などはすべて「地球を未来永劫統治するシステム」の為の「支配者層」にとっての道具にすぎません

<浮気編>常識の敷設は、いかに恐ろしいか? ~大阪府警・元巡査長 西川出身女性殺害事件

どんなに私が音声・画像・文体で危険を訴えても、それを認識できずに、自傷行為を進んでするように洗脳され、資本システムの枠の中で現世利益しか見出せない空気を敷設された現代環境では、わたしの活動はなんら支配者層に的確なダメージを与えることを残念ながら「現在」出来ていません。

私の現在の支配者層へのアプローチという点での成果は、その手先の警察・検察・司法・政治為政者・役人・マスコミ・特務機関・シナリオライターを困惑させている程度でしょう

よって残念ながら大衆の知性が欠如されている現状を、支配者層はしっかりと分析し、認知し、私の行動が支配者層の地位を揺るがす的確な行動まで至らないものであるレベルであると分析しているから、さゆふらっとまうんどを殺す必要は「現在」はないのです。

その大衆の洗脳度の「数と質」を的確に分析していることでしょう。
なぜならその情報は彼らが「NWOをどれほどオープンにして進めていけるか」のさじ加減に関わるからです。

そのような「大衆分析と大衆コントロール」が行われているからこそ、私が、どんなに的確なことを言っていても私を殺す必要は「現在は」ないわけです。

ですから、私の言論に対して深くその意義を理解できると実感している人はそれだけで「すごいこと」だと思います。その「すごいこと」という意味は、「社会の洗脳に対して、よくもまぁ今まで順応せずに、【疑問に思い続ける強さ】を持ち続けたな。」ということです。

そうゆう方は恐れず堂々とピクニックに参加していただき、ひざを突き合わせて話す機会を作ってみてはどうかと思います。むしろそのようなあなたと深く分かち合えるのは「さゆふらっとまうんどピクニック」に集まってくる変な人達しかいないのではないでしょうか。w

16才の少女が「さゆふらっとまうんどピクニック」に一人で参加した感想。

当たり前ですが、私もあなたも命は有限なのです。

知名度などの他力本願よりも、自分の感情・感覚を優先させる、自分を愛せる人がちゃんといることを私は知っています。

そして最後に、私のツイートをリツイートしたり、このHPへコメントを書いたり、ブログで社会批判をしたくらいで裏社会に抹殺されないか、びくびくしている人がいるようですが、上記の理由から大丈夫です。

そしてそう断言できるもう一つの指針として、あなたの前に私が殺されるように、私は皆さんの支援を受けながら毎日先頭を切って行動しているからです。

もし今後私が殺されるようなことがあったら、私のようなたった一人の若造でも支配者層にとって殺さなければいけないほどに、ダメージを与えられることができるのだと、私は自分に誇りを持ちますし、同時に支配者層の基盤は脆弱であること、そして各々一人一人の力は絶大であると、皆が自身の潜在能力への自信を確認し、未来へと希望を持って、私が存在しなくなった後世を進んで行っていける出来事になっていただけたらと思います。

 

  • いいね! (432)
  • この記事の題材でまた読みたい! (199)
  • この記事を動画で見たい! (15)

なぜ「さゆふらっとまうんど」は殺されないのか?」への7件のフィードバック

  1. ichamu

    さゆさん、あなたが、どう感じようが、私は応援、支援します。

    「MCで、終わる訳にはいかない」という発言、意気込みを感じてます。

    ※しかし、一人で出来ることは、しれてます。
    私を、是非ともお仲間に(協力者)として加えて欲しいです。
    一考是非ともお願いします。

    1+1が10位にしましょうよ!出来そうな気がします。

    是非とも、レス欲しいです。
    今回もピクニック行けませんでしたが、次回参加予定です。(開催地が北海道であろうとも)
    よろしくお願い致します!

  2. イズミ

    今日のピクニックもまた、有意義でした。
    雨、やみましたね!
    オススメの本、早速注文しましたので、読んでみます。
    支配者層の手の内で生きるのは、
    もう、まっぴら御免です。
    参加していた皆さんと、少しでも話せて有意義でした。
    ありがとうございました。

  3. 小林 みちお

    今回もピクニックに参加できなくてざんねんでした、なるほど それほどさゆさんの
    言うとおり支配者側の洗脳と体制が出来ているのを感じます。 同時に悲しく感じる自分がいます。
    これから PTT マイナンバー 監視カメラ 社会毒 電磁波 無差別逮捕 お金教 少子化 愛 
    いろんなことに自分なりに考えて死ぬまで生きていきます。 お身体を大切に ファンが大勢いますからね。

  4. イヴィ

    さゆさん、こんばんは。

    昨夜はなかなか寝つけなかったのですが、今日はゆっくり休めそうです。

    ありがとうございます。

    連続投稿に気が引けたのですが、それだけ伝えたくて。

    さゆさんも良い夢を。

  5. macofan

    さゆさんの貴重な情報でみんな気づき始めてます!
    これは大きな流れになり革命がおきます。
    さゆさんの活動は世界を変えます。
    応援してますのでがんばってください。

    世界の権力構造とその戦略に気付けば
    多数派である我々が勝ちます。
    人々が自由を求める流れは変えられません。
    http://matome.naver.jp/odai/2143557335722445701

  6. よしこ

    >「活動家を殺す」という戦前の戦略は方針が変更され・・・

    活動家を殺してしまうと逆に問題になってしまうので、その存在を「問題にしない」「取り合わない」「無視する」のも、支配者層の戦略の一つであると思います。そうしている間にも、着々と法改正は進み、相変わらずテレビでは余計な情報が流され、何も疑問を持たずにただ消費するだけ、ただ日々の仕事に忙殺されるだけ、ただお金に翻弄されるだけの人生を送ってしまう人が増殖する・・・強かな戦略です。

    何がしかの疑問を持ち、人生足踏みしてきたおかげで「ピクニックに集まってくる変な人達」の仲間入りができたのかもと思うと心強いです(笑) 昨日は参加できませんでしたが、気持ちだけは参加していました。

  7. 自己改革

    何故、大衆は奴隷化するのかを自分なりに考えていました。
    普通に結婚して家庭を持ち、子供を育てる過程で自然に「守る」姿勢になり、人生の目的が「安定性」を求めるのも奴隷化する原因の一つだと思われます。
    「適齢期」で独身だと負い目を感じる人などは完全に奴隷社会の枠に囚われて思考が停止していますよね。
    もちろん、生命体として子孫を残すのは自然な事なのですが、安定的な人生という綺麗な響きに騙されて住宅ローンまで組めば奴隷社会の思う壺です。
    自由を叫ぶ=無責任ではないのです。
    本当の無責任とは、思考まで停止して簡単に長いものに巻かれたり、流行に従うような姿勢ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA