【集団的自衛権】無意味な議論は政治生命の死罪であるべきだ


集団自衛権の新3要件、文言調整へ…自公に原案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140616-00050161-yom-pol

読売新聞 6月17日(火)7時4分配信

 政府は16日、集団的自衛権行使を容認する新たな憲法解釈に関する閣議決定の原案を、自民、公明両党幹部の会合にそれぞれ示した。

 与党協議の座長を務める自民党の高村正彦副総裁が提案した新たな「自衛権発動の3要件」の私案が盛り込まれている。公明党はこれに対し、私案にある「おそれ」の文言を歯止めがより明確になる表現に修正するよう求める方針を固めた。

 公明党が修正を求めるのは、座長私案が、集団的自衛権の行使を容認する条件とした「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるおそれがあること」という表現。「おそれ」に代えて、より行使の幅を狭める表現にし、シーレーン(海上交通路)の機雷掃海などを対象外にしたい考えだ。
~転載終わり~

集団的自衛権行使を容認する憲法解釈の原案に則して
だ・れ・が・判断するんですか?

米従属日本国のユダヤCIA傀儡総理大臣でしょう?

なら意味が無い議論ですね

公明党さん時間稼ぎですか?

↓詳しくはこちらの動画をご覧ください↓

  • いいね! (6)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA