テレ朝「ワイドスクランブル」防犯カメラの映像解析技術の特集 ~我々が考えなければいけないことは「これらを使って支配者層は何をしようとしているのか?」ということです。


11923247_764017923720685_3075567021941186008_n 10387343_764018080387336_7334056118962376156_n 11928718_764018233720654_295582750122043959_n 11988627_764018440387300_7625715142183471722_n 11986560_764018520387292_5949281826798521032_n 11995280_764019733720504_761730888_o 11975488_764019920387152_1281298833_o 11995183_764020097053801_1045585519_o 11975558_764020090387135_1213353423_o 11903647_764020303720447_850380741_o 11991167_764020627053748_1963850477_o

大阪・寝屋川市の中学生死体遺棄事件で、犯人にたどり着いた決め手は防犯カメラの映像だった。タイの爆弾事件でも大きな役割を果たした。いまや犯罪捜査に欠かせないものとなった防犯カメラの最前線を、大竹真がリポートした。

事件捜査の強力な武器

   秋葉原の専門店に行くと、100種類以上の防犯カメラが並んでいた。大竹がまずびっくりしたのは画像の鮮明度だ。従来のアナログと並べてみると一目瞭然である。「何十万画素と200万画素ですから、単純に4~6倍の画質の差になります」と店員がいう。

   最近は値段も下がって3万7800円。アナログとの差は1万円程度になった。デジタルは画質の解像度を上げるなどさまざまな操作も可能だ。これが数々の事件解決に結びついた。2012年のオウム真理教の高橋克也逮捕もスーパーの映像が決め手になった。11年に東京・目黒で起きた老夫婦殺傷事件では複数のカメラの映像をつなげて、犯人が東京駅から高速バスに乗ったことを突き止め、現場から200キロ離れた福島県で逮捕した。

   国内に設置されている防犯カメラは500万台以上といわれる。カメラの進歩に加えて、映像解析技術も長足の進歩を遂げている。真っ暗な夜の画像でも、明るさ補正やシャープネスを上げることで、車種、ナンバー、暗闇にいる人物の特定ができる。動いていて不鮮明な映像から車のナンバーも読めるようにもなった。

人によって違う「腕の振り、背筋の伸び、歩行速度、歩幅」

   さらに、いま注目されているのは「歩容認証」という技術だ。歩き方は人それぞれに特徴があり、腕の振り、背筋の伸び、歩行速度、歩幅など8つの指標で解析すると、顔が見えなくても95%の確率で個人を特定することができる。こうなるとまるで指紋のようだ。

   この技術は08年に奈良で起こった放火未遂事件で応用された。犯人の顔はわからないが防犯カメラには写っていた。そこで、当時はまだ研究段階だった歩行認証システムを使って犯人が特定された。

   個人の認証には、指紋、顔、静脈や光彩などいろいろあるが、どれもセンサーに近づかないと識別できない。歩容認証は離れた場所から撮った映像で解析できる唯一の手段だ。

   司会の加藤浩次「歩き方が指紋だというのはすごいですね」

   菊地幸夫(弁護士)「人間の身体はあちこちに個性があります。前に扱った事件で、顔は見えないが後ろ側頭部の画像があって、捕まった犯人とぴたっと一致しま した。これはさらに進んでいますよね」

   大竹「14、5年前は防犯カメラを設置することがニュースで、その映像がテレビで流れるなんて珍しかったですね。いまは取材にいってもまず防犯カメラがどこにあるかを確認するようになりました」

   とくに鉄道の駅構内で増えていて、04年には2万台だったものが、13年には6万8000台になっている。店舗や住宅でも個人で設置する人が増えているそうだ。カメラ以外にレコーダーなども必要だから7、8万円はかかる。

   湯山玲子(著述家)「監視カメラはジョージ・オーウェルみたいでいやだなと思っていましたが、テロとかを考えると、どっちが社会的に有効かは明らかですよ」

   加藤「犯罪抑止にはなりますよね」

   菊地「防犯カメラ作動中なんてありますよね。捜査でも、見込みではなく証拠になる。えん罪も減るでしょう」

   そして、いったん事が起こればみんなスマホをもっている。一億総監視カメラだ。


これら「顔認証システム」が出来る事はもうすでに分かっていたことです。

我々が考えなければいけないことは、「これらを使って支配者層は何をしようとしているのか?」ということです。

その目的はテロ防止や犯罪防止などの世間一般で言われていることとは違います。

まず近々の我々への影響で言うと、監視社会が確立しつつあるにあたり、顔認証システムで自動尾行、行動分析ができると、不可抗力ででっち上げ事件が起せるようになります。

つまりNWOへの法整備、社会環境つくり、常識の敷設が、でっち上げ事件である証拠をほぼ無くした形で、追行できるようになります。最小限度の引き金を引くだけで可能になるのです。

それを下記記事で言いました。

NWOへの法整備が進むと、「新幹線焼身自殺」のシナリオを不可抗力で起せるようになります。
マイナンバー制度は、容易に淡路島・平野容疑者のような人物を見つけ出し、犯人にでっち上げることができます

そしてその監視カメラで蓄積した情報は、マイナンバーで管理されます。

そしてマイナンバーを軸に蓄積されるデータは、行動情報だけでなく、口座情報、購入履歴、交友関係を含め、その人の人間像までのプロファイルを一元的に情報が集約されるようになります。それはITO化でも拍車が掛かります。

「マイナンバー」制度改正案 閣議決定 6年後には預貯金口座にも義務化検討
「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。

そうすると、NWOへのシナリオライターが描くシナリオに限りなく近い人物、つまり、でっち上げ事件のキャストに誰がふさわしいかを全人口を見渡した上で最適人物をチョイスできるようになるわけです。

そして、支配者層は未来永劫廃れることはない支配体制の確立を目指していますから、NWOへのシステムつくりの為には、我々奴隷が「一揆・謀反」を起す兆候を掴み、いち早くその芽を摘むことが必要なのです。

よって、監視社会を置くことによってその反NWOを目論む輩の情報を得られるシステム構築をしなければいけません。

しかしながら、戦前のように、不敬罪や共謀罪、国家転覆罪(内乱罪)で片っ端から逮捕していては、非効率であるどころか、益々反体勢勢力を強める結果になるのは、過去の弾圧での民衆の対応を見れば明らかですので、「民衆(奴隷)が己を奴隷と気付かず、自由であると思い込んでいる状態」が「一揆・謀反」を起こさせないためには必須条件です。

ですから世界は奴隷(民衆)に対して、いわる皆がイメージされるような「奴隷の手足に鉄の鎖を付けて」は、支配しないわけです。

その鎖は、

監視社会という見えない鎖であり
資本システムという見えない鎖であり
誰でも逮捕できる法律の下にある法治国家という見えない鎖であり
常識は支配者層が都合で作られている、という見えない鎖

ということなのです。

つまり、世界一に君臨(NWO)する為の最優先事項は、今「戦争」では無い。と下記記事言ったわけですが、廃れることはないNWO確立の為に、今彼らがリアルタイムでやっていることは、「監視カメラの増設」なのです。

それが、昨今起こっているでっち上げ事件の目的の一つなのです。

「戦争」と言う概念はもう古いです。過去に戦争を起してきた支配者層は、現在戦争を起こす必要はありません。~安保法制反対デモの流れは支配者層の目論見に沿っています





  • いいね! (223)
  • この記事の題材でまた読みたい! (158)
  • この記事を動画で見たい! (45)

関連記事

テレ朝「ワイドスクランブル」防犯カメラの映像解析技術の特集 ~我々が考えなければいけないことは「これらを使って支配者層は何をしようとしているのか?」ということです。」への9件のフィードバック

  1. 権太

    映画「プラチナデータ」の中で、描写されているシステムが実際に完成しつつあるということですね。

  2. 七々

    権太さん、その通りです!!

    実は僕、その事もの凄く言いたかったんです・・(T_T)
    主演の某ジャ○ーズのファンみたいな奴なので。。
    (ピクで絵持ってきたのもそれ話したかったからなんだけど。)

    全くといって、そう遠くない未来、支配者層が目論んでる社会を知ってたから製作したんじゃないのかな。

    私の独断と偏見では、プラチナデータは反NWO作品なのではないかと考えています。最後の場面、水上教授がアダムとイヴの話をして、「創造主に反するものは排除されなければならない」と言います。それは憶測ですが、世界がキリスト教に支配されていることの暗示だと思います。

  3. blue rose

    カメラ設置で向こう側の奴らは、何を企んでいるのか。

    さゆさんの読み
    ・でっち上げキャスト選択
    ・電磁波蔓延&疾患
    ・一致団結阻止

    その他に考えられるのが
    ・警察とマスコミの威信回復
    ・カメラ販売と管理費利権
    ・GPS機器(スマホ)を持たない人の監視とリスト化
    ・ドローンの無力化

    などでしょうか。

    これらに対してできること。それは、上記のような更なる管理社会、不自由な社会がまさに生まれようとしている事実を知ることです。

    そうすれば、どう工夫すればいいのかが見えてきます。

  4. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    七々さん

    お分かりだと思いますが、世界は宗教に支配されていません。「資本主義システム」つまり、人間に支配されています。宗教は、支配者層の隠れ蓑であり、NWOへの道具です。「資本主義システム>宗教≧軍力」

    http://sayuflatmound.com/?p=14339

  5. 権太

    七々さん

    自分が「プラチナデータ」を見て思ったのは、マイナンバーを悪用され、DNAレベルまで掘り下げて管理・口封じ・犯罪者(被害者)にしたてあげる・極めつけが特権階級の無罪放免システムの構築、というのが支配者の喫緊の計画になっているのでは?と言うことです。

    通常(計画的でも突発的でも)の犯罪で監視カメラは抑止には「絶対」になりえません。
    カメラは、すでに至る所に設置済みですが、犯罪が無くなる(激減している)わけではないはずです。
    効果があるなら、逆に増やす必要もありません。
    やっきになってカメラを増やしたいのは、監視力の強化としか考えられないのです。

  6. さっとん

    プラチナデータは見てませんが、
    私はさゆさんの鋭い分析から、
    もはや昔見たマイノリティリポートが延々と頭から離れません。
    遥か昔から計画してたことでしょうから、プラチナデータ依然に・・・
    いたるところで予告していたでしょうね。
    こうしている今も私たちが予測する以上のところまで、裏では下準備を進めているのでしょうね。
    だから、今にとどまらず先の分析力も不可欠ですね。

  7. よしこ

    頻繁に利用する図書館で、改めて監視カメラの台数を数えてみました。広いワンフロアの図書館ですが、気が付いただけで少なくとも10台はありました。おそらくもっとあるでしょう。そして、至るところに「防犯カメラ作動中」の表示が。「防犯」とは、結局は「監視」。カメラの数を減らせ、監視されている気分だ、カメラの設置・運用を規制する条例はあるのか、と投書メール出してみました。返答には期待していませんが。

    その図書館では、カメラのほかにも、「あ、見られているんだ」と感じさせる「過剰サービス」がいくつかあり、以前から気になっていました。借りた本の履歴から、その人の興味・思想などもマイナンバーとリンクし、人が丸裸にされる感じです。知の宝庫である図書館でも支配される・・・悲しいです。

    全くの別談で恐縮ですが、本日9月11日は「航空法の一部を改正する法律」の公布日です。3か月以内に施行されます。もちろん、100%ドローンを規制するための法ですね。ご丁寧に罰則付きです!もう吹き出しちゃいました。
    https://kanpou.npb.go.jp/20150911/20150911g00208/20150911g002080012f.html
    (↑官報は誰でもタダで見られます)

  8. さっとん

    よしこさん
    情報シェア有り難うございます。
    官報見ました・・・
    なんとも・・・
    いつもながら一つの裏には何個も目論見が・・

    それから図書館・・10台((+_+))

    そうそう防犯カメラ作動中というステッカー
    あれ、やばいですよね。
    カメラよりあの告知は心理的にくるわ~。

    自分は基本的に図書館からは借りないで
    本屋に足を運んで取り寄せしています。
    それは一番此方の情報が抜けないと思うから。
    思想に直結する図書館は一番個人監視やマークには活躍していると思います。

    といっても衛星を使ったり、諸々・・・
    どんなことしても、思っている以上に、簡単に監視やマークは出来るでしょうがね。
    でも分かりやすい余計な流れにまんまと乗るのは極力省きたいから、足を運びます。

    どうせマークされるならお金はかかっても、本屋で本買って、
    読み終わったら繋いでくれそうな人に旅させるようにしてます。

    年老いたころに買った本が旅から戻ってきて膨大な冊数になったら、事実図書館でも開こうかな。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA