<調布小型機墜落>移転要望に、担当者「重大な拠点」この流れは「羽田新ルート」で都内全土へと広がります。 ~首都圏で航空機墜落事故のご計画はないですよね?


WS004749調布市小型機墜落事故 都の住民説明会で飛行場移転要望相次ぐ

08/19 06:29

東京・調布市の小型機墜落事故で、東京都は18日夜、住民に対して説明会を開き、事故の経過や今後の対応などを報告した。
これに対し、住民からは、飛行場を移転してほしいとの要望が相次いで出された。
住民説明会は、小型機が墜落した現場から近い中学校で行われ、調布の地元住民およそ200人が集まった。
この中で、東京都は、再発防止策が確認できるまで、自家用機の運航について、自粛を要請する一方で、測量や写真撮影を行う事業機については、安全対策が確認できたとして、運航を再開すると報告した。
これに対し、住民からは、調布飛行場を移転してほしいとの要望が相次いで寄せられた。
住民は「初めに受け入れたのが間違い。今からでも探して、全面移転に持っていってほしい」と話した。
東京都担当者は「調布飛行場は、重大な拠点と考えてございます」と話した。
東京都は、19日と20日、三鷹市と府中市でも、同様の説明会を開くことにしている。


住民 「初めに受け入れたのが間違い。今からでも探して、全面移転に持っていってほしい」

担当者 「調布飛行場は、重大な拠点と考えてございます」

この対立構造を生み出すことが、調布市小型機墜落事故の目的の一つです。

想定通りです。↓

調布小型機墜落、2つの目的

そして、地元住民の調布飛行場移転運動から端を発して、「羽田新ルート」では旅客機が都心部上空を通過することから、その反対運動の流れは都内全域に広がりを見せるでしょう。WS004441WS004442

現在はその「問題作り」の段階です。

そう考えていくと、「羽田新ルート」反対運動を本格化させるために、まさか
首都圏で航空機墜落事故のご計画はないですよね?

皆さん、首都圏で飛行機の墜落事故が起きたらでっち上げ事件ですので、そのつもりでいてください。

単純な構造すぎて、でっち上げ事件を起すことが、起す前からバレていますが?

これで、「首都圏で飛行機の墜落事故」は起せなくなったでしょうから、「羽田新ルート反対運動」は、不完全燃焼のまま反対運動偽装を押し通すしかないわけです。

しかしながら、今後もこの全国各地で「大きな反対運動」を作り出すとい流れは、支配者層は様々な問題をでっち上げて続けられるでしょう。

なぜなら昨今、戦争も煽って煽りまくり、安倍に端を発した政治不信、反原発、などの住民の怒りを作り出し、それらを作り出す必要性は、それら問題が大きければ大きいほどは、「救世主の到来」の効果が高まるからです

安倍の暴走を止める「救世主」の役割を同じ天皇派の中から、必ず当ててくるはずです。

そして来年2016年には、「311に福島原発近くにいた人や、避難者への差別」の問題化がでっちあげられると私はよんでいます。その兆候が下記の記事です。

「マイナンバー通知カード受け取り特例」でDV、ストーカー、児童虐待の被害者、長期入院患者、東日本大震災避難者の情報を今後起すでっち上げ事件の為に知りたいようです。

それら流れがもう我々にはバレテいるので大衆を煽りきれずに、不完全燃焼のまま押し通すことになるでしょう

私は今回この事故を、「でっち上げ事件である」としっかり公言しているわけではありませんが、上記の私が指摘した2つの目的の流れを追い、しっかりと私がよむ社会の流れに沿って見えるのならば、調布小型機墜落の偶然性は欠如し、でっち上げ事件である証拠になります

調布市小型機墜落事故は、「離陸から24秒後に墜落した」と言うことですから、離陸後20~30秒で民家の上空を通過することを見据えた上で、それくらいの時間で墜落するような小細工を仕掛けた。と見ています。WS004750

  • いいね! (149)
  • この記事の題材でまた読みたい! (75)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

<調布小型機墜落>移転要望に、担当者「重大な拠点」この流れは「羽田新ルート」で都内全土へと広がります。 ~首都圏で航空機墜落事故のご計画はないですよね?」への1件のフィードバック

  1. ココ

    はぁ~、この事件も、プロブレム+リアクション+ソリューションの、支配者達の手法の一つだったのですね。
    被害者の方々がとてもお気の毒で、悲しいです。自分もいつこんな目にあうともかぎらないからです。大変な世界に生きてるなと思います。さゆさん、いつも有り難う!さゆさんもお気を付けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA