「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。


WS004560WS004556WS004557WS004558WS004559WS004563 WS004561 WS004562あらゆるものをネットにつなぐ「IoT」について取材しました。

 

フジテレビ系(FNN)2015年8月4日(火)00:36
「インターネット・オブ・シングス」の頭文字を取った「IoT」。
あらゆるものをインターネットにつなぐということを指す言葉で、安倍政権が掲げている成長戦略にも取り上げられています。

大手住宅メーカーが手がける家。
その最大の特徴は、インターネットにつながっているということ。
スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすることで、さまざまな機器を、どこからでも操作できるという。
タマホーム株式会社の�蜩c英樹商品開発部長は「長い旅行に行っている間に、防犯用で電気をつけたり、消したりするということであるとか。お年寄りの方が、どのリモコンかわからないとか、よくあるんですけど、このスマートフォンで操作ができますので、管理が非常に楽になってくる」と話した。
身の回りのあらゆるものがインターネットにつながっている状態を指す言葉、「IoT(インターネット・オブ・シングス)」。
つながるのは、もちろん家だけではない。
現在開発中の冷蔵庫の扉には、液晶ディスプレーがある。
ハイアールアジア株式会社の榊 英巳ディレクターは「冷蔵庫の中に入っているものをデータで表示できますし、賞味期限を表示することによって、危ないものはアラームをかけて、そこから直接、注文できるような形を今、取りたいと思っています」と話した。
ネットにつながることで、これまでの冷蔵庫とは、全く違う使い方が見えてくるという。
榊ディレクターは「スマホそのものを持ってくるのではなくて、冷蔵庫は、家庭の中から1歩も出ないものという特徴もありますので、そういったところを生かして、見守りの機能を入れたりという形で、さまざまなIoTの機能を取り込んでいきたい」と話した。
今後、さまざまな分野・業界で広がっていくとみられるIoT。
専門家は、その市場規模について指摘する。
ITジャーナリストの三上 洋氏は「IoTの市場規模でいうと、2020年ごろには、全世界に500億台のインターネットにつながった何らかの機器、端末が生まれるといわれています」と話した。
期待高まる一方、懸念もある。
アメリカのネットメディアが公開した、1本の動画。
運転手が握ってもいないのに動くハンドル、さらにはワイパーまで。
この車は、アメリカの大手自動車メーカーが開発したもの。
インターネットにつながり、スマホを使って、離れた場所からエンジンをかけるといったことなどができる。
今回のこの動画は、それがハッキングされるかどうかを実験したもの。
最終的に、ハッキング可能ということが実証されてしまい、140万台に及ぶリコールを発表する事態となった。
三上氏は「IoTの場合は、コンピューターと違って、なかなかアップデートができなかったり、もしくは、コンピューターにくわしくない一般の方が使います。そのために、やはり一般ユーザーの方でも安心して使えるような、しっかりとしたサイバー攻撃に対応できるセキュリティー対策をするべきです」と話した。
可能性と危険性、いずれもまだ未知数のIoT。
ネットが開く世界は、どんなものになるのか。

最終更新:2015年8月4日(火)02:35


NTT Com、「IoT推進室」を新設……各種サービスを開発

RBB TODAY 8月3日(月)18時0分配信

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1日、「IoT推進室」を新設した。グローバルに展開するネットワーク・クラウド・データセンターなどを活用し、さまざまなIoTソリューションを提供するのが狙い。

他の写真を見る

 「IoT」 (Internet of Things)は、センサー技術、ワイヤレス通信技術、ビッグデータ解析、AI/人工知能技術などを活用し、さまざまな機器に通信機能を持たせたネットワークに接続することで、高度な自動制御や遠隔計測などを行う仕組みのことだ。

 今回NTT Comでは、企業向けIoTソリューション強化のため、新部署を設置。サービスの開発と、アプリケーションプラットフォーム事業者やデバイス事業者などのパートナー企業との連携を進める方針だ。

 具体的には、IoTデバイスから収集したデータの蓄積・可視化・分析等を行うアプリケーションプラットフォームなどを、複数パートナーと連携し、世界130拠点以上のデータセンター(クラウド拠点含む)から、ワンストップかつグローバルに提供する。データセンター間での大容量通信サービスも提供の予定。


監視カメラ・物理セキュリティの側面から見るIoTの今

RBB TODAY 8月3日(月)15時15分配信

 7月31日、ソラシティ カンファレンスセンター(東京都千代田区)にて、「IoT World Conference」が開催された。

ネットワーク機器を扱う会社と知られる米・Cisco社だが、監視カメラシステム市場においても主に大規模向けのソリューションの提供を始めている(撮影:防犯システムNAVI)

 「IoT World Conference」では、「IoT(Internet of Things)=世の中のモノをインターネットに繋ぐという概念」に関連した、さまざまなセミナーを実施。なかでも今回は、『IoTへと繋がる「監視カメラ」「物理セキュリティ」の今』と題された監視カメラのIoTに関する講演について紹介していこう。

 プレゼンターは、ネットワンパートナーズのマーケティング&ビジネス開発部の醍醐朝和氏。講演の前半では、監視カメラに代表される物理セキュリティの概念、市場の状況、トレンド、今後の展望について説明。後半でネットワンパートナーズが取り扱っている米・Cisco(シスコシステムズ)社の監視カメラシステムを例に出し、IoTを実現するソリューションの紹介を行った。

●IoTと親和性が高い監視カメラシステム

 「IoT」は昨今、さまざまな場所で見聞きする言葉だが、監視カメラ市場においては、アナログカメラからネットワークカメラへと主流が切り替わりつつある中で、既にIoTに向けた歩みがはじまっている。

 例えば、スマートフォンやタブレットを使った、ネットワークカメラの映像の遠隔監視。これまでのアナログカメラなら、カメラに直接接続されたモニターの前で監視する必要があったが、ネットワークカメラなら、インターネット回線を通じて、スマートフォンやタブレットをモニター代わりにどこからでもカメラがとらえた「今」を確認することができる。

 また、監視カメラ同士がインターネット回線によって1つに繋がることで、固定カメラとPTZカメラなどを連動させた映像監視が可能となった。具体的には、固定カメラで広域を撮影をしておき、何か不審な人や物を確認した際には、近くにあるPTZカメラで追跡したり、ズーミングするといった連携を遠隔操作で行えるといったことが挙げられる。

 醍醐氏が本講演で監視カメラ市場におけるIoT化の具体例として挙げていたのは、次の4項目。

・カメラ内での画像処理
・カメラ同士の連携
・自動車ナンバーの認識
・その他システムとの連携

 カメラ内での画像処理というのは、カメラの画角内に検知エリアを設定し、そこに人が侵入したり、モノが置かれたら通知する機能を指しており、警備やセキュリティ用途、高齢者の徘徊防止、人数や滞在時間のカウントといったマーケティング用途に活かすことができる。

 カメラ同士の連携に関しては、前述の通り。また、自動車ナンバーの認識に関しては、走行中のクルマのナンバーを自動で撮影・取得し、データ化して、警備用途から、交通監視、マーケティングに活用できる技術を指す。

 そして、IoTという概念で考えると、もっとも今後期待されているのが「その他システムとの連携」という項目。入退室管理システムと連携させて、認証が行われた際に監視カメラで入退室者の顔を自動で撮影したり、センサーやビーコンと連動させて、監視エリアで人を検知した時に確実に監視カメラでとらえるということが可能だ。

 現在では、顔認証技術の進化もめざましく、監視カメラと連携させて、警備やセキュリティからマーケティング用途での利用を想定したソリューションも世に出ている。

 将来的に街全体がIoT化していけば、特定の人物(テロリストなど)の行動を逐次追うことができたり、人々の日常生活をビッグデータ化できる時代が来るかもしれないし、現実にそうした方向で技術開発は進んでいる。

●今後の課題は運用体制と法整備

 監視カメラ市場においては、社会のIoT化に向けた準備は着実に進んでいる一方で、醍醐氏は、運用ガイドラインや法律面での整備の必要性を指摘。2020年の東京五輪に向けて、そうした法整備も進んでいくだろうと予想している。

 監視カメラの高解像度化や高性能化に伴い、飛躍的に収集できるデータの量や種類が増え、今後もその流れは加速していくだろう。しかし、撮影される側のプライバシー問題、集められたデータは誰のものなのか?という権利に関しての問題など、運用面での明確なガイドラインや、法整備に関してはまだまだ十分ではない。

 監視カメラ、物理セキュリティ市場においては、今後さらなる技術の進歩が予想されるが、IoTによる便利で快適な社会を実現していくには、遅れがちな運用のガイドラインの設定や、法整備も急務だといえるだろう。


「IoT」とは、便利と引き換えに「監視社会」、そして「電磁波の蔓延による疾患作り」に他なりません。

様々な物がインターネットと繋がるということは、その機器に電磁波の送受信機が設置され、より強い電磁波が我々の生活空間に蔓延すると言うことです。もうすでにスマホ・ゲーム機・PC及び周辺機器・wi-fiルーター・電話機など家庭には電磁波が出る製品がどの家庭にも溢れているでしょう。それが今後もどんどん増えて、しかもネットワーク化していくのです。

上記記事では冷蔵庫までもがインターネットと繋がると言っています。ここで懸念されることの一つとして、冷蔵庫のwi-fi接続を切って電磁波が出ない設定に出来るのかと言う点です。そのようなIoT化された製品以外に冷蔵庫自体が無くなってしまったら、「冷蔵庫を家庭に置かない」か、「電磁波被爆するか」という選択しか取れなくなる状態になってしまいます。

このような状態は「照明の世界」では既に起きています。強い磁場を発生させる「蛍光灯」、虫おも殺す「LED」への生産以降を電気メーカー各社が発表し、安全な白熱電球の生産が終了と言うことが実際に起きているわけです。


欧州では2016年に「全面移行」する計画

   とはいえ、白熱電球がなくなりつつあることは間違いない。じつは欧州連合(EU)でも白熱電球からLED電球などの、電力消費量を約8割削減できる省エネランプへの切り替えが進められている。すでに白熱電球の製造・販売禁止が義務付けられるなど、その措置は日本よりも厳しい。

   欧州では、EU環境指令「No.244/2009」に基づいて、ワット数の高い白熱電球から順に販売を禁止。2016年9月1日には全面移行する計画。もちろん、在庫があるうちは小売販売が可能だが、EU外からの輸入や個人的な持ち込みも禁止されるという。


 

青色LEDの光に殺虫効果 ~LEDライトが人体に悪影響の可能性

電磁波は「見えない」「聞こえない」「匂いがない」「感じない」ので電磁波測定器と照らし合わせて、電磁波送受信機器の設定をし、スマホを機内モードにしたり、DSの設定欄からどこをoffにしたら電磁波が出ないか?または電話の子機を使ってないのに親機がずっと子機と繋がっている設定になっていて電磁波が出ていないか?プリンターも無線接続の設定になっていてずっと電磁波が出ている状態になっていないか?(USB接続していても電磁波は出ます。)これらのチェックを家の中にある、電磁波送受信機器を見てまわらなければいけません。現代社会で健康を維持するために、これは常識です。

つまり、電磁波の危険性を認識し、電磁波測定器で機器が電磁波が出ていない設定になっているのかを確認しなくては、一家に何台も電磁波を発生させる装置が混在し、強い電磁波を24時間365日被爆し続ける事になります。これは疾患のリスクが高まり、不定愁訴や鬱になってもおかしくない環境です。もちろん白血病を脳腫瘍を元としたさまざまな疾患リスクがあります。(下記表参照)

このような電磁波のリスクと電磁波の蔓延に気付いていない人、知らない人が多すぎます。

これらは電磁波についての知識が新聞やテレビで報道、放送されることは皆無なことと無関係ではないでしょう。電磁波の危険線は完全にタブーなのです。

にもかかわらず、(というか、だからこそ)身の回りのあらゆるものがインターネットにつながっている状態であるIoT化が今後進められ、IoTの市場規模が、「2020年ごろに、全世界に500億台のインターネットにつながった何らかの機器、端末が生まれる」と言われているのですから、異常であり、記事の最初で言った「監視社会」、そして「電磁波の蔓延による疾患作り」が目的である、NWOへの計画と見るのが自然でしょう。

そして「IoT」と法整備が繋がることは必至であり、それはわかりやすい奴隷社会が待っているのです。

よくマイクロチップとマイナンバーを合わせて議論されていますが、そんなことをしなくても、「家電製品のIoT化」することで可能なのです。つまり「薬を飲んだ、飲んでいない」、「子供を病院に連れて行った、連れて行っていない」、「ワクチンを打った、打ってない」、「スマホを何時間使った、使ってない「家族の名誉を傷つけるようなことを言った言っていない」「DVした、してない」などを、家庭製品が監視しそれらの有無が「法律違反である」とされてしまったら、誰でも犯罪者です。

つまり、下記記事で言ったようにある薬を飲ませることを社会が推奨していて、その薬が「毒」だとしても、それを破ったら「虐待親」や「犯罪者」と言うレッテルを貼られてしまうという、「わが子を守る親が犯罪者にされてしまう世界」「自分で自分自身の治療法を選択する自由が奪われる世界」が考えられるのであり、しかもそれがワクチンなどを代表して、医療の世界ではもう既に起きているのです。
下記動画の強制採決も同じことです。

「保育中の女児 医療措置受けさせず放置死で施設経営者ら逮捕」報道により利益を得るのは、NWO支配者層・医療・製薬・保険業界です。

そして支配者層は家庭内でお互いに監視し合い、訴訟し合う、他者に懐疑的な信頼関係ゼロの人間関係の構築戦略も忘れていません。つまり家庭内での訴訟を乱発させ、その立証の証拠としてIoT化された家電の機能としてのデータ蓄積されているものを証拠として認める司法、つまり我々自身が自ら監視カメラを設置しなくても、IoT化された家電が証拠能力を有してしまう、「IoTの監視家庭化」を目論んでいると私は見ています。それは下記子供のころから刷り込まれる「懐疑心」という常識の敷設と平行して行われています。

「詐欺のネーミング募集」を小中学生にさせる千葉県警の目的は、子供達に人を疑わせる為です。

「でっちあげ新幹線焼身自殺」で車内の防犯カメラ設置が肯定され、駅構内、街中、車道は既に勝手にカメラが設置され防犯と言う名の、「監視カメラ」が電磁波が日本列島を多い尽くしたがごとく、日本列島を多い尽くし、もちろん家庭の中にも入り込んでいるわけです。

オービスじゃないヤツら
Nシステムってなんだ?

今後「Iot」の便利になるという「メリット」ばかりが強調され、「電磁波」や「監視社会」の危険性への議論が一切されないことは間違い有りません。

この問題は、電磁波に殺されかけた私「さゆふらっとまうんど」が声を大にして言い続けるしかありません。

(以下、電磁波関連記事)

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

03/24 電磁波測定器 ED-78S 入荷いたしました。 ~電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

ロシア非電離放射線防護委員会 「16歳未満の子どもは携帯電話を使うべきではない」

【健康阻害装置】任天堂、疲労や睡眠状態を自動計測するデバイスの投入を発表

リニア中央新幹線の計画

小中学生のスマホやゲーム機「夜9時まで」 香川県が電磁波を無視したルール発表

【電磁波】「ブレーカー落し」をして眠りが深くなった人が続出

「電磁波について」の動画でいい忘れた事 ~電磁波の危険を隠蔽する理由

【情報防衛】電磁波の影響は人体への危険だけではない 電磁波からハッキングできる

「さゆふらっとまうんど」は、なぜ放射能の危険性について言わないのか?

(以下、監視社会関連記事)

NWOへの法整備が進むと、「新幹線焼身自殺」のシナリオを不可抗力で起せるようになります。

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

3回下着が盗まれると警視庁が防犯カメラを設置してくれるようです。

マイナンバー制度は、容易に淡路島・平野容疑者のような人物を見つけ出し、犯人にでっち上げることができます

マイナンバー制度を外国人IT技術者に運用させたいようです。



電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2




ED-78S o0631097812556592469o0627097412556578835

  • いいね! (306)
  • この記事の題材でまた読みたい! (238)
  • この記事を動画で見たい! (136)

「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。」への2件のフィードバック

  1. 夢とロマンを忘れない農家

    必要以上の便利さは、人間皆本来持っている、忘れている能力を思い起こさせない意図も、あるように思いますね。自然、宇宙からもっと学ぼう。

  2. よしこ

    あらゆるものがネットにつながっている・・・本当に「便利」といえるのでしょうか?? 私には「脅威」にしか映りません。

    冷蔵庫に入っているものくらい、自分で管理。
    素敵な人に見守られるのは歓迎ですが(笑)、冷蔵庫には見守られたくないです。気味悪いです。

    意図的に「五感を使って生きることを阻まれている」気がしてならないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA