建設業界 初の女子小中学生限定の見学会を開催 ~女性を支配者層の為の労働者へ


WS004406WS004413WS004412 WS004411 WS004410 WS004409 WS004408 WS004407建設業界 初の女子小中学生限定の見学会を開催

 

テレビ朝日系(ANN)2015年7月26日(日)05:55
 作業員の高齢化や人手不足が深刻化する建設業界が、初めて女子小中学生限定の現場見学会を始めました。

 参加した小学6年生:「ああ難しい、これ」「どんな仕事があるか、もっと知りたい」
 この見学会は、女子小中学生に女性が活躍している建設現場を見て興味を持ってもらおうと業界団体が始めました。猛暑のなか、約30人の小中学生は建設現場での様々な作業も体験しました。
 保護者:「今までのイメージより女性も働きやすいのかな」
 東京オリンピック関連の需要が増加するなか、中長期的な人手不足の解消には女性を増やすことが不可欠とされています。このため、業界を挙げてトイレや個室など女性が働きやすい環境づくりを進めています。この見学会は来月末まで全国の14カ所で行われます。

最終更新:2015年7月26日(日)08:10

現代の子供たちは生まれた時から、電磁波・ワクチン・放射能を代表する「社会毒」に触れ、不健康であり、それは「不妊」の蔓延を避けられないでしょうから、貧窮化と合わせて半ば強制的に労働者にさせられてしまうでしょう。将来の女性は、自分の家庭を持ち、子供を育てる時間は持てなくなり、支配者層の労働者にされる流れが見て取れます。

もちろん働きたい女性を否定しませんが、「働くこと」も、「家庭を作り・子育てをすること」も自由に選べる社会環境を作るべきであることに異論がある方が居るでしょうか?

NWO支配者層は前者のみの社会構築を進め、後者はイレギュラーにしようとしているわけです。

天皇派・安倍政権は「全ての女性が輝く社会」とか、いかにも綺麗そうなスローガンで、「すべての女性を支配者層の為の労働者」にしようとしているわけです。

同時に非正規雇用労働者を作り、派遣業者が賃金を中間搾取するなどの、貧窮化政策を進めており、わざと男性収入を減らすことで、女性の社会進出なしには家庭を持てない状況まで現在、社会環境を推し進めてしまいました。

今後は、男女関係なく働き続けないと、家庭を持つことはおろか、自分ひとりの生活さえもままならない状況まで貧窮化は推し進められるでしょう。

女性が自分自身の幸福追求の為に、家庭を持ち、子供を作る事を選択できる自由を奪ってはいけません。

米連邦最高裁、同性愛者の結婚認めないのは憲法違反 ~同性愛者の為の同姓婚の容認ではなく、NWO人民支配の為の「性イデオロギー」の敷設です。

同性同士の結婚を認めないのは人権侵害だとして人権救済申し立て ~この方達に気付いて欲しいこと

結婚させない・子供生ませない・女性を労働力にする為に「女性の結婚年齢を18歳に引き上げ、自民提言」

「マタニティーハラスメント」「自宅介護のみの社会」「男性も育児休暇」は繋がっている。

【安倍政権】女性を働かせる為に子供の夜間教室700校から5000校に増やす

安倍内閣の成長戦略「女性の活躍推進」は戦争の為の晩婚少子、兵士に代わる労働力拡大が目的

 

  • いいね! (356)
  • この記事の題材でまた読みたい! (276)
  • この記事を動画で見たい! (153)

建設業界 初の女子小中学生限定の見学会を開催 ~女性を支配者層の為の労働者へ」への3件のフィードバック

  1. 星の

    女性が働けば、それだけ税金が払われ、政府は潤う。専業主婦は特権だと、女性同士に闘わせて、専業主婦のための控除が、無くなると思う。

    PTAも実は夜したりしている所もありますし、お金をかける場所でしたりもする。昔とは違うので、大変なのです。専業主婦は、肩身が狭くなりました。
    働いている人は、専業主婦を疎んじ、傲慢な人も出て来ている。既に溝がある様です。専業主婦に風当たりは、キツイもの有ります。暇な人と見ています。女性の敵は女性。
    支配者の思惑通りですよね。

  2. 星の

    調布市の軽飛行機墜落も、ニュース動画を見ましたが、オカシクないですか?
    飛んでる軽飛行機が、不鮮明だし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA