ドローンを飛ばしていいのも、ストーカーをしていいのも、「支配者層の手先マスコミ」だけです。


WS004342 WS004343 WS004344 WS004345芸人にストーカー行為を繰り返した疑い 24歳女子大学生を逮捕

07/21 20:41

 

人気芸人にストーカー行為を繰り返した疑いで、24歳の女子大学生が逮捕された。
ストーカー規制法違反の疑いで警視庁に逮捕された、東京・渋谷区に住む大学4年生・米田 あづみ容疑者(24)は、2015年3月以降、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(34)を仕事場で待ち伏せしたり、つきまとうなどのストーカー行為を繰り返した疑いが持たれている。
村本さんは、7月中旬に新宿警察署に被害届を出していた。
調べに対し米田容疑者は、容疑を認めている。


WS004346 WS004347 WS004348ウーマン村本さんにつきまとった疑い 大学生の女逮捕

朝日新聞デジタル 7月21日(火)13時5分配信

 人気お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(34)につきまとったとして、警視庁が東京都渋谷区の大学4年の女(24)をストーカー規制法違反容疑で逮捕していたことが21日、新宿署への取材でわかった。容疑を大筋で認めているという。

 署によると、女は3~7月に計3回、村本さんの仕事先に押しかけるなどのつきまとい行為をした疑いがある。警視庁は3月より前に、村本さんにつきまとったとして女に対し、同法に基づき警告していたという。村本さんが今月中旬、署に被害届を出した。

 「ウーマンラッシュアワー」は2008年に村本さんと中川パラダイスさん(34)が結成。13年にはテレビ番組の「THE MANZAI2013」で優勝した。

朝日新聞社


5ヶ月間の間に仕事場で待ち伏せしたり、つきまとう行為を「3回」して逮捕です。
しかも、人気商売である芸能人に対してです。

5ヶ月間の内3回で被害届を出すくらいですから、よほど人気のない芸人なのでしょう。

下記事で言ったように、「ストーカー」という概念自体、支配者層が作り出したNWOのための概念です。
つまり、我々大衆を守る為の概念であり、それに伴なう規制では、決してありません

ストーカーについて さゆふらっとまうんど
ストーカー2万2800件=最多を更新 ~「ストーカー」はNWO人民支配の為に作られた概念に他なりません

今やストーカーと言う概念が、「犯罪」であるとの社会通念が敷設されてしまいましたが、私は特に「若者」に言いたい。

社会通念では「ストーカー行為」「迷惑行為」と印象浸けられた、「付きまとい」、「待ち伏せ」、「ナンパ」、これらを、「相手への思いやりの気持ち」を忘れずに心においた上で、大いにやって欲しいと思う。

そのような行為は「他者への愛情・興味・好奇心・探究心・行動力」がなければ存在しないのだから、なんら悪いことではない!

「悪いこと」どころか、もっとも単純に「生」を心から実感でき、成長していく段階として「恋」や「愛」、押さえられない「探究心」を通して、自分を律し、コントロールする葛藤から己の未熟を知り、「成長」の為に、特に若者には誰もが避けては通れない道である。

その証拠として、たかだか十数年前以前の日本のみならず世界では、そんなことはなんら、おかしなことではなく、日常的な出来事で、普通であり、「ストーカー行為」「迷惑行為」=「犯罪」である。という概念が、たかだか十数年前以前には存在しなかった事自体が、その明白な証拠なのである。

「片思いしている、(○○ちゃん・君)の家の前で待ち伏せ」なんてシチュエーションは当たり前で、「純朴」、「清純」、「羞恥」、「清楚」、「若者」、「情熱」を感じさせるシーンとして、王道であった。

それが今や、犯罪者のレッテルが張られる社会である。

下記「与野党グル」動画で、「常識の書き換え」が今支配者層にとって最優先事項なのである。と言ったが、その一旦はこの「ストーカーと言う概念の敷設」に見ることができ、そしてたかだか十数年でこんなに簡単に常識は書き換わってしまうと言う典型例がまさにこれである。

支配者層の為に誰でも逮捕でき、大衆行動を制約する為の概念を敷設することはNWOの法整備に欠かせないのだ。

我々が、一生物として「必要な常識」、そして「不必要な常識」を分けて、我々大衆で「常識」を作っていかなければいけない。その作業が私「さゆふらっとまうんど」が生涯をかけて敷設したいことの一つである。

今回のように、タレントが起用されているテレビ番組というのは、マスコミ報道とはまた違った形で我々に常識を埋め込む広報として機能している。彼ら本人にその自覚がなかったとしても、そのように利用されている。

2014年流行語大賞 「ダメよ~ダメダメ」 日本エレキテル連合 について

もしも、「私は自由だ!」というタレントがいたら、是非とも「常識」「社会通念」の枠を大いに出てみて欲しい。つまり、やはり自覚がないだけなのだ。

「おバカタレント」「ゲイタレント」「ハーフタレント」を連日起用し、ムナシイ笑いを振りまく「本当の意味」が分からない人が、テレビを見ていても、「権力者都合の常識」が敷設され、気付かずに己を失っていき、毒なだけである。

その意味が分かって、目的を持って見れば害は最小限度に押さえられるが、99・99999%の人はその意味を分からないで見ているであろう。

その意味を一言で言うと、NWO人民支配の為なのである。

米連邦最高裁、同性愛者の結婚認めないのは憲法違反 ~同性愛者の為の同姓婚の容認ではなく、NWO人民支配の為の「性イデオロギー」の敷設です。
同性同士の結婚を認めないのは人権侵害だとして人権救済申し立て ~この方達に気付いて欲しいこと

最後に、それらタレントに限らずに「支配者層の広報」の人達に言いたい。

「公共の電波」、「マスコミ」、「資本システム」などの支配者層の作り上げた道具を使って、私利私欲で富を伸ばし生きてきて、結果的に支配者層の手先に成り下がり、生涯を終えるか、それとも行動を起して大衆の為に、未来に寄与してその生涯を終えるか、どちらを選ぶも己の行動次第であり、「ま・だ・今・な・ら・ば、誰・で・も・」できるのである。

支配者層も、資産を1000億持っている人も、無資産の私「さゆふらっとまうんど」も同じ人間である。

そして現代社会での「富や名声」は、自分で手に入れたように錯覚させられているだけで、支配者層に与えられたものであり、その富は未来何世代も子孫に譲り渡し、受け継がれることは決してない。今の自分だけの世界である。

むしろ、未来に奴隷社会をプレゼントしていることに気付くべきだ。

そんなくだらない現世だけの、しかも私益だけの寄与が生まれてきた意味であり、天命である人は一人もいないはずである。我々人間は何世代もの未来への責任を漏れなく負っているのだ。

上であげた支配者層のNWO戦略にうまいこと乗っかり、富や名声を得た人達の中に私に興味を抱いている、まだ心を完全に失っていない人がいる噂は聞いている。その人達に言いたい。

墓場に、「金」「資産」「知名度」「名声(支配者に与えられた)」を持って行く人間で終わるのか?

私は、そんなもの一つもいらない

私は、「自信」と「未来」を持っていく。

なぜなら、それがより多くを幸福にするからだ。



  • いいね! (191)
  • この記事の題材でまた読みたい! (99)
  • この記事を動画で見たい! (0)

ドローンを飛ばしていいのも、ストーカーをしていいのも、「支配者層の手先マスコミ」だけです。」への8件のフィードバック

  1. 甘えび

    昔「待ち伏せ」という曲がありました。ユーミンが作って石川ひとみが歌ってた。ほんとフツーのことだった。抑えきれない感情をコントロールすることで成長する。さゆさんの言う通りです。
    私たちは、縁あってここに集う同志だと思っています。今、ここにこの時代に生まれてきたことに生きる意味がある。今、ここにこの時代に生きていることが、生まれてきた意味である。こんな感じかな

  2. 山田貢司

     前頭葉をドパミンで満たし、扁桃体で作る恐怖と共に外在のゲーム内に創るゲーム。その中での感情の起伏を私は「擬似感動」と呼んでいます。さゆふらっとまうんどさんはこうしたマインドに鋭い観察眼をお持ちだと思います。

  3. よしこ

    テレビなしの生活をしているので、誰がタレントなのかもよく知らないですし、「天皇の料理番」ですら、その存在を知りませんでした(笑) でも、不自由を感じません。むしろ時間を手に入れた感覚です。

    テレビに何が映っているかより、どう映して(操作して)いるかをいちいち読まなくてはいけないなら、いっそ見ない方が気楽です。ただ、疑ってかかるべきものであるという認識や、公共の電波を使って密かに何が推し進められようとしているのかを知る必要性は、常に忘れてはならないことですね。

    個人的には、下半身露出狂に出くわしたこともあるし、相当体調が悪い中外出しているときにご丁寧にナンパしてくれた人もいたし、仲睦まじいゲイカップルの知り合いもいるし、奥さんが複数いるというイラク人にも会ったこともあります。世界は本当はもっと雑多なはずです。いちいち動じず、大らかで寛容な人でありたいです。

    我々人間は何世代もの未来への責任を漏れなく負っている・・・そうですね。がんじがらめの世の中ではなく、もっと個を解放できる世界を残したいです。

  4. ばかへたれ

    最高の手土産を追求し、「未来」(勇気と行動)を絶妙な塩梅で実行する人。
    他にも沢山いらっしゃるでしょうが、私が実際に会った限りでは他には居なかった。

    いちネット傍観者として。
    捨て身のピクニック企画では、参加した方々はきっとその捨て身の行動を痛感したと思います。
    また、そう有りたいと思う勇気有る人がここに沢山のコメントを募らせていると痛感しますし、恐らくそれぞれ個々に連絡を取り合っている人も居るでしょう。
    さらには、一歩踏みとどまりつつも機を狙っている方々はその何百倍~何千倍は居ると推測します。
    一方、影響力はてテレビや新聞その他のメジャーなメディアに比べれば確かに低い。
    しかし中身は徳濃。
    得能な所は、ものの考え方。察し方。想像力。
    肉体の存亡より、魂の崇高さや欲望の脱却を最重要とする。
    なかなか出来ない。故に憧れる人は何百倍~何千倍はいると予想。

    科学技術が全人口の想いを支配できるようになるより(なんとかチップとか)人々の魂の成長の方が圧倒的に速いような気がしてしまいます。
    99.9%の魂の想像力(7,000,000,000人弱)支配するなら、魂の支配(悪魔崇拝とやら)を考え直したほうが楽だとおもうんですが。
    それを丁寧に教えてくれているのが手引きがさゆふらっとまうんどさん。
    支配者でも支配される者でも、どうせいずれ土に帰るのですから、その方が何れ楽なんじゃないですかね?

    しかし出来ないんでしょう。
    恐怖と欲望が邪魔をする。

    負けるな!自分!!

    ※ちなみに不適切でしたら削除してください。

  5. ス~ファミ

    奴隷制度というのは、奴隷自身が現状を受け入れてしまったら、容易に抜け出せないんだと思う。

    小説の引用ですが、奴隷制度がある社会において、ある為政者が奴隷の人権を訴え始めてやがて奴隷を解放する際のやり取り。
    為政者「君たちは自由だ」
    奴隷「自由ってなんだ?俺たちはやさしいご主人様に住む場所と食事を頂いている。これで十分なんだ。ご主人様の所に帰らせてくれ」
    というようなやりとりがフィクションとして描かれているが、実際にあってもなんら不思議ではないでしょう。
    つまり、はたからだと奴隷の生活は悲惨なものに写るが、奴隷自身がその暮らしを『普通』だと認識してしまうとそこから抜け出す気は起きないのです。現状を維持するのはあまり考えなくても出来る事なので楽なんでしょう。

    これは現在においても全く同じことが言えると思います。
    我々は自由を奪われ搾取されています。十二分に奴隷でしょう。
    さらに、様々の異様な事柄を『普通』な事として認識するようにイデオロギー操作をされています。
    ここからが一番やっかいな事です。
    上記を理解していても、理解していなくても、
    今の暮らしがなんとなく続くなら(何も考えなくていいから、楽で)良いな。
    大多数の人々の思考回路がこうなっていると思います。
    私自身、その考えが全くないと言えば嘘になります。
    民衆はこういった思考に陥りやすいから一部の人間に支配されているのでしょうけど、これには特効薬が存在しないので一人一人の意識の変革によってしかどうにもならないことだと思います。
    ではどのように意識を変えて行けばいいのか?こんな事をいっては身も蓋もないのですが、私には今のところ答えが見つかりません。
    なんだか水を差すようなコメントで申し訳ないです。

  6. 大和魂

    [まちぶせ]…凄く懐かしいですね。
    よくカラオケで歌っていました。
    (…って年がバレますが)
    歌ってその当時を思い出すわけですが、
    私にもウブな時があり
    好きな男の子の家の近くにすら1人で行けず、
    友達に付いて来てもらっていました。
    下校時もわざと一緒になるように合わせたり…

    しかし、今はこれがストーカーにあたるのですよね?

    好きな人と一緒に居たいしドキドキしたい。
    そうやって心の成長もある訳です。

    人の心の成長さえも抑え込もうとする仕組みには憤りを感じます。
    早く多くの人々が、今の悪の仕組みに気付き目覚めて欲しい…
    手遅れになる前に!

  7. 甘えび

    大和魂さん!!(◎_◎;)
    ニックネームからかってに男子かと思ってた!(これも常識化してしまってていけないね)

    えー、下校時間あわせるなんて「当たり前」ですよねーーー‼︎
    毎朝、同じバスに乗るのも!
    そういえば、何度も家の付近をウロウロして、偶然(じゃないけど)会ったらどうしようなんてドキドキ 今なら完璧ストーカー

    おばさん達の思い出!(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA