公明党=創価=北朝鮮=ユダヤCIAが遂に集団的自衛権を容認しだしました


自民党と公明党はお仲間
どちらも不正選挙当選議員だと皆知っていることですが

集団的自衛権の偽装抵抗勢力がいつ容認するのか
今か今かと待っていたらやはり今国会期中に2事例容認ですか
予想通りです 今後他の事例もばれない様に
いや、
堂々と悪びれる様子もなく容認していくのでしょう

それにしてもその2つの内容が

○ 離島などでの不法行為への対処
○ 公海上の日本の民間船への襲撃対処

なるほどなるほど

尖閣諸島あたりをCIAユダヤ傀儡偽中国人に占拠させたり
日本の民間船をCIAユダヤ傀儡偽中国人に襲撃させる

計画があるんですね~

そしてそれをきっかけにして
アメリカを背後に、日本が中国を攻撃し
日中間での紛争を作り上げたいのですか?

それらすべて
阻止させてもらいます

 

<公明>2事例を大筋容認…グレーゾーン 離島防衛など

毎日新聞 6月3日(火)2時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000005-mai-pol

 公明党は2日、政府が示した集団的自衛権の行使容認を含む15事例のうち、離島などでの不法行為への対処、公海上の日本の民間船への襲撃対処の2事例について、大筋で容認する調整に入った。ともに日本への武力攻撃には当たらない「グレーゾーン事態」に入る。

 政府は水面下で、現行法の範囲内で自衛隊が対処する手続きを簡略化するなど、法改正や新法制定を伴わない運用の見直しにとどめると同党に説明。同党は3日の与党協議で政府から説明を受けたうえで、方向性を示す見通しだ。

 「離島対処」は、日本の離島や本土のへき地に外国の武装集団が不法上陸し、近くに警察や海上保安庁の船などがなく、自衛隊の対処が必要とされる事例。政府は、自衛隊に警察権を付与する「海上警備行動」発令などの手続きを簡略化・迅速化するなどの案を公明側に示している。

 「公海上の襲撃対処」は、自衛隊の艦船や航空機が訓練している最中などに、外国の武装集団に襲われている日本の民間船を発見したケース。政府は海保が間に合わない場合、自衛艦の武器使用基準の見直しなどを検討する。

 ただ、両事例とも自衛隊の出動が戦争に発展する恐れは否めず、正当防衛・緊急避難などに限られる武器使用基準があいまいになりかねない問題をはらむ。【高本耕太】

 ただ、両事例とも自衛隊の出動が戦争に発展する恐れは否めず、正当防衛・緊急避難などに限られる武器使用基準があいまいになりかねない問題をはらむ。【高本耕太】

  • いいね! (14)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

公明党=創価=北朝鮮=ユダヤCIAが遂に集団的自衛権を容認しだしました」への1件のフィードバック

  1. グレイ

    反対するふりをして学会員を騙している創価公明いつもの手ですね。学会員は目を覚ましてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA